2014年式BMW3シリーズ(アクティブハイブリッド3)試乗レビュー:口コミは?中古車の在庫や価格は?

2014_BMW_ActiveHybrid_3_3835141
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

輸入車でも選択肢が増えてきたハイブリッドモデル。しかしBMWに乗るならやはりガソリン車、ハイブリッドでは折角の走りがもったいない、そう思っている人も多いのではないだろうか。そこで今回は、6代目3シリーズに当たる2014年式のハイブリッドモデルに焦点を当ててみたい。
 

総評

2012年より販売されているBMWの6代目3シリーズ。2015年に一度マイナーチェンジをしているため、2014年式は6代目前期型のほぼ最後に当たる。2015年のマイナーチェンジでエンジンなどは新しいものに代わったものの、基本的な設計は踏襲されているため、2014年を新車と見比べてもそれほど見劣りはしない

年式も新しく、まだまだ状態が良い車両が多い2014年式。アクティブハイブリッド3は最近のハイブリッドとしては燃費がイマイチのため、維持費を安くしたいという理由でハイブリッドを探している人には他社を勧めたい。

他方で、ガソリン車でも構わないと思っていたが、たまたまアクティブハイブリッド3で良い中古車在庫を見つけたならば、ぜひその車を入手してほしい。多少ガソリン車とは違うところはあるものの、パワフルな加速やシャープなハンドリングなど、駆けぬける歓びは健在だ。

※2014年式3シリーズ(ガソリン車)の試乗レビューを読む

The 2014 BMW 3 Series is a well-rounded and highly desirable entry-level luxury car. Whether you’re drawn to its sporty driving character or its high-end cabin, it’s one of our favorites in this class.–Edmunds
2014年のBMW3シリーズは総合力が高く、非常によくできたエントリーレベルラグジュアリーカーだ。スポーティーな走りに惹かれたとしても、または高級感のある車内に惹かれたとしても、どちらもこのクラスで屈指であることは間違いない。

2014_BMW_3-Series_Hybrid_3.jpg

評価ポイント

  • 力強い加速
  • 広々とした後部座席
  • 使いやすいナビ・オーディオシステム

マイナスポイント

  • ハイブリッドの割には低い燃費性能

Tail
 

試乗レビュー

BMW3シリーズのハイブリッドモデル、アクティブハイブリッド3の排気量はラインナップ最大の3リッター。6気筒ターボチャージャーとモーターの組み合わせで、驚くようなパワーを生み出している。加速も力強く、ガソリンからモーター走行への切り替えも非常にスムーズだった。

ただしJC08モード燃費が16.5km/Lというのは、2014年と最近のハイブリッド車としては今一つで、たとえばディーゼルモデルの328dにも負けてしまっている。なので燃費の良さを期待してアクティブハイブリッド3を買うのであれば、あまりお勧めはできない。

走りに関しても、ガソリン車の3シリーズに比べると滑らかさという点では課題が残る。ボディバランスなども、ハイブリッドに最適化されていない印象があった。ただし、これはガソリンやディーゼルの3シリーズと比較した場合の話。ライバルのCクラスやA4と比べると、ステアリングやハンドリングの反応の良さは抜群であり、運転する楽しさを味わうことができる一台であることに間違いはない。

インテリアに関しては、ガソリン車同様、トップクラスの素材を使い、丁寧に作り込まれている。後部座席が広いのもうれしい。また、ハイブリッド車はバッテリーによりトランクスペースが犠牲になることが多いが、その点、このアクティブハイブリッド3はかなりトランクが大きいのも評価したい。
 

 

ハイブリッドならこちらもチェック

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー