シボレー新型カマロ(2016)試乗レビュー:フルモデルチェンジしたカマロの走り、燃費、デザインは?

cq5dam.web.1280.1280
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

世界的にも、スポーツカーとして人気の高いカマロ。2016年モデルはフルモデルチェンジして再出発した。さて、その実力は?

新型カマロ(2016)の総評

2016年モデルのカマロはキレの良いハンドリングとパワフルなエンジンで、さすが人気スポーツカーといえる実力の持ち主だ。アメリカ車ならではの重厚感も、同じシボレーから出ているコルベット以上にある。デザインも性能もたくましさがある点は、このカマロの良いところだろう。海外でも現在は非常に人気が高いようだ。しかしながら、リアシートが狭いこと、視界が狭いことに関しては課題が残る。乗車定員は4人だが、基本的には1-2人使いで考えた方が良いだろう。

評価ポイント

  • パワフルなエンジンラインナップ(V型6気筒エンジンまたはV型8気筒エンジン
  • キレの良いハンドリング

マイナスポイント

  • リアシート、トランクが狭い
  • 視界が狭い

試乗レビューと海外評価

現在日本で販売されているカマロは、カマロLT RS(V型6気筒エンジン搭載)、カマロSS RS(V型8気筒エンジン搭載)、カマロコンバーチブル(V型6気筒エンジン搭載)の3種類。全て後輪駆動方式であり、トランスミッションは6速A/Tとなっている。このうち6.2リッターV型8気筒エンジンを搭載しているカマロSS RSはプレミアムガソリンを使うが、最高出力298kWと、ラグジュアリースポーツカーの中でも秀でた数字を持っている。パワー十分で加速力も勢いのあるものだった。ギアチェンジも滑らかで適切に反応してくれる。もちろん、V型6気筒エンジン搭載のLT RSなども十分なパワーを持っており、強さのある走りをするので無理してSS RSを買う必要はないかもしれないが、SS RSでも581万円と、他のV型8気筒エンジン搭載のスポーツカーと比べればそこまで高くない価格なので、お買い得だろう。

燃費については、V型6気筒エンジン搭載のもので18/27mpg city/highway=市街地で7.7km/L、高速道路で11.5km/Lとほぼこのクラスの中では平均値となっている。燃費に関して秀でている訳ではないものの、俊敏さのある、キレの良いハンドリングはコーナーでもボディロールが小さく済む。また、ステアリングの反応も良かった。

デザインを改めたカマロの車内もよく考えられて造られている印象があり、使用素材も十分な品質であった。フロントシートは快適で問題もなかったが、残念ながら、リアシートについては驚くほど狭かった。また、カマロの窓は基本的に小さく、その重厚感あるデザインばかりに車体後方のピラーが大きく、視界も狭い。代わりに、リアパーキングアシストやリアビューカメラが標準装備となっているのは救いだろう。

トランクのスペースも狭く、中に入れられるものが限られていることから4人で遠出というのは苦しく、基本的には1-2人で乗る車として購入を検討した方が良い。価格はカマロLT RSが468万円、SS RSが581万円、コンバーチブルが545万円である。

海外での新型カマロの評価は上々なようだ。

“The sixth-generation Chevrolet Camaro is lighter, faster, quieter and smarter than all that came before.”– AutoWeekRead Less
(6代目となったシボレーのカマロは以前よりも軽くなり、速くなり、静かになり、そして鋭さも出た。)

“Yes, this new car looks about the same as the old one, and the interior still has some foibles. But take our word for it, the Camaro is demonstrably better. Don’t be fooled by its familiar looks, and definitely, do not overlook the V6 model. We’re glad we didn’t.”– AutoblogRead More
(この新しい車はかつてのモデルと見た目がほとんど同じでインテリアにもまだ弱点がある。しかしながら、新型カマロは良くなっている。その馴染みのある見た目を馬鹿にせず、V型6気筒エンジン搭載モデルも見落とすべきでない。私たちはこの車の存在を見落とさなかったことを誇らしく思うほどだ。

ライバルとなる車は?

フォードのMUSTANG
残念ながら日本撤退が決定しているフォード。その中で50周年エディションが現在465万円で販売されているMUSTANGも、世界的に人気のあるスポーツカーの一つ。キャビンはカマロに比べると落ち着きがあり、高級素材を用いている。また、リアシートについても大人でも余裕を持てる程度の広さを持っている点がカマロより優れている。

※関連リンク

画像で確認

cq5dam.web.1280.1282 cq5dam.web.1280.1283 cq5dam.web.1280.1284 cq5dam.web.1280.1281

人気スポーツカーには、他にもこんな車が

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー