メルセデス・ベンツのオープンカーがアツい!次々と新モデルを発表。画像たっぷりで紹介

Mercedes Benz S 500 Cabriolet
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

6月2日より、メルセデス・ベンツは長年販売していなかったSクラスのカブリオレ、そして新モデルのSLクラスおよびSLCクラスを発表、販売を開始した。

Sクラス・カブリオレ、44年ぶりの登場

かつて、Sクラスの中にもカブリオレが存在している時期があった。しかし、それは実に44年前の話であり、今回のSクラス・カブリオレの登場は実に44年ぶりということになる。販売されるグレードはS550 Cablioret(2,145万円)とAMGモデル2種類(それぞれ2,750万円、3,417万円)である。

搭載エンジンはベースモデルのS550 Cablioretでもツインターボチャージャー付きV型8気筒エンジン(最高出力335kW、最大トルク700Nm)であり、最上級グレードのAMG S65 Cablioretに至ってはツインターボチャージャー付きV型12気筒エンジン(最高出力463kW、最大トルク1,000Nm)を搭載している。

もちろん、ポイントはパワーだけでない。低く構えながらも滑らかな、上品ある風格を漂わせるボディライン、ベンツSクラスとしての威厳を見せるフロントグリルといったデザインも魅力的であり、トップについては遮音性や耐候性の向上を意識して造り込まれた3層構造のソフトトップが採用されている。このソフトトップは時速約50kmの状態までであれば走りながらの自動開閉が可能であり、約20秒で開閉する。Sクラスとして乗り手に対する快適性も忘れてはいない。寒いときでもオープンドライブが楽しめるように、ヘッドレスト下部から温風を送ることができる機能(エアスカーフ)など、オープンカーを存分に味わうための細やかな心遣いで車体が造り込まれている。

世界で最も品位の高い、快適なオープンカーとまで称されるSクラス・カブリオレ。2日から販売が開始されており、納車は現段階で10月中旬ごろを予定している。

画像

Mercedes Benz S 500 Cabriolet

Mercedes Benz S 500 Cabriolet

Mercedes Benz S 500 Cabriolet

Mercedes Benz S 500 Cabriolet

Mercedes Benz S 500 Cabriolet

新型SLクラス

フロントグリルを垂直に近く立てた伝説のレーシングカーである300 SLパナアメリカーナからインスピレーションを得たという、今回のデザイン。ベンツの車の中でも小柄ながら、独特のデザイン性を持った車としてその存在感を出している。インテリアもクールなデザインで、逆に人の目を引くようになっている。性能については、ロードスターの本質を極めるというコンセプトで造られているようだ。

SLクラスのルーフトップは季節に応じた対応ができるようにボタン一つでその濃淡を切り替えできるようになっている(マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ)。クリアモードではオープンエア感覚が寒いときや雨の日にも感じられるようになっており、ダークモードにするとトップが暗くなるものの、室温上昇を抑え、夏の暑い時も社内環境を快適に保てるようになっている。なお、どちらのモードにおいてもガラスは紫外線および赤外線をカットできるようになっている。Sクラス・カブリオレ同様にエアスカーフなども搭載されている。

グレードはベースモデルがSL 400(1,265万円、ツインターボチャージャー付きV型6気筒エンジン搭載)から、SL550(1,698万円、ツインターボチャージャー付きV型8気筒エンジン搭載)、そしてAMGモデルが2種類存在する。

画像

Archivnummer: D224435 Archivnummer: D224432 Archivnummer: D224431

Mercedes-Benz SL, Interieur, Nappaleder porzellan / schwarz

Archivnummer: D224479 Archivnummer: D224441

新型SLCクラス

ロングノーズとショートデッキのバランスが特徴のSLCクラス。名称がSLKクラスから変更となっての再出発である。車体後方が大きくデザインが変わっており、バンパーデザインやテールライトが新しくなって大胆なプロポーションを強調している。インテリアについては、アンビエントライトによって夜の車内空間をエレガントな雰囲気で楽しむことができる工夫などがされている。エアスカーフももちろんある。

ルーフの開閉はSクラス・カブリオレと同じく20秒以内で可能であるが、時速40km前後まででの範囲内で走行中の開閉が可能となっている。ルーフの濃淡を変えられるパノラミックバリオルーフはSLクラスと同様である。

SLCクラスのグレードはベースモデルのSLC 180(530万円、ターボチャージャー付き4気筒エンジン)をはじめ、SLC 180 Sports(590万円)、SLC 200 Sports(685万円)、AMGモデル(970万円、V型6気筒エンジン)がある。

画像

Mercedes Benz SLC 250 d Mercedes Benz SLC 250 d Mercedes Benz SLC 300 Mercedes Benz SLC 300

ラグジュアリースポーツカー関連の記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー