ランドローバーレンジローバーイヴォーク(2016)試乗レビュー:レンジローバーシリーズの中では各段の安さ!

RR_EVQ_LE_17_PR12_200416_01_LowRes
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ランドローバーのSUVといえば高価格な印象があるだろう。特に、レンジローバーシリーズは800-1,000万円台と高価格である。しかしながら、その中で400万円台と半分以下の価格で購入できるイヴォークがあることをご存じだろうか。

レンジローバー・イヴォーク(2016)の総評

「おすすめのラグジュアリーサブコンパクトSUV3選」にも選ばれている、レンジローバー・イヴォーク。販売価格が1,000万円を超えるレンジローバーや、800万円を超えるレンジローバー・スポーツに比べると、新車での販売価格は496万円からと随分と安い。キレの良いハンドリングや贅沢感のあるインテリアはさすが、ランドローバーの車だと感じられる。しかしながら、リアシートがやや狭く、カーゴスペースも狭いところ、また視界も狭いところなど課題も存在することは確かだ。

機敏でダイナミックな動きは一番のレンジローバー・スポーツ。大きさも十分でゆとりある贅沢感を味わえるレンジローバー。それらに比べると、それぞれと比べても欠けるところがあるのは事実なので、価格差がある分だけ妥協できるかどうかが悩みどころだ。

評価ポイント

  • 極めて優れたオフロード性能
  • キレの良いハンドリング

マイナスポイント

  • リアシートが狭い
  • カーゴスペースの広さも十分でない
  • 視界が狭い

試乗レビューと海外評価

2016年モデルのレンジローバー・イヴォークはターボチャージャー付き4気筒エンジンを搭載しており、パワーそのものは十分であった一方、加速力については今一つだと感じられた。コンパクトなサイズに反して、加速力が十分でないと感じられたことは、この車のまず最初に感じられた残念な点だったかもしれない。トランスミッションは他の車に比べると段階が細かく分かれており、9速A/Tである。

レンジローバー・イヴォークの燃費は10.6km/Lと、ライバルに比べてあまり良いとは言えない。そういった意味では、維持費もあまり安くないのが現実だ。ハンドリングはキレが良いが、乗り心地はやや堅く感じられるところもある。駆動方式は四輪駆動方式を採用しており、オフロード性能については極めて優秀だ。そこは、さすがレンジローバーといったところだろう。

イヴォークは高級な素材を使っており、また実用性のあるダッシュボードもあり、フロントシートについては快適である。しかしながら、リアシートについては狭く、頭上にも余裕がない。また、四方どちらを見ても視界がやや狭いのが残念な点だ。サイズは全長4,355mm×全幅1,900mm×全高1,635mmと、レンジローバーなどと比べると小さい。それが都市部使いとしては良いかもしれないが、オフロード性能を生かした遠出には向かないかもしれない。

レンジローバー・イヴォークを買う時に一番悩ましく、また購入すべきかどうかを決断する基準となるのは、そのブランド力にどれだけの価値をおくか、ということかもしれない。800万円台で販売しているレンジローバー・スポーツはパフォーマンスが優れており、1,000万円を超える価格で販売されているレンジローバーは、十分な広さがあり、まさに贅沢の極みといったところだ。しかしながら、レンジローバー・イヴォークはパフォーマンスも十分でなく、広さもない。優れているところといえば、インテリアの豪華さ、キレの良いハンドリング、そしてオフロード性能ぐらいだ。狭さ、走りの堅さ、燃費の悪さなどを考えれば、やはり他のレンジローバーシリーズと大きな価格差があっても当然だろうと感じてしまう。

残った点は、400万円台でランドローバー、レンジローバーのブランド力を買うかどうかだ。ランドローバーのレンジローバーシリーズが、多くの人々が羨むものであることは間違いない。また、そのデザインを好む人も多くいる。ブランド力は十分だ。多少狭くとも、少人数で楽しむ、燃費等も気にしない、贅沢なラグジュアリーSUVとして購入するといった形でパートナーに選ぶかどうかが、最終判断となるのだろう。価格は494万円からである。

海外でも、その実用性に疑問点を持つとこがあるようだ。

“While the 2016 Land Rover Range Rover Evoque will be an appealing choice for compact luxury crossover buyers looking for something more than an everyday grocery-getter, it’s not a very practical vehicle, so we can’t fully recommend it.” — Edmunds
(2016年モデルのレンジローバー・イヴォークはコンパクト・ラグジュアリー・クロスオーバーとしては魅力的な選択肢であり、日常使いの中でも贅沢な車を求める人にとっては良いものだろうが、実用的とは言い難いので、一押しとまでは言えない。)

ライバルとなる車は?

ライバルとなるのは、やはり以前に「おすすめのラグジュアリーサブコンパクトSUV3選」で紹介したベンツのGLAクラスとBMWのX1である。どちらも300万円台から手に入るので、価格的にもお値打ちだろう。

  • ベンツのGLAクラス
    キレの良いハンドリングだけでなく、滑らかな走り心地も魅力的なGLAクラス。快適なフロントシートにラグジュアリー感のあるキャビン、そしてインフォテイメントシステムが使いやすい点も良い。実用性十分の、都会型のサブコンパクトSUVだ。
  • BMWのX1
    パワフルなエンジンのオプションがあり、ハンドリングのキレも良い。また、車内の広さやカーゴスペースの広さも十分だろう。オフロード性能はレンジローバー・イヴォークの方が優れているものの、アクティビティのパートナーとしての実用性は、X1が勝るかもしれない。

画像で確認

RR_EVQ_LE_17_INT_STU63_200416_18_LowRes RR_EVQ_LE_17_PR09_200416_04_LowRes RR_EVQ_LE_17_PR11_200416_02_LowRes RR_EVQ_LE_17_PR14_200416_03_LowRes RR_EVQ_LE_17_PR18_200416_06_LowRes RR_EVQ_LE_17_INT_STU52_200416_17_LowRes

おすすめのSUVの記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー