キャデラックエスカレード(2016)試乗レビュー:フルサイズラグジュアリーSUVの実力は?

cq5dam.web.1280.1280
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ドイツ車に比べると重厚感のある雰囲気を醸し出している、アメリカ車メーカーのキャデラック。今回はその中でも人気の高い、フルサイズラグジュアリーSUVのエスカレードを紹介しよう。

エスカレード(2016)の総評

フルモデルチェンジした2015年モデルと比べると、ほとんど変化はない。2015年モデルととの違いは、インフォテイメントシステムが新しくなった点と、車線逸脱防止機能(レーン・キーピング・アシスト)がオプションに仲間入りした程度である。V8エンジンによる力強い走りと豪華なインテリア、快適な乗り心地が魅力的な一台だ。その一方で、フルサイズであるが故に日本では使い勝手があまり良いといえない。価格も決して安くないのである程度の覚悟を持って購入する必要があるだろう。

評価ポイント

  • パワフルなV型8気筒エンジン
  • 快適な乗り心地
  • このクラスでも最も広い分類に入る、大容量のカーゴスペース

マイナスポイント

  • 大きいために狭い場所では使いにくい
  • ステアリングの反応が少々鈍い
  • オフロード性能は高いといえない

試乗レビューと海外評価

大型のラグジュアリーカーでは王道ともいえるV型8気筒エンジンを搭載しているエスカレード。そのパワーは期待通りのものだ。洗練されていて、加速にも勢いがある。最高出力は313kW、最大トルクは623Nmである。全長5mを超えるような大きな車だが、加速力に鈍さは感じられなかった。また、標準装備されている気筒休止システムの作動ぶりも滑らかであった。トランスミッションは8速A/Tを採用している。燃費は市街地走行と高速道路上の両面から見ると6-9km/L程度であり、このクラスの車としては標準的な値といえるだろう。

走りも基本的に滑らかで快適なエスカレードだが、一つ気になるのはステアリングである。ここに関しては反応が少々鈍く感じられた。また、大型SUVとして思わず期待したくなるがオフロード性能だが、こちらもエスカレードはあまり得意分野でないようだ。オフロードでは少々粗削りな印象を感じてしまう面もあった。ただし、コーナーなどでも極めて落ち着いており、オンロードにおいては違和感なく、快適な走りをしてくれる。ただし、狭い部分ではやはり対応しにくいのでその快適さも居住環境によっては十分味わえなくなってしまうかもしれない。

走りについては多少の課題を抱えるエスカレードだが、インテリアはまさにフルサイズのラグジュアリーカーに相応しいものといえるだろう。本革をはじめとする高級素材を惜しみなく使ったインテリアは何とも贅沢な空間である。一列目と二列目は十分な広さもある。ただし、三列目のみはあまり広さがなく、子どもにとって「十分広い」と言える程度であった。大人が7人乗るといった目的には合わない。しかし、エスカレードはこのクラスの車の中でも最大級といえるレベルの、大容量のカーゴスペースを備えている。人数も多く乗って、荷物も十分に積むことができるという実用性はエスカレードの大きな魅力だ。

グレードはプレミアムとプラチナムがあり、それぞれ1,249万円と1,349万円である。プレミアムではフロントシートが12段階で設定できるが、プラチナムでは18段階とさらに設定が細かくなり、さらにマッサージ機能もついている。どちらにしても決して安くないが、豪華さと大きさ、パワフルさを兼ね備えた一台を求める人にとっては存在感も十分な、たくましいパートナーとなるだろう。

海外でもその大きさやラグジュアリー感が大きく評価されている。

“Simply put, the Escalade offers the luxury, technology gadgets, comfort, space-and blingy attitude-that many buyers in this segment desire.” — Consumer Guide
(エスカレードはラグジュアリー感、技術、快適さ、スペースと、このセグメントの車を購入する人の多くが望んでいる要素を備えているからおすすめできる一台だ。)

“The Cadillac Escalade has long been known for its bold, expressive styling, its large size, its luxurious interior and its brawny V8 engine. Last year, the Escalade was completely redesigned, and the all-new model still manages to include each of those important traits.” — AutoTrader
(キャデラックのエスカレードといえばその華やかで特徴的なスタイリング、大きさ、豪華なインテリアとたくましいV8エンジンでよく知られた存在だった。昨年エスカレードはフルモデルチェンジした訳だが、その新型モデルもきちんとそういったエスカレードらしい、重要な部分を残しながらモデルチェンジを果たしてくれている。)

画像で確認

cq5dam.web.1280.1282

cq5dam.web.1280.1283

cq5dam.web.1280.1284

cq5dam.web.1280.1281

ミッドサイズ~フルサイズSUVでチェックしたいライバル

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー