ポルシェが「カイエンプラチナムエディション」発表:限定モデルの価格や日本での発売は?

Cayenne S E-Hybrid
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ポルシェ初のSUVとして2002年にデビューし、すぐにポルシェ屈指の人気モデルにまで成長したポルシェのカイエン。その人気モデルに、限定プラチナムエディションが発売されるという。その性能や走りに加えて、価格や発売時期、日本での販売情報についてもご紹介したい。

追加されるのはスポーティーモデル

今回の「カイエンプラチナムエディション」は通常よりもスポーティーな外見をしており、一目でそれと分かる佇まいが特徴。例えば、20インチと大きなホイールは、RSスパイダー用にデザインされたものを用いている。

インテリアにもこだわっており、レザースポーツシートや電動8段階アジャストメント、アルカンターラ製のセンターパネルなどを採用。またすべてのヘッドレストにはポルシェのマークが縫い付けられている。ステンレス製のサイドシルにも「Platinum Edition」とのレタリングがされており、ちょっとした優越感が味わえる。

1571143_porsche_cayenne_platinum_edition_2016_porsche_ag 1406572_cayenne_s_e_hybrid_interior_porsche_cayenne_platinum_edition_2016_porsche_ag

また今回のプラチナムエディションは、特に安全装備が充実しているのも大きな特徴だ。主な標準装備だけで以下のようなものが用意されている。

  • ポルシェダイナミックライトシステム付きキセノンヘッドライト
  • パワーステアリングプラス
  • クルマの前後に搭載されたパークアシスト
  • 反射防止機能付きのサイドミラー、バックミラー
  • 後部座席のプライバシーガラス

その他にも、最新のナビゲーション・オーディオシステムであるポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)や、コネクトプラスモジュール、ボーズのサラウンドサウンドシステムなど、車内の装備もかなりリッチ

カラーバリエーションはノンメタリックブラックとホワイトがスタンダード。ディープブラック、パープライト、マホガニー、カレラホワイト、ロジウムシルバーもオプションとして選ぶことができる。

ただし性能自体はベースとなっているモデルと同じで、例えばカイエンディーゼルをベースとした「カイエンディーゼルプラチナムエディション」は3リッターV6エンジン搭載で、最高出力は193 kW、最高スピードは221km/h。燃費性能も同等であり、あくまでスタイリングや装備類が強化された限定パッケージといえよう。

Cayenne S E-Hybrid

現状では日本発売は未定

今回のカイエンプラチナムエディション。カイエンS Eハイブリッドプラチナムエディションは90,298ユーロ、日本円にして約1115万円程度だ。日本でのカイエンS Eハイブリッドが1167万円であることを考えると、日本と海外との価格差を考えても、それほど高くない価格設定だ。

ヨーロッパでは2016年6月より発売予定だが、日本では現状の販売は未定。カイエンのラインナップ自体、日本は海外と比べるとかなり少なめなので、日本国内では発売されない可能性もありそうだ。

1570814_cayenne_s_e_hybrid_porsche_cayenne_platinum_edition_2016_porsche_ag

ポルシェについてもっと読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー