ランドローバー レンジローバー・スポーツ(2016)試乗レビュー:価格は?燃費は?オフロード性能は?

RRS_SVR_Arctic_Silverstone_271115_04_LowRes
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

日本でも人気の高いラグジュアリーSUVのレンジローバーシリーズ。その中でもパフォーマンスが重視されているレンジローバー・スポーツは、レンジローバー・イヴォークほど安くないものの、走行性能は満足できるものだ。

レンジローバー・スポーツ(2016)の総評

パワフルなエンジンラインナップにおしゃれで洗練されたインテリアが魅力のレンジローバー・スポーツ。見た目がおしゃれなだけでなく、オフロード性能も極めて高く、自然あふれる場所での走行にも打ってつけである。ただし、インフォテイメントシステムが使いにくい点やカーゴスペースがライバルに比べて小さいことなど、欠点もいくつかあると感じられた。

ラグジュアリーSUVとして、そのブランド力も価格に入れてしまえば当然のことかもしれないが、ミッドサイズSUVの中でも価格帯は最も高い分類に入るだろう。ベースモデルでも1,000万円を超えてしまうレンジローバーそのものに比べれば、レンジローバー・スポーツはベースモデルが846万円と高くないものの、最上級グレードのSRVともなれば1,600万円を超えてくる。高い値段なだけに、購入はかなり慎重に考えた方が良さそうだ。

評価ポイント

  • 優れたオフロード性能
  • ベースモデルからV型6気筒エンジン搭載とパワフルなエンジン
  • 洗練されたインテリア

マイナスポイント

  • 扱いにくさのあるインフォテイメントシステム
  • ライバルに比べてカーゴスペースの容量が小さい
  • 燃費はあまりよくない

試乗レビュー

まず、レンジローバー・スポーツには大きく分けて二つのエンジンの選択肢がある。V型6気筒エンジンとV型8気筒エンジンである。どちらを選んでも力強さや加速力は期待通りだが、それと引き換えに燃費はあきらめざるを得ない。V型6気筒エンジン搭載モデルで8.4km/Lと、このクラスの中ではかなり悪い分類に入ってしまう。V型8気筒エンジン搭載モデルの場合は、なんと510馬力を誇るパワーが車の走りを支えてくれる。2016年モデルでは最上級グレードにSVRが導入され、0-100km/h加速に要する時間はわずか4.5秒と、すさまじいものだ。

乗り心地については柔軟な走りをし、道に凹凸などがあってもそれをきちんと吸収して安定した走り、乗り心地を提供してくれる。親玉ともいえるレンジローバーに比べるとどこにでも行けるという訳ではないが、それでもオフロード性能は実に見事なものであり、どこにでも行けると言っても良いだろう。オンロードでも問題なく走ってくれる。車体の大きさに反して、ボディロールなどが出ることはなく、ハンドリングの操作もしやすい。しかしながら、大きい分だけ駐車場での駐車など、狭いところに関しては苦手である。エアサスペンションについては調節が可能であり、車体を上下させることができる。駆動方式は四輪駆動方式が標準採用となっている。

キャビンについても、さすがレンジローバーシリーズといった、堂々とした風格漂うものである。どこを見ても最高級の素材を使っており、魅力的で洗練されたデザインとなっている。このクラスの中では最も豪華なインテリアを備えた車の一つといえるだろう。また、騒音防止素材も用いられており、どれだけ加速しても、車内空間に静けさを保ってくれている。

基本的には5人乗りのレンジローバー・スポーツだが、オプションで3列シート7人乗りにすることができる。フロントシートはとても快適であり、視界も十分に広い。2列目についても十分な広さがあり、大人でも狭く感じることはないだろう。しかしながら、元々存在していない部分に3列目を組み込むというのはやはり多少の無理があるようで、3列目については子どもだけに向いているスペースとなる。

カーゴスペースについても、残念ながらレンジローバー・スポーツはあまり期待できない。BMWのX5などはより広いカーゴスペースを持っている。自然でのアクティビティを楽しみたい、遠出をしたいという場合にカーゴスペースは必要不可欠だが、どの程度の荷物なら積み込み可能なのかをよく把握する必要があるだろう。

なお、トリムグレードはベーシックモデルのSE(846万円~)、HSE(968万円~)、HST(1,135万円~)、AUTOGRAPHY DYNAMIC(1,346万円~)、そしてSRV(1,605万円~)がある。搭載エンジンの他、デザインなどもフロントグリルから多少なりともそれぞれ異なっているので、よくチェックしたいところだ。

ライバルは?

  • ポルシェのカイエン
    このクラスの中では数少ない、レンジローバー・スポーツに勝るパフォーマンス性を持つ車といえる。カイエンはベースモデルでも300馬力を誇るV型6気筒エンジンを搭載しており、さらにツインターボチャージャー付きV型8気筒エンジン搭載モデルの選択肢、カイエンターボSがある。こちらはレンジローバー・スポーツのSVRモデル以上の加速力を備えている。ハンドリングも満足できるもので、スポーツカーのような感覚すら覚えるものだ。また、インテリアも上品で柔らかみのある素材で満たされた空間となっている。信頼度も高く、ハイブリッドタイプまで存在するという点でもレンジローバー・スポーツにとってかなり手強いライバルといえる。
  • BMWのX5
    ドライビング・ダイナミクスという点でX5は魅力的といえるだろう。なめらかな走り心地、活発な印象を覚えるハンドリング、エンジンのラインナップもターボチャージャー付きV型6気筒エンジンからツインターボチャージャー付きV型8気筒エンジンまで力強いものがそろっている。また、それでいて燃費も決して悪くない。レンジローバー・スポーツと同様、X5も基本は5人乗りだがオプションで3列シート7人乗りに変更することも可能だ。価格は跳ね上がっていくかもしれないが、オプションのリストもかなり多くのものがあり、自分の好みに合わせた車にすることが可能といえるだろう。カーゴスペースもレンジローバー・スポーツより大容量となっている。

画像で確認

<最上級グレードSVR(1,605万円~)>
RRS_SVR_Arctic_Silverstone_271115_05_LowRes
RRS_SVR_Arctic_Silverstone_271115_03_LowRes
RRS_SVR_Arctic_Silverstone_271115_02_LowRes
<HST(1,135万円~)>
rrs_16_ext_loc3_hst_LowRes

rrs_16_int_det5_hst_LowRes

rrs_16_ext_loc02_hst_LowRes

おすすめのSUVの記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー