2代目日産ムラーノ(2008)試乗レビュー・中古車の価格と在庫情報:海外では依然として高い評価の一台!

nissan-murano-widescreen-01
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コスパが良いクルマ2016」でも中型2列SUVでランクインしていた日産ムラーノ。2014年に日本国内向けの製造を終了して以来、新車では日本では手に入らない。しかし継続して販売を続けている海外での評価は非常に高く、マツダのCX-5やジープのグランドチェロキーなどを考えている人には、中古のムラーノもぜひ検討してほしい。そこで今回は、2代目にモデルチェンジした2008年式の日産ムラーノの試乗レビューを紹介する。

総評

2008年にモデルチェンジをし、2代目となった日産ムラーノ。個性的なデザインのグリルやランプ、独特の存在感を放つスタイリングなど、大きな変化を受けたエクステリアは海外の専門家からも高く評価されている。またパフォーマンスはスポーティーでキレのある走り。手ごろな価格帯ながらラグジュアリーカーに近い質の高いインテリアもポイントが高い。

2015年より販売されている3代目は海外のみでの展開であり、日本国内でムラーノを購入するなら中古車しかない。2列シートのみなのにボディが大きめなのが原因で日本では大ヒットにはならなかったものの、それ以外では非常に出来が良いモデルである。最近は中古車の在庫も減ってきてるので、ほどほどの年式と走行距離で200万円以下の車両を見つけたら、早めにアクションしてみてほしい。

Similar in size and standard equipment to the Mazda CX-7 and Ford Edge, the Murano has much to offer with its revised, more powerful engine and a lower price. It’s virtually the same size as the last version and still lacks a third row, but the interior space and available leather seating make the Murano comfortable and give it a luxurious feeling.
サイズや装備類はマツダのCX-7やフォードのエッジとも近いムラーノ。しかし改良されたパワフルなエンジンリーズナブルな価格等、魅力は多い。先代である初代と同じサイズであり、かつ3列シートオプションはないものの、インテリアスペースやレザーシートオプションのおかげで極めて快適であり、かつラグジュアリーな感覚をもたらしてくれる。

nissan-murano-2009-12

評価ポイント

  • SUVとしてはかなりスポーティーな走り
  • 上質なインテリア

マイナスポイント

  • 後方の見づらさ

2009-nissan-murano-interior-wallpaper-f8hvser7

試乗レビュー

モデルチェンジを経た2代目日産ムラーノは、発売当時から専門家の中でも高い評価を受けており、個人的にもかなり好きな一台だ。華美ではないが、品があって質も高い、シンプルなインテリア。様々な車内装備もついており、そのキャビンはもっと上級ラインのフーガやシーマに通じるものがある。

6か所のスピーカーシステムやボタン発進などは標準装備。中古車を検討するときはオプションのリアシートモニターや自動開閉トランク、デュアルパネルサンルーフがついているかどうかをチェックしてみて欲しい。

走りに目を向けてみると、その他の中型SUVと比べるとかなり俊敏な動き。海外ではレクサスRX350と比較されていることもあったほど、洗練された走りを見せてくれる。ボディサイズの割にスポーティーさを失っていないそのパフォーマンスは、走らせていて何とも楽しい一台。燃費も悪くなく、3.5リッター6気筒エンジンも良い仕事をしている。

ここまで良いことばかりしか書いてこなかったが、2代目日産ムラーノも完璧ではない。走りをスポーティーさに寄せているため、乗り心地はやや硬く、快適さを重視する人には向かないだろう。またリアガラスと窓の間にあるCピラーに幅があるため、後方はやや見にくい

とはいえ、全体的な出来栄えを考えると、上記のような欠点も大したことではないだろう。5人乗りクロスオーバーで、車内の広さもそれなりに重視したい人は、ぜひ2代目日産ムラーノも検討に入れてみてほしい。

中型SUVならこちらもチェック

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー