2016年モデル 新型アウディA4オールロード 試乗レビュー:スペックや競合モデル比較も

audi a4 allroad
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2016年モデルのアウディA4オールロード。
オールロードは、アバント(ワゴン)の車高を上げてAWDを標準装備にして、SUV的な装いを加えた車である。
A4アヴァント(2016年モデル)レビュー

新型アウディA4オールロード 評価ポイント

  • 魅力的なハンドリング性能
  • 一般的なワゴンよりオフロードに強い
  • 美しいインテリアと充実したテクノロジー

マイナスポイント

  • エンジンはパワーも燃費も平凡なレベル

2016年モデル 総評

2016 a4-allroad front black

欧州ではエレガントなワゴンタイプのアバントが人気であるが、北米ではクロスオーバータイプの人気が高い。

このような背景に合わせて、ボルボはXC70クロスカントリーを、アウディは一回り大きいA6オールロードを投入した経緯がある。
今回紹介するA4オールロードは需要と収益性を考慮してA4をベースにして作られている。

本格的なオフロードタイプではないが、4センチ高くなった車高と車体下面を保護するステンレス製スキッドプレートによって、普通の車よりも悪路走破性は向上している。
そしてオーバーフェンダーとメタリックなサイドシルが力強さを演出している。

2016年モデル概要

  • プライスレベル: 43,625 ~ 45,725ドル (単純換算で約450~500万円)
  • パワートレーン: 4気筒2リッター・ターボ(220馬力)、 8速AT、 AWD
  • 燃 費: 市街8.9 km/L、 高速 11.9 km/L、 複合10.2 km/L

プレミアム(43,625ドル)標準装備

  • エクステリア;
    18インチホイール、キセノンヘッドランプ、LED方式デイタイムランニングライト&テールライト、ヘッドライトウオッシャ、フォグライト、スキッドプレート、パノラミック・サンルーフ、パワーテールゲート
  • インテリア;
    レザートリム、ランバーサポート付8ウェイパワーアジャスト・フロントシート、3ゾーン・オートエアコン、ブルートゥース、iPodインテグレーション、アウディ・マルチメディア・インタフェース、10スピーカーオーディオ、USB、SDカードリーダー、衛星ラジオ

プレミアムプラス(45,725ドル)追加標準装備

キーレスエントリ、イグニションスイッチ、方位表示付き自動減光バックミラー、ヒータ付パワー・ドアミラー、ドライバーメモリーセッティング、ヒータ内蔵フロントシート、カラー表示トリップコンピューター、ブルートゥースオーディオ、HDラジオ、ナビゲーション

個別オプション装備

allroad2

19インチホイール、 スポーツパッケージ(スポーツフロントシート、パドルシフト付3スポークステアリングホイール)、 アダプティブ・クルーズコントロール、 アウディ・ドライブセレクトシステム(スロットルレスポンス、変速タイミング、ステアリング特性切替)

プレミアムプラス・テクノロジーパッケージ

死角モニター、 リヤビューカメラ、 リヤパーキングセンサ、 MMIナビゲーションプラス、 バング&オルフセン・オーディオシステム

セーフティ装備

  • 標準仕様; スタビリティコントロール、 ABS、6エアーバッグ(フロント、フロントサイド、フルサイドカーテン)
  • オプション; リヤサイドエアバッグ

ライバル各車と比較

1) BMW328iスポーツワゴン
ハンドリングが秀逸であり、4気筒ターボエンジンはパワーでも燃費の良さでも優っている。
ディーゼル仕様の328dもある。

2) フォルクスワーゲン・トゥアレグ
オールロードに決める前にトゥアレグの値段も知っておいた方が良い。
トゥアレグのプラットフォームはポルシェ・カイエンと同じであり悪路走破性が高い。
総じてフォルクスワーゲンは財布に優しい。

3) ボルボV60クロスカントリー
S60セダンをベースにして本格的なオフロード性能を実現したボルボの最新クロスオーバーワゴンである。
ただしインテリアはあまり広くない。

4) アウディA4アバント(中古 ~2013年モデル)
もっとハンドリング性能が良い車を手頃な値段で買いたければ、中古のA4アバントがお勧めである。

A4オールロードはフルモデルチェンジ版の2017年モデルが2016年秋ないし来年早々に発売される予定である。
最新モデルに乗りたい人も、現行モデルを有利な条件で買いたい人も、慌てずにタイミングを見極めると良いだろう。

A4オールロード レビュー動画

カントリーロードを走る姿、上質なインテリア、パワートレインのカットモデルなどがご覧頂ける。

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー