キャデラックCT6(2016)試乗レビュー:アメリカ車最高級セダンのデザインを画像たっぷりで確認、走り、実力は?

cq5dam.web.1280.1280
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

日本ではあまり多くみられないキャデラックだが、走っているとその存在感は圧倒的なものである。その中でも、今回は今年9月頃に販売開始となる最高級セダン、CT6を紹介しよう。

キャデラックCT6(2016)総評

あかぬけした印象のインテリアにキレの良いハンドリングと、CT6は基本的にその価格に値するだけの贅沢な気持ちを味わうことができる一台といえるだろう。ドイツ車に比べるとボディラインがやはり独特の重さあるものとなっているが、日本では全体的にキャデラック車が少ないことから、乗ればひときわ人々の注目を集める存在となることは間違いない。価格だけでなく、実用性があるという点においては頼もしいパートナーとなってくれることが期待できる。

評価ポイント

  • 最高級セダンらしい、クールなインテリア
  • ライバルと比べてハンドリングのキレが良い
  • 軽量化の工夫がされたデザイン

マイナスポイント

  • インフォテイメントシステムはやや使い勝手が悪い

試乗レビュー

一年前にお目見えし、新たに販売を開始したキャデラックのCT6。価格としては、アウディA8、BMW6シリーズや7シリーズ、ベンツSクラスなどと並ぶ(CT6の新車価格は998万円~)、まさに最高級のラグジュアリーセダンだ。

日本で販売されているモデルの搭載エンジンは3.6リッターV型6気筒エンジン。実は、海外ではターボチャージャー付き4気筒エンジン搭載モデルも販売している。この大型サイズで4気筒エンジン?と考えるかもしれないが、ベンツSクラスでもベースモデルの搭載エンジンは4気筒エンジンであり、CT6の大きな車体を動かす上でも支障はない。さらに、CT6は確かに大きいが、車体重量をできるだけ軽くできるようにと工夫がされている。日本で販売されているモデルについても、もちろんパワーは十分であった。最高出力は250kW(340PS)、最大トルクは386N・m(39.4kg・m)である。燃費もこのクラスのライバルに比べると上々だ。

CT6の魅力といえば、多くのライバルと比べても活発な印象の走りをすることだろう。その大きく、重厚感のあるデザインからは考えられないほどステアリングが鋭く、ブレーキの効きも強い。走りもスポーティな印象である。一方で、同価格帯のライバルに比べて乗り心地の柔らかさは少ないかもしれない。豪華で包まれるような乗り心地、走りを最優先に求める場合は、他の車を検討した方がよいかもしれない。

キャデラック独特の重厚感ある見た目に対して、インテリアは流線形のスタイリングに最高級の素材と、魅力的で上品さのある印象となっている。また、キャビンは思いのほか清々しい印象があり、静かだ。一つひとつの装備についても大きさと安定感があり、座席についても快適だ。

インフォテイメントシステムは、新たなCUEインフォテイメントシステムが標準装備されている。10.2インチのスクリーンに、Boseのオーディオシステム、アップルカープレイなど中身も充実しているが、一方で使いやすさは今一つという印象だ。タッチパッド形式となっているが、コントローラーで操作するライバルと比べると少々使い勝手が悪い。

もちろん、安全性にかかわる装備も充実している。自動の歩行者対応ブレーキやレーン・キープ・アシストシステムをはじめとした多くの装備が存在している。

ライバルは?

同じ価格帯の車以上にCT6のライバルとして挙げたいのがメルセデス・ベンツのEクラスだ。最も俊敏性のある車とはいえないが、広い後部座席に滑らかな走り、そして高級感あふれるキャビンが車内を居心地の良い場所へと変えてくれている。CT6以上にエンジンの選択肢が広いこと、価格の割に高級感の満足度が高いことは大きな強みといえるだろう。

※こちらにも注目「2016年発売の5代目Eクラスに搭載予定!メルセデス・ベンツが開発中の最新技術」

画像で確認

cq5dam.web.1280.1285

cq5dam.web.1280.1286

cq5dam.web.1280.1287

cq5dam.web.1280.1288

cq5dam.web.1280.1289

cq5dam.web.1280.1281

cq5dam.web.1280.1282

cq5dam.web.1280.1283

cq5dam.web.1280.1284

ラグジュアリーセダンのレビューをチェック

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー