新車で300万円台以下のアウディまとめ(2016):ハッチバックにセダン、SUVが低価格で手に入る!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

車にかけられるお金は人それぞれだが、できることなら高級ブランドの車を手に入れたい。今回はインテリアの高級感で定評のあるアウディの中から300万円台、あるいは200万円台で手に入る車を紹介しよう。

税込みでも200万円台で手に入るA1

A1 1.0 TFSIの場合

  • 新車価格:249万円~
  • サイズ :全長3,985mm×全幅1,740mm×全高1,425mm
  • 燃  費:22.9km/L

新車価格でも300万円台未満どころか、250万円未満という価格で購入できるA1はハッチバックでファミリー層にやさしい印象のある車だ。搭載エンジンはターボチャージャー付き3気筒エンジンであり、小型ながらも適度なパワーを備えている。また、大きな魅力としては燃費が挙げられる。日本で販売されているすべてのトリムグレードにおいて燃費は20.0km/Lを超える

エクステリアはスタイリッシュに、インテリアは上品で高級感のある仕上がりになっているA1は低価格でもラグジュアリー感が得られると好評である。しかしながら、欠点としては全長が短いことが挙げられる。リアシートは大人にとって窮屈なものであり、ファミリー向けとはいっても子どもがあまり大きくないうちにおいて便利といった具合だ。それでも養育費で出費の大きい子育て世代にとってこのA1は比較的手の届きやすいラグジュアリーカーといえるだろう。

I’ve been driving my A1 for a few years , I am still loving it !!! so much options you can choose to personalise your own car , I am glad that I customised my mine to become the only one in Sydney. Wish the COD engine was avaialble but standard 1.4Turbocharged is good enough for me !
(ここ数年A1に乗っている。飽きないね!!! オプションが豊富で自分だけの車にできるから僕のと同じように仕上げた車はシドニーでは見たことがない。買った当時シリンダー・オン・デマンドのエンジンは無かったけど、普通の1.4Lターボで十分に満足している。)

セダンのエントリーモデルも存在するA3

A3 Sportback 1.4 TFSIの場合

  • 新車価格:303万円~
  • サイズ :全長4,325mm×全幅1,785mm×全高1,450mm
  • 燃  費:19.5km/L

A3 Sedan 1.4 TFSIの場合

  • 新車価格:321万円~
  • サイズ :全長4,465mm×全幅1,795×全高1,405mm
  • 燃  費:19.5km/L

A3はA1のラインナップにもあるスポーツバックとエントリーモデルのセダンが存在しており、日本ではA4と並んで人気の高いモデルである。搭載エンジンはターボチャージャー付き4気筒エンジンであり、サイズも大きくなったがそれでも燃費は20.0km/Lをわずかに下回る程度であり、十分な数値といえる。

エントリーモデルのセダンとして価格が300万円台前半とかなりお得感のあるA3だが、さすがアウディというところで、このクラスの車においてインテリアの高級感がダントツといえる。しかしながら、車体がA1よりも大きくなっているといえども広さに課題がある。リアシートだけでなく、頭上なども少々狭く、カーゴスペースも容量が小さい。それでもお値打ちなラグジュアリースポーツバックとセダンであり、クワトロ(四輪駆動方式)搭載型ならオフロード性能も備えた強力なパートナーとなるだろう。

コンパクトSUVのQ3

Q3 1.4 TFSIの場合

  • 新車価格:379万円~
  • サイズ :全長4,400mm×全幅1,830mm×全高1,595mm
  • 燃  費:17.4km/L

アウディが現在販売しているSUVの中で最もコンパクトなQ3。日本の道路状況を考えるとこのサイズは使いやすい。2016年モデルはマイナーチェンジもしており、安全性なども向上している。高級感のあるインテリアに優秀な燃費は他のアウディモデルと変わらない。特に、インテリアに関してはエントリーモデルのSUVで最も高級感があるといわれる。

ライバルのSUVと比べると、少々パワーが物足りない点と広さの課題が残る。走りは快適であり、スムーズな乗り心地である。それでも走りがやや硬いという声も中にはある。

“Drive a new Audi Q3 and you’ll be impressed with the excellent balance it strikes between comfort and control.” — Kelley Blue Book
(新型アウディQ3を運転してみると、快適さとコントロール感の間の素晴らしいバランスに驚くだろう。)

※「アウディのSUV徹底比較(2015)!Q3とQ5、買うならどっち?燃費は?価格は?」

今後発売されるであろうQ2にも注目


現在はQ3がアウディから展開されている最小のSUVだが、今年に入ってアウディはさらにコンパクトなSUVであるQ2を発表した。まだ販売されていないものの、販売されることになれば間違いなくQ3よりも低価格で販売されるだろう。新しい一台に期待だ。

※「待望の新モデル!アウディの新型Q2の速報・画像一挙公開:カラーやサイズ感、価格情報も」

併せて読みたい記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー