ベンツ新型Eクラスレビュー:ついに販売開始!ここでもう一度おさらいしておきたい、Eクラス情報

Premiere der Langversion der neuen E-Klasse
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

今月27日、ついに10代目(Eクラスという名前になってからは5代目)となる新型Eクラスが販売開始となった。未来を意識した先進的なCMがテレビ画面に映る。果たしてEクラスの実力は?ここで、Caxuryでこれまで集めてきた情報をもう一度まとめておさらいしよう。

ベンツ新型Eクラスの概要(セダン)

  • 新車価格:675万円~
  • サイズ :全長4,923mm×全幅1,852mm×全高1,468mm
    ※220dAVANTGARDEの場合。全長が長くなっている。
  • 燃  費:欧州複合モードで17km/L前後

自動操縦技術が豊富

今回、新型Eクラスにおいて何といっても注目すべきは自動操縦技術だろう。テスラが完全自動運転では一歩も二歩も先に行っていると思われていた一方で、テスラは最近ついに自動運転中の交通死亡事故を出してしまった。ベンツの自動操縦技術はどのようなものか。また、安全対策は講じられているのか、気になるところである。まずは、ベンツがどのような自動操縦技術を搭載しているのか、どのような安全対策システムを採用しているのか、見てみよう。

  • ディスタンスパイロット・ディストロニック
    高速道路上で先行車との距離を把握し、自動運転する機能。ステアリングも自動制御する仕組みになっているので、ドライバーが手を加える必要はない。特に、高速道路上で渋滞が起こっている時にこのシステムは役立つとされ、渋滞時の運転で蓄積しやすい疲労の軽減効果が期待される。
  • アクティブレーンチェンジングアシスト
    ステアリング・パイロットが起動している時において、移動したい車線側のウインカーを2秒以上点滅させると、車両周囲を監視しているセンサーが衝突の危険性がないことを確認し、ステアリング操作のアシストによって車線変更をサポートする。
  • アクティブレーンキーピングアシスト
    フロントホイールが走行車線を越えたと判断した場合に、ステアリングを断続的に微振動させてドライバーに警告を行う。ドライバーが反応しない場合は自動補正ブレーキによって車両を車線内に戻そうとする。
  • パーキング・パイロット
    約35km/h以下で走行中、超音波センサーが左右の最適な駐車スペースを自動で検出。自動操舵・ブレーキ・シフトチェンジ・速度コントロール機能により、自動で駐車を行う。
  • PRE-SAFEインパルスサイド
    側面衝突が不可避であることを検知すると、衝突側前席バックレストのサイドサポートに内蔵されたエアチャンバーが瞬時に膨張。乗員をドアから遠ざけることで衝撃の軽減をはかる。
  • PRE-SAFEサウンド
    システムが不可避の衝突を検知すると、車両のスピーカーから短時間ノイズを発生させ、鼓膜の振動を内耳に伝えるあぶみ骨筋の反射収縮反応を引き起こす。この収縮によって衝撃音の内耳への伝達の軽減はかり、乗車している人間の耳を守る。

この他にも様々な機能を備えているが、詳しくは以下の記事やベンツ公式ページを確認していただきたい。

また、自動運転関連の記事も併せて読んでいただきたい。

画像で確認

Premiere der Langversion der neuen E-Klasse

Premiere der Langversion der neuen E-Klasse

Premiere der Langversion der neuen E-Klasse

Premiere der Langversion der neuen E-Klasse

Premiere der Langversion der neuen E-Klasse

Premiere der Langversion der neuen E-Klasse

動画で確認

インテリアやエクステリア、実際の走りの詳細まで確認したい人は動画も参考にしていただきたい。

 

新型Eクラスはお買い得か

これまで日本においても人気の高かったベンツEクラス。以前のモデルは599万円から販売されていたため、新車価格はやや跳ね上がった印象ではあるが、これだけ多くの自動操縦機能を搭載し、安全面における対策もある程度されており、そして上品さも兼ね備えているモデルであることを考えれば、少なくとも価格相応の実力の持ち主ではないかと思われる。これからの売れ行きに注目したい一台である。

また、先代モデルも十分に人気のあったモデルであり、価格はこれから下がってくるはずなので、中古でEクラスを購入したい人も、また注目していくとよいかもしれない。

最近登場したモデルのレビュー

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー