シボレー新型ボルト(2016)試乗レビュー:シボレーが販売するプラグインハイブリッドの実力は?

cq5dam.web.1280.1281
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

カマロコルベットなど、スポーツカーの印象が強いシボレー。そんなシボレーがプラグインハイブリッドを販売しているのをご存じだろうか。ワールド・グリーンカー・オブ・ザ・イヤーの候補にも選ばれているボルトである。

ボルト(2016)の総評

モデルチェンジした新型ボルトはあらゆる点が改善されており、EVモードでの走行距離が他のプラグインハイブリッドと比べて長いこと、生き生きとした走りに使いやすいキャビンと魅力がいっぱいだ。2015年モデルと比較するとかなり変化している。ただし、日本ではまだ販売されていない。

評価ポイント

  • シボレーの車らしい、生き生きとした加速
  • EVモードでの走行距離がライバルに比べて長い
  • 静かなインテリア
  • 使い勝手の良い装備

マイナスポイント

  • 狭い後部座席
  • 狭いカーゴスペース

試乗レビューと海外評価

2016年モデルのボルトは二つの電力モーターとガソリン4気筒エンジンを搭載しており、その時々に応じてEVモードでの走行、ガソリンエンジンでの走行と使い分ける。電力モーターでの走行は弱々しいイメージがあるかもしれないが、このボルトに関しては快適な走りを見せてくれた。

EVモードで走行できる距離は約90km。これだけの航続可能距離をもつプラグインハイブリッドはほとんどない。燃料を給油し、フル充電した場合の航続可能距離は約676kmである。また、燃費は45.1km/Lである。

乗り心地は、ハイブリッドの中では断然キレの良いハンドリングに鋭いステアリング、効きの良いブレーキと活発さがあった。また、走りもスムーズ、加速も滑らかであり、その点はさすがシボレーといったところだ。

今回のボルトのインテリアは2015年モデルと比べるとずっと良くなっているといえる。コントローラー関係のものは使いやすく、デザインもおしゃれだ。インテリア全体として落ち着きもあり、EVモードのときは特に車内も静かで走りとは対照的にリラックスできる空間となっている。

ただし、後部座席とカーゴスペースについては狭い。2015年モデルの定員が4人だったのに対して今回は定員5人となっており、後部座席に座れる人数が変わっているのはありがたいが、狭いということは認識しておいた方が良いだろう。カーゴスペースは、多くのコンパクカーに比べて狭いものの、多くのプラグリンハイブリッドに比べれば広い。プラグインハイブリッドの中で比較するならば、このボルトはかなり優秀である。

海外でも2015年モデルからの改善が大きく評価されている。

“The range is better, the performance has been honed and its appeal broadened. The 2016 Chevrolet Volt is better in almost every way than the previous generation, but the core of its formula hasn’t changed.” — CNET
(航続可能距離が伸びて、パフォーマンスにも磨きがかかって、魅力が広がった。2016年モデルのシボレーボルトはほとんどすべての面で先代モデルよりも良くなっていて、大切な芯となる部分は変わっていない。)

ライバルとなる車は?

  • 日産リーフ(EV)
    ゆとりのある後部座席とボルトの2倍の広さはあるカーゴスペースが魅力。また、リーフはフル充電すればボルト以上の距離を走行可能である。ただし、完全なるEVなのでガソリンエンジンによるサポートはない。
  • フォードのC-Maxエネルギー
    基本はボルトと同じようなプラグインハイブリッドである。そのキレの良いハンドリングと生き生きとした加速ぶりが人気である。また、ボルトに比べるとより広いカーゴスペースがあり、後部座席も広い。

画像で確認

cq5dam.web.1280.1283

cq5dam.web.1280.1284

cq5dam.web.1280.12805

cq5dam.web.1280.1280

cq5dam.web.1280.1282

エコな車、続々と

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー