メルセデス・ベンツGLSクラスvs.レクサスLX:1000万円超えの7人乗り大型SUV対決、燃費は?走りは?

Archivnummer: D224280
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

GLクラスからGLSクラスへと改名したばかりのベンツGLSクラス。一方、レクサスLXも昨年夏に日本で販売開始となって以降、爆発的な人気ぶりで納車は半年待ちといわれる。1000万超えの7人乗り大型SUV対決を制するのは、どちらだろうか?

GLSクラスとLXの概要

<ベンツ GLSクラス>

Archivnummer: D224272

GLSクラスは最近までGLクラスという名称であったが、4月下旬よりGLSクラスと名称変更になり、さらにマイナーチェンジもして販売されている。ベンツは昨年よりGLAクラス、GLCクラス、GLEクラスと次々にSUVを新しくしていったが、その集大成ともいえる存在だ。

展開されているグレードとしては、受注生産のGLS 350d 4MATIC、GLS 350d 4MATIC Sports、GLS 550 4MATIC Sports、そしてAMGモデルが存在するが、今回は最も価格の安いGLS 350d 4MATICの概要を紹介しよう。

  • 新車価格:1,070万円
  • サイズ :全長5,130mm×全幅1,935mm×全高1,850mm
  • 燃  費:12.4km/L
  • エンジン:V型6気筒ターボチャージャー付きエンジン(ディーゼル)
  • 最高出力:190kW
  • 最大トルク:620Nm

<レクサス LX>

2016_Lexus_LX_570_010_9B81569C0E8FE589FF06261B990486782CC65676_low

言わずと知れた、昨年夏より日本でも販売されるようになった大型SUVのLX。その人気ぶりはレクサスの予想をはるかに上回るものだった。展開されているLXのグレードはLX570のみである。

  • 新車価格:1,100万円
  • サイズ :全長5,065mm×全幅1,980mm×全高1,910mm
  • 燃  費:6.5km/L
  • エンジン:V型8気筒エンジン(ガソリン)
  • 最高出力:277kW
  • 最大トルク:534Nm

エクステリア

Archivnummer: D2242732016_Lexus_LX_570_008_9795EA0422D36C9743B211A30D593E54C880FDC0_low

エクステリアの印象として、まずGLSクラスは以前のGLクラスに比べるとフロント部分がシンプルになっている。一方で、グリルにははっきりとした2本線が入っており、それがベンツのマークをより目立たせている印象がある。車体全体に関しては、今までよりもソフトな印象になったという評価が多い。LXに比べるとボディラインは滑らかであり、全高は低いながらも全長は長いという特徴がある。

LXは、全幅も全高もGLSクラスより広く、高いのでよりたくましい印象を与える。フロント部分のスピンドルグリルも、何とも強気な雰囲気だ。GLSクラスは他のSUVとサイズだけが異なり、全体的な雰囲気は同じものをベースとしているが、LXは兄弟分のNXやRXと形が随分と違っている。見た目の頑丈さや高さを選ぶならLX、スタイリッシュな印象を選ぶならGLSクラスといったところだろうか。

インテリア

Archivnummer: D224274

2016_Lexus_LX_570_019_5AFEDAEC321F7C231DABAAE0824E7366BC8F040C_low

インテリアはともに豪華さがあり、高級な素材を使っていると好評だ。ただし、見ての通り、細かな部分は随分と異なるので、好みに分かれるところもあるだろう。

大きさに関しては、1列目や2列目はまず問題なくどちらも十分にくつろげると言われる。乗り心地も快適だ。しかしながら、3列目に関してLXは子ども向けだと評価しているところが多いのに対し、GLSクラスは大人でも座れると評価されている。これは、全長による影響だろう。高さも幅も狭いGLSクラスだが、全長のみはLXより長いのだ。一方で、GLSクラスについては、その名称から「S」の字に相応しいインテリアかどうかを考えると、少々期待外れと感じたり、古臭いという評価もある

パフォーマンス

Archivnummer: D224280

2016_Lexus_LX_570_014_D7F6605ABA8BF3D2C14E2DDA1200AF0CBC195C6B_low

GLSクラスがV型6気筒エンジン、LXがV型8気筒エンジンと搭載エンジンが異なるものの、どちらもパワーは十分であり、期待通りである。もちろん、LXの方が最高出力は大きな数値を出しているが、最大トルクではGLSクラスが勝っている。

どちらも加速力があると言いつつ、数値ほどの速さは感じられない。これは車体の大きさによるものだろう。また、どちらも安定性があり、オフロード性能についても優秀だ。一方で、GLSクラスについてはステアリングに少々鈍さがある。サスペンションの調整ぶりは見事なものであり、乗り心地は基本的に十分快適だ。LXについてもステアリングに少々鈍さがあること、曲がる時にロールが大きく感じられがちなことなど、少々の課題はある。しかしながら、こちらも乗り心地は十分である。走りについてはあまり大きな差が見られないようにも感じる。

燃費に関しては、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの差があるものの、LXはだいぶ遅れをとってしまっている。なお、GLSクラスにもガソリンエンジンは存在するが、燃費は8.4km/L程度まで下がってしまう。それでもLXよりは優秀だが、価格も1,500万円と高い。

総評

結局のところ、性能というよりはデザイン性、印象というところの差が大きいということだろう。購入を迷うのであれば、個人の好みを重視しても良いと考えられる。

一方で、選択肢としてこの二つ以外のことを考える必要もあるだろう。オフロード性能が優れている点を重視したければGLSクラス、LXに加えてランドローバーのレンジローバーシリーズも加えて考えると良いだろう。また、スタイリッシュなデザインでいえば、最近はボルボのXC90アウディQ7という選択肢もある。色々と悩みたいところだ。

贅沢なSUVを手に入れたいなら

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー