新型レクサスRXとBMWのX3/X5徹底比較(2016):SUV対決を制するのは?

2016_Lexus_RX_350_F_SPORT_011
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

型が発表されて以来、人気を集めており、納車まで半年待ちという話も聞こえてくるレクサスRX。そこで、新型RXの実力を測るためにも、人気SUVであるBMWの「X3」および「X5」と比較しながら評価していきたい。

大人気の新型レクサスRX 200t

2016_Lexus_RX_350_10

  • サイズ:全長4890mm×全幅1890mm×全高1710mm
  • 価格 :4,950,000円~7,425,000円
  • 燃費 :11.2~18.8km/L(JC08モード)

フルモデルチェンジしたレクサスRX。地面につきそうなほど大きくなったグリルと、立体感を演出するサイドのデザインラインで、以前よりも尖ったスタイリングになっている。都市部が似合う雰囲気はそのままだが、エレガントで上品な仕上がりというよりは、どこか彫刻のような雰囲気をまとっている。インテリアは質の高い素材を使って高級感のある仕上がりで、2列目でも広々としている。

新しくなったRXは、大きく分けるとハイブリッドの450hとガソリン車の200tの2グレード。その中で駆動方式やデザインラインによって更に細かくグレードが用意されており、200tの中には税込でも500万円を切るエントリーモデルも用意されている。

450hの魅力は、なんといっても燃費性能の高さ。このサイズのSUVで18.8km/lは上々といっていいだろう。静粛性という点においては、200tと比べれば確かに静かだが、レクサスのハイブリッドならばもっと静かであってほしいというのが本音だ。とはいえ、程良いスポーティーさと快適さを備えた乗り心地は、流石はレクサスといっていいだろう。

※新型レクサスRXについてもっと読む

“The fourth-generation Lexus RX has a bit more room, a bit more power, a bit better mileage and bit more dynamism, without straying far from the formula that made its predecessors great. We’d call the 2016 RX 350 a smashing success.” — AutoWeek
第4世代となった新型レクサスRXはより広くなり、パワーも増し燃費性能も向上し、ダイナミズムもアップした。2016年の新型レクサスRXは大成功だと言っていいだろう。

 

RXより一回り小さなBMW「X3」

2016_BMW_X3_2

  • サイズ:全長4665mmx全幅1880mmx全高1675mm
  • 価格 :5,910,000円~7,870,000円
  • 燃費 :12.1~18.6km/L(JC08モード)

全幅という点では新型レクサスRXに近いものの、全長や全高では一回り小さなBMWのX3。そのため、レクサスRXのような広さはないものの、価格も近いことからレクサスRXと比較されやすい一台だ。

ディーゼルモデルはレクサスRXのハイブリッドと比べても遜色のない燃費性能を達成している。ガソリンモデルの燃費も、似たような数値を出している。

その走りは、流石はBMW。エンジンラインナップが豊富であり、レクサスよりもパワフルなエンジンも用意されており、スピードにこだわる人のニーズにもしっかり応えてくれている。またクイックでキレのあるハンドリング、正確なステアリング、そして路面の的確なフィードバックを備えており、運転していて楽しいのはやはりBMWだと感じさせてくれる。

価格という点ではBMWの方が高く、レクサスRXに軍配が上がる。X3は全グレード四輪駆動なのに対し、レクサスRXは前輪駆動も用意されているために比較しにくいが、同じようなスペックのモデルでも数十万円ほど高く設定されている。

※BMW X3についてもっと読む

“Whether you prefer the gasoline-powered 4-cylinder or 6-cylinder, the 2016 BMW X3 delivers surprising acceleration. Even the diesel-powered X3 xDrive28d gets up to highway speeds quickly…(中略)there’s little to complain about.” — Kelley Blue Book
4気筒のガソリンエンジンを選ぼうが、6気筒にしようが、2016年式のBMW「X3」は驚くほどの加速をもたらしてくれる。ディーゼルモデルのX3 xDrive28dでも高速道路に相応しいスピードまですぐに加速してくれるため、その性能に文句をいう人はほとんどいないだろう。

 

RXより大きなBMW「X5」

2016_BMW_X5_131

  • サイズ:全長4910mmx全幅1940mmx全高1760mm
  • 価格 :8,590,000円~12,650,000 円
  • 燃費 :8.6~14.0km/L(JC08モード)※xDrive40eシリーズ除く

海外ではしばしばレクサスRXと同じセグメントにカテゴライズされるBMWのX5。全長や全高はレクサスRXに近いものの、全幅という点では10センチ近く大きい。実際に車内に座ってみると、確かにレクサスRXよりも広々としており、サイズを体感することができる。(※ただし2列シートとして使った場合に限る。オプションで3列にすると、大人が座るには結構狭い)

走りという点では、Xシリーズの中でも最高峰のモデルだけあって、パワー、加速、スポーツ性能のいずれをとっても申し分ない。長時間のドライブでも疲れにくい安定性、滑らかなコーナリング、そして大きなボディを感じさせないスポーティーなハンドリングは、X3ほどではないにせよ運転する楽しさを存分に味わわせてくれる。

価格という点ではX3以上に高く、かつボディサイズが大きいために燃費性能でも見劣りするものの、大きなボディでスポーティーさと快適さの見事なバランスを実現した、洗練された一台に仕上がっている。

※BMWのX5についてもっと読む

“The 2016 BMW X5 is one of the best-handling midsize luxury crossovers around. Whether you’re driving on back roads or on an endless expanse of interstate, the X5 is a champ, feeling secure and stable, yet also relatively fun to drive.” — Edmunds
2016年式のBMWのX5は中型ラグジュアリークロスオーバーでも屈指の優れたハンドリングを備えた一台である。細い裏道を走っているときも、また州境の広大な地を走っているときも、X5はチャンプであり、安心感と安定感があり、そしてドライブもかなり楽しい。

 

寸評

運転に楽しさやパワーを求める人ならばBMW、特にX3をおすすめしたい。BMWならではのスポーティーなハンドリング、パワフルなエンジンラインナップは、レクサスRXでは味わえない。また車内の居住性という点では、僅かではあるがBMWのX5の方が高い。

しかしながら価格とスペックのバランスを求める人、またスポーティーさよりも快適さを求める人には、レクサスRXはぴったりのチョイスだろう。BMWのディーゼルモデルも燃費性能という点では負けないが、しかしカラカラとした音がどうしても残るディーゼルと、静粛なハイブリッドカーなら、ハイブリッドカーを選びたくなるところだ。またレクサスには、それこそがハイブリッド車の強みであり差別化要因にもなりえるため、一層の静粛性アップを期待したい。

レクサスの比較記事をもっと読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー