アウディ新型Q7 vs Q5(2016):SUVを買うならどっち?サイズは?価格は?

2016-audi-q7-photo-653256-s-986x603
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

日本でも発売されることになり、注目を集めているアウディの大型SUV、Q7。一回り小さなQ5は日本でも人気車種だが、今後新車で購入するとしたら、どちらを選ぶべきだろうか。サイズや価格、燃費、そして走りを比較してみたい。
 

新型Q7はかなり大型

Audi Q7

  • 新車価格:804万円~
  • サイズ :全長5,052mm×全幅1,968mm×全高1,735mm
  • 燃  費:13.0-18.2km/L
  • 人  数:5人または7人乗り

新たに日本で発売されることになった、Q7クラス。サイズとしては、ベンツで一番大型のGLクラスよりは少し小さいものの、BMWのSUVで最も大型であるX6よりも大きい。日本の立体駐車場では、幅、高さとも引っかかってしまうため、注意が必要だ。

その大きなボディのおかげで、7人乗りが選べるのは魅力の一つ。5人だと、家族以外の人を乗せることは難しいが、7人乗りなら大概のシチュエーションに対応できる。また3列目を荷物スペースとして使うこともできるため、2列シートを選んでも3列シートを選んでも、荷物が充分に乗せられるのはうれしい。

乗ってみると、ハンドルがスポーティーで何とも小気味よい。ベースエンジンは2リッター直列4気筒だが、上級グレードに搭載されている3リッターV6エンジンのパワフルさが印象的だった。またインテリアには高級感のある素材を使っており、シンプルながらエレガントなアウディのデザインも手伝って、品のある上質な空間に仕上がっている。

※Q7の試乗レビューをもっと読む

This is a three-row luxury SUV with few faults. It’s exceptionally comfortable, performs well for its size and has all the latest technology features. Whether you’re running errands around town or taking the family on a multistate road trip, the Q7 would be hard to beat.” — Edmunds
アウディQ7は欠点がほとんどない、3列ラグジュアリーSUVだ。類を見ない快適さ、サイズの割に高いパフォーマンス性能、そして最新技術の数々も搭載している。街中で普段使いをするにしても、家族と色んなところに出かけるにしても、Q7を超える車はなかなかないだろう。

 

オンロード重視ののQ5

Audi Q5

  • 新車価格:627万円~
  • サイズ :全長4,630mm×全幅1,900mm×全高1,660mm
  • 燃  費:12.5km/L
  • 人  数:5人乗り

Q7と比較すると、特に高さと長さで一回り小さく感じられるQ5。とはいえ日本の立体駐車場に入るサイズではなく、日本の交通事情を考えるとQ5でもまだ大きすぎる感は否めない。その分、5人乗りSUVとしては車内は広々としており、家族がちょっと出かける程度の荷物は充分に載せることができる。

現在、日本では用意されているグレードはQ5 2.0 TFSI quattroのみ。そのため、エンジンは2リッターの直列4気筒のみである。海外のラインナップではV6エンジンも用意されており、こちらだとQ7の同様のパワーが味わえるだけに残念だ。

とはいえハンドリングはスポーティーで、スムーズなコーナリングは街中で使うには何とも快適。インテリアもエレガントで、上質なドライビングエクスペリエンスを提供してくれる。反面、オンロード重視の設計のため、荒れた路面では走りがラフになりがち。オフロード性能もあまり高くないため、やはりオフロード重視の一台といっていいだろう。

※Q5の試乗レビューをもっと読む

“If you want a 5-passenger do-anything SUV, but crave luxurious surroundings, there’s a good chance the Audi Q5 lineup has just the right vehicle for you. Excellent resale values help offset the high cost of purchase.” –Kelley Blue Book
5人乗りの万能型SUVを考えていて、かつ贅沢感のある環境も諦められないなら、アウディQ5のラインナップはちょうど良い選択肢になるだろう。価格は多少高いが、中古車としての価値も高いため、実質的な負担はそれほどでもない。

 

寸評

Q7かQ5で迷っているなら、選ぶ際のポイントは3列シートとサイズ、オフロードでの使用、そしてエンジンのパワーだろう。6人以上乗る可能性がある場合や、自転車も載せられるようなサイズを期待するなら、Q7でないと物足りないだろう。また、本格的オフロードとはいかないまでも、ちょっとした山道や河原に出掛けるなら、Q7の方が走りやすい。どうせだからパワフルなV6エンジンをと思う人も、今の日本ではQ7しか選択肢がない。

しかし、5人家族が、街中を走ったりちょっとお出かけに使うぐらいなら、Q5で充分。車内は広々としており、家族に必要なものも大概は載せられる。日本の立体駐車場に停められないのはQ5もQ7も同じだが、やはりQ5サイズの方が道が狭い日本では何かと便利である。
 

 

SUVならこちらもチェック

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー