フォルクスワーゲントゥアレグ(2016)試乗レビュー:ミッドサイズSUVの燃費や走りは?

2016_touareg_44601
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

がっちりと丈夫な印象を与えるフォルクスワーゲンのミッドサイズSUV、トゥアレグ。販売価格が650万円前後とフォルクスワーゲンの中では最も高く、日本でもまだあまり見られないが、その実力はどうか。
※参考 : トゥアレグ 2015年モデルレビュー・海外評価

トゥアレグ(2016)の総評

比較的お財布にやさしい傾向があるフォルクスワーゲンにしては価格が高いものの、そのドライビングダイナミクスは満足できるものだ。カーゴスペースの容量がライバルに比べると乏しく、その点はミッドサイズSUVとしてあまり評価できないところかもしれない。

評価ポイント

  • 落ち着きのあるハンドリング
  • 快適な乗り心地

マイナスポイント

  • 狭いカーゴスペース
  • 加速に鈍さがある

試乗レビューと海外評価

V型6気筒エンジンからあふれ出るパワーは十分。ミッドサイズSUVとして十分な力強さを備えたトゥアレグは、これまでのフォルクスワーゲンの印象を打ち破るような存在であるかもしれない。乗ってみてまず感じたのはこの力強さであった。しかしながら、加速に関しては鈍さがあり、「重い」印象を受けたことも否定できない。トランスミッションは8速A/Tを搭載している。

ハンドリングに関しては落ち着いており、コーナーを曲がる時も安定していた。乗り心地も快適だ。ステアリングの正確さと効きの良いブレーキも好印象であった。

燃費は9.8km/Lであり、このセグメントにおいては平均的な数値である。

インテリアについてはシックで上質な素材が用いられている。フロントシートについては快適であり、リアシートもほどほどに十分なスペースがあるといえる。しかしながら、パノラミックサンルーフの存在はリアシートの頭上の広さを阻む存在になっていると感じられた。また、車両の大きさに反してカーゴスペースが狭い点も気になった。

搭載されているインフォテイメントシステムは反応が良く、コントロールしやすい。しかしながら、オプションで装着できるナビゲーションシステムについては複雑で使いにくさを感じられた。

このトゥアレグ、海外でも賛否両論だがその価格の高さに納得しているという意見もしばしば見られる。

“If you’re looking for a substantial midsize SUV that can deliver luxury, capability and power, the 2016 VW Touareg tops a very short list. Sure, its nearly $45,000 starting price puts it close to BMW and Lexus territory, but this is one VW worth the extra cost.” — Kelley Blue Book
ラグジュアリー感と実用性、それにパワーのある丈夫なミッドサイズSUVが欲しいのなら、フォルクスワーゲンのトゥアレグ2016年モデルはぜひ検討すべき一台だろう。45,000ドル弱という価格は確かにBMWやレクサスと同価格帯でフォルクスワーゲンにしては高いと感じるが、それを払うだけの価値がある車だ。)

ライバルとなる車は?

  • ポルシェのカイエン
    力強い加速を促すパワフルなエンジンオプションが存在しており、キレのあるハンドリング性能も魅力的だ。また、贅沢な印象のあるインテリアも多くの人が気に入るだろう。
  • ボルボのXC90
    日本でも2016年1月末から販売開始となった7人乗りSUVのXC90も魅力的で豪華なインテリアを備えている。座り心地の良い座席が特に人気で、2列目、3列目でも大人が余裕をもって座れる。大きい分だけカーゴスペースも十分であり、トゥアレグより大容量だ。

画像で確認

2016_touareg_4464 2016_touareg_4472 2016_touareg_4433 2016_touareg_4434 2016_touareg_4446 2016_touareg_4447 2016_touareg_4448

注目のSUV試乗レビューや比較記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー