ファミリーに優しいクルマランキング2016【セダンハッチバック編】!子育て世代ならではのチェックポイントは?

2016_lexus_gs_350_004_88d79871b0820ceef32e504789bc6c4fde3946fb_5e1e63f0dae9b0d9c66acec3448a91372c2860e8
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

去年も感心の高かった、ファミリーに優しいコンパクトSUVランキング。今年はさらに幅を広げて、前編では各サイズのSUVのオススメをご紹介してきた。後編では、同じくファミリーに重要な安全性能、走り、信頼性、実用性をもとにオススメのセダン・ハッチバックをご紹介したい。
 

コンパクトセダンならメルセデス・ベンツのCクラス

2016_Mercedes-Benz_C-Class_2

コンパクトサイズのクルマで探すなら、メルセデス・ベンツのCクラスがファミリーにはベストだろう。高級感のあるインテリアは、エントリーモデルへの期待をいい意味で裏切ってくれる。ベースグレードでもエンジンはパワフルで、燃費性能も高いため、大人が乗るための車として申し分ない。

ファミリー層にうれしいという点では、最新の安全装備の数々だろう。カメラと6つのセンサーで周囲を感知する「レーダーセーフティーパッケージ」は、ベースグレードのC180ではオプションになってしまうが、ぜひ搭載したい装備だ。

また家族が乗るリアシートでの実用性も充実しており、インカーWiFi、衛星ラジオ、複数のUSBポートなど、車中でも子どもが退屈しないような環境が整っている。荷物が多い人にはセダンではなくワゴンという選択肢も用意されており、用途に合わせて選べる。

※メルセデス・ベンツの新型Cクラスの試乗レビューをもっと読む

“the 2016 Mercedes-Benz C-Class should prove a very satisfying purchase. Vast improvements in interior design and materials help the 2016 C-Class shed its “entry-level” status.” — Kelley Blue Book
2016年のメルセデス・ベンツCクラスは満足できる買い物になるだろう。インテリアのデザインや素材が大きく向上したことで、もはや「エントリーレベル」とはいえないものになっている。

 

中型セダンならメルセデス・ベンツEクラスかレクサスGSハイブリッド

2016_Mercedes-Benz_E-Class_1

ミドルサイズのクルマで考えているなら、メルセデス・ベンツEクラスがベストだろう。何よりの魅力はメルセデス・ベンツ自慢の安全性能の多くが標準装備でついている点だろう。上述のレーダーセーフティーパッケージ、注意力低下を教えてくれるアテンションアシスト、360°カメラシステムなどが、どのグレードにも付いている。

しかしEクラスの魅力は安全性能だけではない。利便性、実用性の高さもファミリーにはうれしいポイントだろう。運転席にはマッサージ機能を付けることができるため、「まだ着かないの?」と何回も聞かれるような長旅のストレスも和らげてくれる。

“Although it’s one of the older sedans in its class, the 2016 Mercedes-Benz E-Class continues to epitomize the modern midsize luxury car with its sophisticated technology, elegant furnishings and wide selection of engines and features.” — Edmunds
メルセデス・ベンツのEクラスはこのクラスで最も古いセダンの部類に入る。しかしEクラスは洗練された技術エレガントな仕上げ、そして幅広いエンジンの選択肢といった、ラグジュアリーな中にも「現代らしさ」を充分に備えており、2016年式もそれを引き継いでいる。

2016_Lexus_GS_Hybrid_7

子どもたちのことを考えて「少しでも環境にやさしいクルマを」と思っている人には、レクサスGSハイブリッドが良いだろう。車内の広さや安全性などを損なうことなく、高い環境性能を実現している一台だ。リアビューカメラやブラインドスポットモニターなどの安全装備の他、USBポートやBluetoothなどの便利な装備もついている。

※レクサスGSハイブリッドについてもっと読む

“Proving a car can be both eco-friendly and still fun to drive, the 2016 Lexus GS 450h hybrid elevates fuel economy without undermining acceleration or performance. When stacked up against the Mercedes-Benz E-Class, BMW 5 Series or Cadillac CTS, the GS proves a worthy competitor, offering similar levels of performance and technology plus superior long-term reliability and resale figures.” — Kelley Blue Book
2016年式のレクサスGS450hは、加速やパフォーマンス性能を落とすことなく燃費性能を向上させ、環境と運転の楽しさは両立できることを照明してくれた。メルセデス・ベンツのEクラスやBMWの5シリーズ、キャデラックのCTSと比べても、GSは遜色のないパフォーマンスとテクノロジーに加え、信頼性能やリセールバリューという点では一歩リードしており、良いライバルになるだろう。

 

大きさを求めるならアウディA7スポーツバック

2016_Audi_A7_5

大型車も選択肢に入れているなら、アウディの5ドアハッチバック、A7スポーツバックが良いだろう。ハッチバックとはいえ、そのスタイルはかなりセダンに近いエレガントな仕上がり。子どもがいるからといって、実用性一辺倒でデザイン性を諦める必要はない。

フロントとリアにはパーキングセンサーがついているため、大きくても駐車に手こずる心配はない。ボディが大きいため、荷物もたっぷり積める。ハンズフリーでトランクを開けることができるため、荷物が多いときにも操作しやすいのも嬉しい。

※アウディA7スポーツバック(2016)についてもっと読む

“If you were to combine style, function, technology and individualism into just one automobile, you’d get the 2016 Audi A7. Though its silhouette mimics a coupe in a sedan’s suit, the A7 is neither. With its rear liftgate and open cargo space, the A7 is actually one of the world’s sexiest hatchbacks.” — Kelley Blue Book
スタイル、機能性、最新技術、そして個性を一台の車に詰め込むと、アウディのA7スポーツバックになるだろう。シルエットはセダンの見た目をしたクーペにも似ているが、その実、そのどちらでもない。ハンズフリーで開く、オープンカーゴスペースを備えたA7は、ハッチバックの中で最もセクシーな一台だ。

 

 

併せて読みたい

ファミリーに優しいクルマランキング2016【SUV編】!子育て世代ならではのチェックポイントは?
ラグジュアリーコンパクトSUVランキング(2016):日本でも実用性大のコンパクトSUV、1位は今年もあの車
新車で300万円台以下のアウディまとめ(2016):ハッチバックにセダン、SUVが低価格で手に入る!
新車で200万円台で買えるドイツ車!ベンツやBMW、アウディも意外にリーズナブル
メルセデス・ベンツ人気ランキング2015:燃費、値段、海外の口コミ評価も
BMW人気ランキング2015年版:不動の人気車種からニューカマーまで
レクサス人気ランキング2015:各モデルの価格、燃費、試乗レビューも

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー