スーパーラグジュアリーカーランキング(2016):誰もが憧れる高級車の頂点に立つのは?

2016-7series-3
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

数あるラグジュアリーカーの中でも、1,000万円前後はする高級車で頂点に立つのはどの車なのだろうか?2016年ランキングを確認しよう。なお、価格や燃費はベースモデルの値である。

惜しくもランク外!ジャガーのXJ

Jag_XJ_Autobiography_Image_190615_07_LowRes

  • 新車価格:977万円~
  • 燃  費:11.5km/L

惜しくもランク外となったのは、ジャガーのXJ。マイナーチェンジをして色合いやライトなどが若干変更されている。パワフルなエンジンと滑らかな加速力、キレの良いハンドリングと走行性能は比較的高い。しかしながら、ライバルに比べると車内の快適さが欠けている。広さ、座り心地など、居心地の良さが今一つなのだ。スタイリッシュなデザインである一方、中までくつろげる空間でないということはスーパーラグジュアリーカーとして少々残念な点だろう。

“Lovely as it looks, the XJ lacks the vault-like feel and the high-end features found in German rivals such as the 2016 Audi A8, 2016 BMW 7 Series and 2016 Mercedes-Benz S-Class. Also absent are fuel-efficient powertrain options such as a hybrid drivetrain or a diesel engine, and together these missing pieces have resulted in an Edmunds.com ‘B’ rating.” — EdmundsRead Less
(そのデザイン性は良いものの、アウディのA8、BMWの7シリーズ、ベンツのSクラスといった、ドイツ車のライバルに比べると丸天井のような頭上の余裕もなく、高級な装備も十分とはえいえない。また、ハイブリッドであったりディーゼルエンジンといった、燃費で有利になるようなものもない。そういった欠点が重なり、エドムンドではこの車をB判定にしている。)

※「ジャガーXJ(2015)試乗レビュー」を読む

第5位 レクサスのLS

2016-lexus-ls-460_100532519_h

  • 新車価格:854万8,000円~
  • 燃  費:11.6km/L

第5位に選ばれたのは、レクサスのLS。雲に乗っているような、快適な乗り心地、広さ十分のシート、贅沢感のあるインテリアと、車内の快適さは十分だ。しかしながら、スーパーラグジュアリーカーとしてはパワーやハンドリングの点で劣ってしまい、ライバルに後れをとっている状態だ。

ジャガーのXJと違ってハイブリッドが存在するため、燃費に対する有利さはあるが、ハイブリッドタイプの方が車両本体に重さが出てしまっていいるため、走行はさらにゆったりとした、悪く言えば鈍い印象である。

“The 2016 Lexus LS 460 embodies everything you’d expect in the ultimate Lexus luxury sedan. It is whisper-quiet, well built and properly luxurious. Compared with its European counterparts, though, it’s nowhere near as quick or engaging to drive.” — Edmunds
(2016年モデルのレクサスLS460は、人々が究極のレクサスラグジュアリーセダンとして求め、期待しているものを全て持っているだろう。走行は極めて静かであり、丈夫に造られており、もちろん贅沢感もある。しかしながら、ヨーロッパの各メーカーのライバルと比べると、速さが足りず、またこの車で走りたいと思わせるものが足りない。)

※「レクサス新型LS(2015)試乗レビュー」を読む
※「新型レクサス LS460(2015年)購入の5つのポイント」を読む

第4位 BMWの6シリーズ

new 6シリーズ フロント

  • 新車価格:1,057万円~(グランクーペ)
  • 燃  費:12.4km/L(グランクーペ)

第4位に選ばれたのは、BMWの6シリーズ。クーペ、グランクーペ、カブリオレと存在するが、どれも1,000万円を超える価格である。

リアシートに十分な広さがあるとはいえず、またハンドリングのキレの良さも一番とは言えない。しかしながら、その価格に相応しい、贅沢感あふれる空間とパワーは見事なものだ。インフォテイメントシステムも使いやすいと評価が高い。そして、滑らかなデザイン、形も3種類選べる点が魅力的だろう。

“The 2016 BMW 6 Series is a car lineup unto itself, with coupe, convertible and even a 4-door model that BMW calls a ‘Gran Coupe,’ but we all know is really just a sleek sedan. That’s okay, because no matter what BMW calls its lineup of luxury sports coupes (and sedans), we’d still love the sleek lines, sumptuous interior and stout performance.” — Kelley Blue Book
(2016年モデルのBMW6シリーズはクーペ、コンバーチブル、そしてグランクーペ呼ばれる4ドアモデルが存在する。BMWがそのラインナップの車を何と呼ぼうとも、ラグジュアリー・スポーツクーペやセダンの滑らかなボディラインや豪華なインテリア、それに雄々しいパフォーマンスは私たちが愛すべきものだ。)

第3位 アウディのA8

AUDI AG setzt mit rund 869.350 Auslieferungen neue Halbjahresbestmarke

  • 新車価格:1,129万円~
  • 燃  費:12.5km/L

第3位に選ばれたのは、アウディのA8。2017年モデルでフルモデルチェンジをし、新しく生まれ変わるが、2016年モデルに大きな変化はない。

滑らかな走り心地、ハンドリングと贅沢感のあるキャビンのバランスが優れているアウディのA8。少々乗り心地に硬さも感じられるが、搭載エンジンもスーパーチャージャー付きV型6気筒エンジンを搭載している。また、V型8気筒エンジンモデルも存在し、こちらはより滑らかに加速もする。走りに落ち着きもあり、上品だと定評のあるインテリアとともに、ゆったりとした空間を提供してくれそうだ。2016年モデルはまだ7シリーズほどの最新技術も持っていないが、2017年モデルが気になるところである。

“The 2016 Audi A8 full-size luxury sedan is as comfortable showing off its handling prowess as it is its abundant luxury credentials.” — Kelley Blue Book
(2016年モデルのアウディA8は、最高の贅沢さを示すかのようにそのハンドリングの実力を見せつけており、実に快適なフルサイズラグジュアリーセダンである。)

※「アウディ新型A8(2015)試乗レビュー」を読む

第2位 BMWの7シリーズ

2016 new 7 series

  • 新車価格:1,205万円~
  • 燃  費:12.2km/L

第2位に選ばれたのは、昨年フルモデルチェンジを果たした7シリーズだ。

価格も高いが、今回の7シリーズは万能型のセダンになっている。乗り心地とハンドリングのバランス、最新のハイテク技術を生かした装備、広々としたリアシートとトランク、エンジンもV型8気筒エンジン搭載モデルがある。パフォーマンスと乗り心地のバランスがとれている車という点で決して損はしない車だろう。また、夜間の車内はロマンチックなほどに美しい空間となる点も魅力的だ。

“The time and effort taken by BMW in making over its flagship 7 Series, the first major redesign in seven years, are apparent in the attention to detail, improvements in ride and handling, and above all, groundbreaking technology in infotainment and driver assists.” –Kelley Blue Book
(BMWが新しい7シリーズを造り上げるまでにかかった時間と努力は、細かなところまではっきりと分かるものであり、乗り心地にハンドリング、そして何よりも、革新的な技術によるインフォテイメントとドライバーアシストによく表れている。)

第1位 メルセデス・ベンツのSクラス

mercedes-S-Class_2008_045-800

  • 新車価格:998万円~
  • 燃  費:20.7km/L

1位は、2015年ランキングと同じベンツSクラスとなった。Sクラスとしての品格を持ち、華やかさを持ち、ハイテク技術をふんだんに使ったキャビンは実用的でもある。滑らかな乗り心地も快適で、まさに非の打ち所のない豪華さを兼ね備えている車だ。ハイブリッドモデルも存在し、燃費も圧倒的な数値である。

※「2015年 新型ベンツSクラスの試乗レビュー・スペック」を読む

こちらも高価格、でも人気な車たち

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー