2017年モデル ホンダ(アキュラ)NSXの走り・試乗レビュー・口コミ

2017 nex nsx : front
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

長い空白期間の後に2017年モデルとしてようやく再登場した2代目NSX。
ホンダの新型スーパースポーツカーはアウディR8 V10プラスやポルシェ911ターボを凌駕できるのだろうか? さっそく試乗レポートをお届けしよう。
ポルシェ911(2015年モデル)レビュー

新型NSXの評価ポイント

  • ツインターボエンジンと3台のモーターによるスポーツハイブリッド
  • 左右独立フロントモーターを活かしたダイレクト・ヨー・コントロール
  • サーキット走行だけでなく街乗りも楽しめるモード選択

マイナスポイント

  • エンジンサウンドはあまり官能的とはいえない
  • スポーツカーであることを考慮しても収納スペースは少ない

2017年Honda NSX 総評

スポーツカーの分野では激しい競争が続いているが、新型NSXのハイブリッドシステムはスポーツ走行と日常の走りを見事に両立していた。

スーパーハイブリッドスポーツ、ポルシェ918スパイダーは65万ポンド(約1億円)であまりにも高価格であるが、同様のシステムを採用しているNSXは手が届きそうだ。

3.5リッターV6ツインターボエンジンは500馬力で、ドライバーの背後に搭載したミッドシップレイアウトである。

モーターは左右のフロントタイヤに各1台、エンジンとトランスミッションの間に1台、合計で3台使っていて、エンジンと合わせたシステム総合出力は573馬力に達する。

このハイブリッドシステムの存在価値は3つある。

  • 静かで排ガスが出ないモーター走行も可能
  • スーパーカーとしては良好な燃費10.6km/L
  • いうまでもなく最大の狙いは性能向上

車重は1,725kgと軽くないが、それを感じさせないフットワークが実現している。
ホンダは公表していないが 0 – 100 km/h発進加速タイムは3秒台が確実だ。

nsx1

試乗はイギリスからアメリカに出向いてカリフォルニアのソノマ・レースウェイ・サーキットで実施した。走り始めて直ぐに俊敏なフットワークを実感した。

ステアリングホイールはフェラーリ488のように小径で、握る位置を変えずに両腕を捩じるだけでコーナーを曲がり切れるクイックなラック・アンド・ピニオンであった。

左右のフロントタイヤに繋がる2台のモーターはダイレクト・ヨー・コントロールを実現し、コーナーの入口では内輪に制動力、外輪に駆動力が掛かって、素早く回り込めた。
そしてコーナー出口の手前から4輪全てに駆動力が掛かって力強く加速していった。

9速ATは変速タイムラグが生じないデュアルクラッチ方式でステアリングホイールを握ったままパドルスイッチで操作できる。
自動変速はサーキットでも公道でも的確なギヤセレクトであり好印象であった。

2017 nsx interior

ここまでギヤポジションが多くなるとエンジンブレーキを効かせるときにパドルスイッチでシフトダウンすると正直なところ煩わしくてメカ任せのほうが良い感じだった。

人間工学的な配慮も十分でAピラーは視野を遮ぎらず良好な視界を確保していた。

この車はエンジンを高回転に保つサーキット走行でこそ本領を発揮するが、そんな車を日常的に使えることも魅力的だ。

残念なのは4000rpm以下ではエンジンサウンドが平凡で魅力が乏しいことであった。
収納スペースはエンジンの後方にゴルフバッグが1個入る程度でスポーツカーとしても十分とはいえなかった。

nsx1

ライバルといえそうなのは、新型のマクラーレン570S、定評があるポルシェ911ターボ、素晴らしいサウンドを奏でるアウディR8 V10プラス、先進テクノロジーを誇るBMW i8などだ。

NSXの立ち位置はどのあたりか、評価が定まるのはもう少し先のことであるが、第一印象で語るならば列挙したライバルたちのいずれとも違う独自性がある。

ルックスはいかにもスーパーカーらしい典型的なウェッジシェイプでエキゾチックだ。
細部を見ていくとやや煩雑な印象もしたが走っている時に引き立つデザインだった。

サーキットでは俊敏に走れる一方で、公道ではクワイエット・モードを選択すれば周囲に気兼ねをしないで街乗りを楽むことができた。

スペック・価格詳細

  • 価 格: 推定13万ポンド(約2000万円)
  • エンジン: 3.5リッターV6ツインターボ(500馬力)
  • モーター: フロント2台、リヤ1台(小計73馬力)
  • ミッション: デュアルクラッチ9速AT
  • 駆動輪総合出力: 565馬力 (駆動系伝達損失を差引後の数値)
  • 最高速度: 310 km/h
  • 0-100km/hタイム: 3秒台(推定)
  • 燃 費: 10.6 km/L

海外レビュー動画/口コミ 

The old NSX sounded far better. Especially above 6000 rpm.
(初代NSXのほうが音はずっといいな。特に6,000 rpmより上が。)

looking forward for the comparation between this nsx vs bmw i8… they both looks awesome (and quite looks alike)
(新型NSXとBMW i8を乗り比べて見たい。どちらも凄いし共通点もあるし。)

スポーツカー・ラグジュアリーカーのreviewを更にチェック!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー