トヨタ アルファードレビュー:燃費は?走りは?海外評価から確認。ベンツVクラスとも比較

alpd1501_06_s
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

昨年フルモデルチェンジし、再び人気が高まっているアルファード。今回改めてそのレビューを紹介しよう。

トヨタのアルファードの総評

上級グレードの快適さはリムジンのようだと大好評のアルファード。日本では、あまり外観についての悪評がないものの、海外でのエクステリアの評価は賛否両論。また、パフォーマンスについては今一つという評価も多い。ただし、日本の道路状況を考えればパフォーマンスはさほど重視しなくても良いだろう。逆に、狭い道路においては走りにくいという欠点も存在する。

トリムグレードはかなり多く分かれており、最も安いもので約360万円から、最も高いハイブリッドのExcutive Loungeで約704万円と価格帯も幅広い。上級グレードになるほど車内の快適さは抜群に良くなるので、あとはその部分にどれだけのお金をかけるかが悩みどころだろう。

評価ポイント

  • 上級グレードはリムジンのような快適さ
  • ハイブリッドタイプは大きなサイズの割に燃費も優秀

マイナスポイント

  • 外観が良くないという意見も多い
  • パフォーマンスは長けていない

試乗レビューと海外評価

日本にいれば、アルファードはかなりの頻度で見ることができるので、その外観についてはご承知の通りだ。グリルデザインは、海外においてはあまり評価されていないが、日本では比較的好意的な意見も多い。また、ヴェルファイアと基本的には同じようなデザインだが、こちらは好みが分かれる。

車内空間はいたって快適だ。最高級グレードのExcutive Loungeは運転席や助手席も微調整がかなり効き、7人乗りのシートを様々な形に組み替えることもでき、そして広々として、素材も良く、高級感にあふれている。まさに、リムジンに乗っているような感覚だ。ミニバンにしてこの快適さを得られるのは驚異的にすら感じられる。

走りに関しても、安定している。静かで、ブレーキも適切に踏めば同乗者も何の違和感も感じないだろう。ステアリングの反応も良い。一方で、ハンドリングについては曲がる時に少々ロールが大きく感じられた。

海外評価にはややばらつきがあった。高い評価を得ている部分から見よう。とにかく車内空間については十分な快適さがあると大好評だ。

Just test drive the Toyota Alphard and was impressed by the room offer inside the car especially on the second row. The seat has a large hand rest and the amazing space to raise up the foot rest. Although with the huge body, the car is able to pick up speed fast, effortlessly and quiet throughout the whole test drive.
(アルファードを試乗してみたけど、特に二列目の広さに感動したよ。大きなハンドレストがついていて、フットレストの方も十分な高さに上がるだけの広い空間がある。大きな車体でも加速感もあるし、運転中の音も静かで良かったね。)

一方で、先述の通り、ハンドリングについては不満の意見が多かった。

There is noticeable bodyroll even when turning in slowly.
(速度を落として曲がっても、ロールが大きいとはっきり感じたな。)

また、外観については海外であまり評価されていない。そして価格の高さも、ついレクサスと比較してしまうばかりに高すぎると感じる面があるようだ。車内の高級感との落差を感じている面もあるようだ。

Despite its hulking size, it only seats seven. The humongous grille draws too much attention. And that price is already in Lexus territory.But all of these reasons melt away when you activate the power side doors and see the Alphard’s beautiful cabin.
サイズが大きいわりに7人しか乗れないし、グリルのデザインが悪目立ちしているよね。しかも価格はほとんどレクサスの領域に入っていて高い。だけど、こうした不満も美しいキャビンを見れば吹き飛んでしまうかもしれない。)

ライバルはベンツVクラス!?

14A396
アルファードのHYBRID SR“Cパッケージ”/HYBRID SRが約550万円、HYBRID G“Fパッケージ”/HYBRID Gが約536万円、最上級グレードのHYBRID Executive Lounge/Executive Lounge[3.5L]が約704万円なのに対して、メルセデス・ベンツのVクラスのV 220d TREND(受注生産)が535万円、V 220dが620万円、V 220d AVANTGARDE longが695万円、V 220d AVANTGARDE extra-longが730万円と価格がほとんど変わらないのだ
ここで、アルファードのHYBRID Executive LoungeとVクラスのV 220d AVANTGARDE extra-longを比較してみよう。

アルファードのHYBRID Executive Lounge

2015-toyota-alphard-featured

  • 新車価格:7,036,691円
  • 乗車定員:7名
  • エンジン:2.5リッター+モーター(ガソリン)
  • 最高出力:112kW
  • 最大トルク:206Nm
  • 燃  費:18.4km/L

メルセデス・ベンツのV 220d AVANTGARDE extra-long

14C287_003

  • 新車価格:7,300,000円
  • 乗車定員:7名
  • エンジン:2.2リッターDOHC 直列4気筒ターボチャージャー付エンジン(ディーゼル)
  • 最高出力:120kW
  • 最大トルク:380Nm
  • 燃  費:15.3km/L

上記のように、燃費はハイブリッドタイプのアルファードに軍配が上がるものの、パフォーマンスは圧倒的にVクラスが勝利する。海外評価においても、アルファードは「パワーが物足りない」という声が多かった。アルファードの場合は3.5リッターエンジン搭載のExecutive Loungeにする手段もあり、こちらであれば最高出力206kW、最大トルク344Nmとなるが、燃費に関しては9.5km/Lとなる。ただし、Vクラスは基本的にディーゼルエンジン採用である。

画像でその広さを確認

 

alpd1501_25_s alpd1501_27_s alpd1501_28_s

動画で確認

エクステリアも含めてじっくり見るなら

インテリアの機能を中心に見るなら

ファミリーにおすすめの車

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー