3代目前期型メルセデス・ベンツCクラス(2007~2011年)試乗レビュー:中古車在庫は豊富だが走りは?

mercedes-Benz_C_Class-2009-Image-0024-1024
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

メルセデス・ベンツのラインナップの中でも最も人気があり、便利なサイズ感扱いやすさでも定評があるCクラス。今、中古車で買おうとすると2007~2013年に販売されていたが3代目の在庫多いが、この3代目は買いなのだろうか?そこで今回は特に、2011年まで販売された3代目前期型の試乗レビューと海外評価を中心にご紹介したい。

 

総評

2011年にフェイスリフトを受けるまで販売されていた、Cクラスの3代目前期型。最もラグジュアリーという訳でもなく、かといって最もスポーティーな訳ではないが、その両方の要素をしっかりと兼ね備えた一台に仕上がっている。上質なインテリアが優雅な時間を演出してくれるとともに、メルセデスらしいシャシーは洗練した走りを見せてくれている。

同じ3代目の後期型はエクステリア、インテリアも含め大きくテイストが変わっており、その後期型と比べると前期型はやや控えめなデザインが特徴。中古車を購入する時は、顔つきやシェイプの好みも併せて確認したい。

“For the price, the 2010 Mercedes-Benz C-Class offers sportiness, luxury, safety, and creature comforts in an attractive package.–The Car Connection”
価格を考えると、2010年式のメルセデス・ベンツCクラスはスポーティーさ、ラグジュアリー感、安全性、そして快適さを魅力的なスタイルと共に提供してくれている。

These cars do not disappoint, if you want a true luxury car, this is the best one for the money. –Cars.com
本当の意味でのラグジュアリーカーが欲しいのなら、このクルマ(Cクラス)はこの価格帯で最高の一台で、決してがっかりすることはないだろう。

90497092011-Mercedes-Benz-C-Class-013-1024

評価ポイント

  • 質もデザイン性も高いインテリア
  • 落ち着いた、しかし俊敏なサスペンション
  • 高い安全性評価

マイナスポイント

  • やや狭い後部座席

263-mercedes-benz-c-class-special-edition-20091

試乗レビュー

今回乗ってみたのは、中古車市場でもボリュームゾーンであるC300とC350。C300の3リッターV6エンジンのパワーは228馬力と「そこそこ」という印象だが、それでも日常での走行や追い越しには充分な速さを見せてくれる。C350だと一回り大きな3.5リッターV6エンジン搭載だが、こちらならパワフルで、後輪駆動の軽快な走りを充分に楽しめる仕上がり。

走らせてみて、何より気に入ったのがスポーティーながら乗り心地が荒すぎないサスペンション。Cクラスアバンギャルドでもスポーツセダンやクーペのようなスポーティーさはないものの、日本人には程よい乗り心地といって良いだろう。ただし、BMWのようなスポーティーさを期待する人には、ちょっと物足りないかもしれない。

インテリアに目を向けると、インテリアは上質な素材を使って、丁寧に作り込まれている。シートも柔らかさとサポート感のバランスが良く、非常に快適。こちらもアグレッシブな運転用というより、優雅なクルージングを想定しているのだろうという印象で、スポーツセダンのような硬くてサポート感が強いシートではないので、好みが分かれるところだろう。

後部座席も作りは良いものの、後部座席でゆっくりと寛ぎたい人は、Eクラスも併せて検討してほしい。中古車であれば、Cクラスとの価格差も小さくなるので、手が届きやすいだろう。

※CクラスとEクラスの違いをもっと読む

併せて読みたい

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー