”ちょっと贅沢な”小型車2016年モデル人気ランキング:今年はフルモデルチェンジしたあの車が1位に!

Audi A4 Avant 3.0 TDI quattro
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

昨年はレクサスRCが1位に輝いた、「ちょっと贅沢な小型車2015年モデル人気ランキング」。さて、今年の結果は?

惜しくもランク外 BMWのi3

bmw_i3
惜しくも5本指に入れなかったのがBMWのi3。EVでありながら加速力有り、ハンドリングのキレ良しと環境性能と走行性能を兼ね備えていることが大きく評価されている。他のライバルに比べても燃費が極めて良い点で維持費も安くなるだろう。デザインも個性的で近代的であり、サイズや航続可能距離なども含めて考えると都市型生活には特にぴったりだ。また、レンジ・エクステンダーという小型のガソリン・エンジン搭載モデルを選択すれば航続可能距離を300kmまで伸ばすことができるので遠出もできる。まさに先進的な人々に好まれるタイプの車だ。

There are several electric vehicles that can be had for less money, but few offer the dynamic driving manners or the premium creature comforts of the i3, and none offer both below this price point.(2015)
(もっと安い値段で買える電気自動車もあるが、i3のようなダイナミックなドライブや上質な心地よさを提供している車は少なく、この価格でその両方を兼ね備えた車は他にはない。)

5位 レクサスのRC

Lexus_RC_350_011_20140213015600146
昨年のランキングで1位だったRCは、今年5位にランクダウン。スポーティな小型クーペはおしゃれさも抜群であり、生き生きとした感覚を覚えるハンドリングも走り心地も魅力的だ。しかしながら、多くのクーペと同様にリアシートの広さやカーゴスペースの容量という点では課題が残るのも事実である。しかしながら、2016年モデルでは新しいベースモデルとして2.0リッター4気筒エンジンを搭載したRC200tが登場した他、ハイブリッドモデルの300hも健在であり、より多くのニーズに応えるべく特徴あるモデルを用意している

“If you’ve been pining for a luxury sports coupe with aggressive design and the upscale amenities and enviable history of reliability that come with every Lexus, the RC might just be the mid-$40,000 coupe you’ve been awaiting.” — Kelley Blue Book (2015)
(もしあながたがアグレッシブなデザインと高級感のあるアメニティ、それにすべてのレクサスに通じる絶対的な信頼があるラグジュアリー・スポーツクーペを探しているなら、RCはちょうど4,500ドル程度で購入できてあなたが欲している存在かもしれない。)

※2015年の試乗レビューを読む「レクサス新型RC350&300h(2015)試乗レビュー」

4位 BMWの2シリーズ

BMW 220i Gran Tourer
昨年グランツアラーとアクティブツアラーが登場して大きな注目を集めた2シリーズが今回4位に輝いた。グランツアラーはBMW初の3列シート7人乗りであり、アクティブツアラーは広々とゆとりを持った5人乗りだ。ハンドリングのキレの良さと豊富なエンジンオプションとこのクラスでは最もスポーティな走りをする車の一つといわれるほど走行性能の評価が高い。グランツアラーとアクティブツアラーの他にクーペとカブリオレも存在する。残念な点を一ついえば、リアシートがやや狭いという点だろう。

“The 2016 BMW 2 Series is a small, performance-oriented car that expertly blends sportiness and comfort. We highly recommend it, as long as you don’t need room for rear passengers.” — Edmunds
(2016年モデルのBMW2シリーズは小型で、スポーティさと快適さを上手く両立したパフォーマンス性能が優れている。あなたが後部座席にゆとりを求めないのであれば、私たちはこの車を強くおすすめする。)

※グランツアラーとアクティブツアラーの違いを知りたい人はこちら

3位 メルセデス・ベンツのCクラス

C-class 2016 running on the road
昨年2位だったベンツのCクラスは3位にランクダウン。とはいっても、その魅力が落ちたわけではない。ラグジュアリー感のあるキャビン、パワフルなエンジンに落ち着きのあるハンドリングが変わらず高い評価を受けている。2016年モデルでは上級トリムグレードのC400がC450に変わり、パワーアップした。また、プラグインハイブリッドモデルも販売となった。総合力の高さで幅広い年齢層に人気のあるベンツ、今年も期待して良さそうだ。

“If your idea of a luxury car is one that pampers, impresses and occasionally thrills, the 2016 Mercedes-Benz C-Class should prove a very satisfying purchase.” — Kelley Blue Book
(もしあなたの考えるラグジュアリーカーというものがあらゆるニーズに応える、印象深い、そして時にスリルのあるものだとするならば、Cクラスは満足できる買い物になるだろう。)

2位 BMWの3シリーズ

2016_BMW_3-Series_25

2位に輝いたのはBMWの3シリーズ。インテリアとエクステリアともに若干ながらのデザイン変更がされている。キレの良いハンドリングとパワフルなエンジンラインナップが評価されているのは2シリーズと同じだが、これに加えて燃費の良さとリアシートまで広いという点が2シリーズよりも高く評価された理由といえるだろう。

“Facing fierce competition from fresh-faced rivals, BMW has responded with a number of changes for 2016 that help keep the 3 Series current. Even without them, though, this would still be the segment front runner, both for avowed driving enthusiasts and for shoppers who just prefer a pleasing luxury car experience.” — Edmunds
(ライバルの参入が続き、競争が激しいこのセグメント。BMWはフェイスリフトで数々の変更を施し、3シリーズを最新モデルに仕立てることで対応している。もっともフェイスリフトなしでも、3シリーズはこのセグメントのトップランナーに間違いない。熱狂的なドライバーはもちろん、楽しくてラグジュアリーなドライブエクスペリエンスを求める人にもトップ候補になるだろう。)

1位 アウディのA4

Audi A4 Avant 3.0 TDI quattro
第1位に輝いたのはフルモデルチェンジしたアウディのA4。これまでに比べて安全性、快適性、走行性能、燃費等の環境性能の改善とあらゆる点を改善し、それが大きく評価された。大きさは先代に比べて一回り大きくなっていながら、先代よりも最大120kgも軽くなる。燃費も20.8km/Lと優秀な数値だ。なお、以下のコメントはオールロードクワトロに対する評価である。

“If you dislike the look and feel of most luxury SUVs, but you need the interior space and versatility they provide, the Audi Allroad wagon for 2016 is the perfect solution. A luxurious interior is complemented by advanced electronics, a turbocharged engine and standard AWD.” — Kelley Blue Book
(SUVのスタイルや走行フィールがどうも好きになれないものの、広々とした車内空間は捨てがたいと思っている人には、アウディA4オールロードクワトロはピッタリの一台だろう。高級感のあるインテリアに先進技術、ターボチャージ付エンジン、そして標準装備のフルタイム4WDを備えている。)

総評

1位にはやはり、フルモデルチェンジして変化が大きかったアウディA4が選ばれた。また、今年はBMWがランキング上位に複数選ばれていることにも注目したい。BMWはここ数年着実に実績を上げており、特にドライビング・ダイナミクスにこだわり続けた走りが高く評価されている。現在は売り上げ台数もベンツを上回っており、これからをリードしていく存在になるかもしれない。とはいえ、アウディやベンツといったいわゆるドイツ車の御三家、そしてレクサスもこの御三家を追随する形で人気を集めている。この4社はラグジュアリーカーブランドとしてしっかりと地位を築き上げつつも、ラグジュアリーカーの中でもエントリーモデルになるような車を多く扱っており、これからも幅広い年齢層から男女問わず人気を集めることになるだろう。

こんな車も人気!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー