BMW3シリーズ(2010年式)試乗レビュー:屈指の出来栄えとの評価!中古車情報も

2010-bmw-3-series-sedan-images1
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

BMWの主力モデルである3シリーズの中でも、屈指の出来栄えと言われている2010年式3シリーズ。そこで今回は、2010年式のグレードやスペック情報、更に乗ってみた印象、海外レビューまでご紹介したい。

総評

新車での発売時より、バランスが良くスポーティーなハンドリングも備えていると専門家から高い評価を得ていた2010年式3シリーズ。弾けるような、反応の良いエンジンも流石はBMWといっていいだろう。加えて、衝突安全性テストの評価も高く、歴代でも屈指の出来栄えである。
また新車では、オプションを付けるとかなり高額になってしまうことも多いが、オプション込みでリーズナブルな価格なのは中古車ならではの魅力である。

The 2010 BMW 3-Series is regarded as one of the best sport sedans available, so if you’re looking for a sporty and agile 2010 midsize car, the 3-Series is a good choice. –US Best Cars
2010年式のBMW3シリーズは、今でも購入できる中古車セダンの中でもベストな一台といわれている。そのため、もしスポーティーで俊敏な中型車を探しているなら、3シリーズは良い選択だろう。

2010_bmw_3_series-pic-4508405734848186316-1600x1200

評価ポイント

  • スムーズなエンジンの数々
  • スポーティーなハンドリング
  • 快適なフロントシート

マイナスポイント

  • 使いにくいiDrive(ナビ、オーディオシステム)

2010_bmw_3_series-pic-4063713974030931175-1600x1200

スペック情報・試乗レビュー

  • 全長4540mm
  • 全幅1800~1815mm
  • 全高1421~1440mm

2010年式BMWのエンジンラインナップは大別すると、4気筒と6気筒の2種類。最高出力170PSの320i、306PSの335i、更に最高出力286SP/最大トルク580Nmの335dなど、幅広いラインナップを備えている。どのエンジンも充分なパワーを備えているが、特に323i/325d以上で採用されている6気筒ならばパワーに加え、気持ちいい吹き上がり感を味わうことができる。

ガソリンモデルの燃費性能は、2010年当時の水準で並み程度。例えば320iなら16km/L程度(JC08モード)である。ディーゼルモデルは、ハイブリッドカーを除けば平均を大きく上回る数値であるが、いずれも今日の水準と比べるとやや物足りない印象になる。

ベーシックな3シリーズでもBMWの名に恥じない優れたハンドリングを備えている3シリーズだが、オプションでMスポーツパッケージを付けると、スポーツチューンされたサスペンションのおかげで更にキレのあるハンドリングを見せてくれる。

インテリアは、快適で、かつ機能的な仕上がり。キャビンの装飾にはレザーを多く使っているために高級感があり、シートも座り心地が良い。海外ではリアシートの足元がやや狭いのではといわれていることもあるが、大柄な男性でなければ、あまり気にならないレベルだろう。ただし荷物スペースは、同じセグメントのライバルと比べるとやや狭い印象がある。

BMWや3シリーズについてもっと読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー