ファミリーに優しいクルマランキング2016【SUV編】!子育て世代ならではのチェックポイントは?

2016_mercedes_benz_glc-HD
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

去年も大好評だった、ファミリーのためのSUVランキング。そこで今年は、SUV編とセダンハッチバック編の2記事に分けてご紹介していきたい。安全性能などファミリーならではのこだわりに加えて、車の出来栄えも評価基準の一つ。まずは今や世界中でブームを巻き起こしているSUVから、サイズ別にご紹介していきたい。
 

小型SUVならBMWのX1

2016_BMW_X1_29

子どもが生まれると、コーナーを攻められるような走りを備えた車を諦めて、よりソフトで快適な乗り心地の車に乗り換えなければならないとガッカリしている人も多いだろう。

そんな人にこそ、BMWのX1を勧めたい。BMWらしいシャープな走りはそのままに、不快なロールや振動は抑えられている。スマートフォン接続機能やBluetooth、USBポートなど車内の装備も充実しており、あれこれ必要で荷物が多いファミリーには嬉しい。

またレーンからはみ出した時には警告してくれる逸脱警報装置や、衝突を回避するための警告やいざというときの衝撃を和らげる機能など、安全装置が充実しているのもファミリー層にお勧めの理由だ。

※BMWの新型X1(2016)についてもっと読む

With a larger interior, larger capacity and more capabilities, it’s everything that a Sport Utility, er, Activity Vehicle buyer could want.” — Left Lane News
インテリアの広さ荷物容量の大きさ向上した性能を考えると、スポーツユーティリティーを重視した車を求めている人にはうってつけの車といえる。

 

一回り大きなSUVならメルセデス・ベンツのGLC

GLC Konnektivität, connect me Dienste

CクラスのSUVとして注目を集めている、メルセデス・ベンツのGLCクラス。発売されたばかりながら、信頼性評価の高さは海外でも注目されており、ファミリーにとって嬉しい一台だ。加えて、デュアルUSBポート、リアビューカメラなど、装備類が充実している。

個人的に使っていて便利だと感じるのは、スマートフォンアプリ。離れたところからでもGLCにエンジンをかけることができるため、寒い冬の朝や暑い日に外に停車していた後などに、先にエアコンが入れられる。

乗り心地は静かで快適。また、メルセデス・ベンツ自慢の安全性能も充実している。6つのレーダーに加えカメラも備えた「レーダーセーフティーパッケージ」は全車標準装備。その他にも疲労を喚起してくれる「アテンションアシスト」や縦列・並列駐車をアシストしてくれる「パーキングアシスト」などが標準装備である。

※メルセデス・ベンツのGLCクラス(2016)についてもっと読む

“The 2016 Mercedes-Benz GLC is more than just a name change, it is one of the most important models in the German automaker’s product lineup, providing a formidable competitor in one of the fastest growing segments in the auto industry. The GLC has the style and performance it needs to succeed.” — Kelley Blue Book
メルセデス・ベンツの新型GLCクラスは単なる名前変更ではない。ベンツのラインナップでも屈指の重要モデルであり、自動車業界で最も伸びているセグメントでの有力候補になるだろう。GLCは成功に不可欠なスタイルとパフォーマンス性能を持ち合わせている。

 

中型SUVならメルセデス・ベンツのGLEクラス

Mercedes-Benz GLE, W 166, face lift 2015

ファミリーという目線で見ると、中型SUVなら間違いなくメルセデス・ベンツのGLEクラスを選ぶべきだろう。赤ちゃんを寝かしつけられるほど静かな乗り心地と、家族に必要な様々な荷物を載せるのに充分な荷物スペースが用意されている。

もちろん、メルセデス・ベンツ自慢の安全装備は、上述のGLCクラスよりも更に充実している。また信頼性評価が高いのも嬉しいポイントだ。

「コンフォート」「スポーツ」など計4種類のドライブモードがあり、シャシーやサスペンションのセッティング、エンジン音までを適切にコントロールしてくれるため、子どもを乗せており快適さを重視したいなら「コンフォート」モードを、ドライブを楽しみたいなら「スポーツ」と走りを調整できる。オフロードパッケージも用意されているため、家族でレジャーに出かけるという人のための用意も万全だ。

※メルセデス・ベンツの新型GLEクラスの試乗レビューをもっと読む

“It still has the utility to carry all the gear for a hockey team, but it does so with more luxury than before. It can get the groceries, deliver the kids to school, and still be ready for a road trip. That’s the real power to this SUV, it does everything buyers in this segment will want.” — Motor Trend
ホッケーの道具をすべて積めるユーティリティを備えながらも、今まで以上のラグジュアリー感を醸し出している。食料品を買い込んだり、子どもを学校に送ったりに使いながら、旅行にも使える。このセグメントの車を買う人がやりたいことの全てができるというのが、このSUVの真の魅力である。

 

大型SUVならボルボのXC90

150088_The_all_new_Volvo_XC90

世界で最も安全なクルマの一つといわれている、ボルボのXC90。ボルボ自体、新しいチャイルドシートの概念を提唱するなど、新たな安全技術を次々と生み出してきた。事故が多い右折時のリスクを軽減するための、右折時対向車線検知機能は世界初。自動車安全評価機関「ユーロNCAP」のセーフティアシストの分野で史上初の満点を獲得、総合評価でも5つ星の最高評価とお墨付きの一台だ。

しかし、安全性ばかりを重視して野暮ったいデザインになっていると思ったら大間違い。ミニマリズムの影響を受けたインテリアは、余計な装飾を省いていながら、上質感ただよう作り。ハンズフリーで開き、クラス随一の積載量を誇る荷物スペースも、荷物が多いファミリーにはうれしい限り。

もちろん走りにも妥協はなく、エンジンのパワーは充分。コーナリングでも安定感があり、変なロールや振動もしっかり抑えられているため、乗っていても快適。ステアリングは正確そのもので、運転の楽しさも味わうことができる一概に仕上がっている。

※ボルボの新型XC90についてもっと読む

“Buyers seeking a contemporary, comfortable and richly appointed 7-seat AWD vehicle that also delivers outstanding fuel economy, exceptional comfort and world-class safety will find much to like in the new Volvo XC90.” — Kelley Blue Book
近代的で、快適で、そして高級感もある7人乗りを探している人なら、新しいXC90はきっと気に入るだろう。優れた燃費性能並外れた心地よさ、そして世界でも屈指の安全性能を兼ね備えている。

“The 2016 Volvo XC90 sets itself apart from other three-row SUVs with distinctive Scandinavian design, cutting-edge technology and a fanatical focus on safety.” — Edmunds
2016年のボルボXC90は、その他の3列SUVと一線を画している。一目で分かる北欧風デザイン最先端のテクノロジー、そして驚異的な安全性能は際立っている。

 

 

まだまだある!家族にオススメのクルマ

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー