100系ランドクルーザー(1998年~2007年)試乗レビュー:中​古車としては買い?在庫や価格は?

2006-toyota-land-cruiser-12
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

トヨタのSUVの最高峰であり、その存在感と性能で多くの著名人にも愛されているランドクルーザー。7人乗りということもあり、ファミリーにも嬉しい一台だが、新車だと値段が高いのがネックだ。そこで、今回は中古でランドクルーザーを検討している方のために、100系ランドクルーザーの試乗レビューをご紹介したい。
 

総評

歴代のランドクルーザーはどれも、そのオフロード性能の高さが魅力の一つだったが、100系はそれに質が高いインテリアが加わっている。また国産メーカーが作ったクルマらしく、乗り心地が静かで快適なのも特徴だ。特に高速での静寂性と安定性は、家族で遠出することに使われやすい7人乗りSUVには嬉しいポイントだ。

このサイズ・価格帯の7人乗りのSUVは他にあまりないため、他のクルマとの比較というより、主にランドクルーザーの中での年式や価格を比較して決めた方が良いだろう。2007年前まで販売されていた100系は中古車としてもかなり古いものが多いため、走行距離を中心にチェックしながら、納得がいくものが見つかったら早めにアクションしてほしい。

Toyota has significantly enhanced performance and driving dynamics in the Land Cruiser for 2006, giving this legendary full-size sport-utility vehicle a more powerful engine and new advanced suspension control options.
伝説のフルサイズSUVであるランドクルーザーに、更にパワフルなエンジンとより進んだサスペンションコントロールを搭載。それにより、ランドクルーザーのパフォーマンスとドライビングダイナミクスはまた一歩向上した。

Forget Land Rover, this is the vehicle worshipped in the world’s most hostile and unforgiving environments.
ランドローバーを除けば、世界で最も過酷で厳しい環境で尊敬されているクルマはランドクルーザーだろう。

05_07_Land_Cruiser-prv
 

評価ポイント

  • 優れた、長年の実績に裏打ちされたオフロード性能
  • スムーズで静かな乗り心地
  • キャビンの高い居住性
  • サポート感が強く快適なシート

 

マイナスポイント

  • 狭い3列目シート
  • このサイズとしては平均並なカーゴスペース

15_07_Land_Cruiser-prv
 

試乗レビュー

トヨタランドクルーザーの100系は、発売当初から全体的に高い評価を受けてきた。その一番のポイントは、高いオフロード性能にある。実際に荒れた路面を走ってみると、このクルマで走破できない道はあるのだろうかという万能感すら覚える。また天候の変化にも強く、雨の日でも安定した走りを見せてくれた。

それでいて、オフロード性能一辺倒ではないのが100系の魅力。SUVの語源でもあるスポーティーさやユーティリティーという観点でも非常に優れており、走りのもたっと感も少なく、シートアレンジも多彩。更に快適さとスポーティーさのバランスもとれており、洗練という言葉が似合う。インテリアにも質の高い素材を用いており、また当時としてはかなり装備類もリッチ。あらゆる天候、あらゆる路面に対応したラグジュアリーカーというべき一台だ。

100系は年式としては古く中古車価格もかなり下がってきているとはいえ、元々の新車販売価格は高価。そのため、中古車といえども価格がネックになることは多いだろう。しかし、100系は意外にもコスパが良いクルマで、海外ではexcellent の評価を受けるなど、このクラスでは屈指の維持費の安さだ。
 

 

併せて読みたい!

 

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー