日産GT-R 2011年モデル試乗レビュー:走​りや中古車価格、在庫情報も

Nissan-GTR
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ニューヨークオートショーでも2017年型がお披露目されるなど、日産の看板にもなっているGT-R。しかし新車だと約950万円からと、なかなか手が届かない。そこで今回は、エンジンを含めたメカニズムや空力性能、内装などが洗練された2011年モデルについて、試乗レビューや海外の評価を紹介したい。
2011_Nissan_GT-R_6

総評

新車だとなかなか手に入らないGT-Rも中古なら手が届く範囲になるのが、中古車の良いところだろう。新車を買うという「ブランド」を重視する訳でなければ、中古の方が賢い買い物なのは間違いない。GT-Rについては、2011年モデルならまだ走行距離が1万キロにも満たないクルマも多く、状態が良い在庫が豊富なのも嬉しい。

とはいえ古いモデルだとエンジンや空力性能が気になるところだが、2011年モデル以降であれば、問題ないだろう。発売から約3年経ち、大きなフェイスリフトを経た後の2011年モデルは、空力性能も含めエクステリアが大きくリファインされており、新車と比べてもそれほど見劣りはない。

“The GT-R is Nissan’s ‘look what we can do’ car. And they can do a heck of a lot.” — Orlando Sentinel
GT-Rは、日産のモノづくり力を誇示する一台である。そして、極めて優れた一台である。

“Priced near $80,000, the most expensive vehicle ever to wear a Nissan badge justifies its relatively lofty sticker with the appearance, attitude and, most of all, the ability to handily dispatch many costlier, more exotic foes, from the BMW M6 to the Porsche 911 Carrera Turbo. Only a Corvette ZO6 comes close to matching its price-to-performance index.” — Kelley Blue Book
日産ブランドの車としては最も高く、80000ドルと強気な価格のGT-Rだが、そのルックススタイル、そしてBMWのM6 やポルシェ911カレラターボのような高価な車にも負けない性能を見れば、その価格も充分に頷ける。価格と性能のバランスを見ると、GT-Rに並ぶのはコルベットZO6だけだろう。

2011_Nissan_GT-R_16

評価ポイント

  • 485馬力とパワフルなツインターボV6エンジン
  • 驚くべきハンドリング
  • パフォーマンスを支える機能的なエクステリアデザイン
  • 快適で便利な機能の数々

マイナスポイント

  • エクステリアのデザイン性は好みが分かれるところ
  • 人が乗るには向かない後列シート

2011_Nissan_GT-R_18

試乗レビュー

グランツーリズモレーサーの略である日産GT-R。レーシングカーの性能、機能的なデザイン、一流のデザインを組み合わせた一台として世界的にも高く評価されている一台だ。

デビューから今年で3年目を迎え、マイナーチェンジを受けた2011年モデル。スーパーカーらしい雰囲気と性能は健在で、Automobile.comは「一度2011年モデルはの日産GT-Rを見たら、史上最高のスーパーカーだと確信するだろう」「更に素晴らしいことに、GT-Rはライバルの半分ほどの価格である」と絶賛している。中でも、キレのある運転を全身で楽しむことができるキレのあるハンドリングと一体感のある走りは魅力的だ。

2011年モデルの特徴は、それまでのベースグレードが廃止され、それまでオプションだった機能が標準装備になるなど上のグレードがレベルアップしていることが挙げられる。2011年前後のモデルとしては、装備類が極めて充実していたモデルといっていいだろう。

ただし、欠点がない訳ではない。人が座るという観点ではほとんど機能していない後列シートに加えて、見た目に関しては評価が分かれている。また、トランスミッションモデルがないことに対する不満も目にする。しかし全体としての出来栄えを考えると、些細なマイナスポイントにすぎないといえる。

性能が大きくアップグレードしたことに伴い、新車では少し価格が上がっている。2011年モデルは、2016年の4月時点では状態が良いもので800万円前後ある程度使用されたものなら600万円台からと価格の幅が広い。予算も考えて決めるといいだろう。普通の国産車と比べると価格が高いが、近しい性能の他の車と比べると圧倒的にリーズナブル。ブランドよりも走りにこだわりたい人にお勧めの一台だ。

性能にこだわった車についてもっと読むなら

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー