トヨタ新型プリウス(2016)試乗レビュー:燃費抜群のプリウス、走りは?ライバルは?

2016_Toyota_Prius_002_CF7C14AC639CA700813D0F8943B59E938920D4F6_low
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

その燃費の良さから世界的にも注目を浴び、日本でも人気の高い新型プリウス。燃費の情報は多く聞かれるが、その実力は?また、ライバルとなる車の情報なども併せて紹介したい。

新型プリウス(2016)の総評

やはりこの燃費の良さは大きな魅力となる。デザインについては賛否両論であるが、モデルチェンジ前に比べてアグレッシブ、強気な印象になり、若者からは好評なようだ。また、他にも多くの点で改善があり、インテリアの質も上がった。高い安全性と信頼性もよい評価を得ている。実用性でいえばかなりすばらしい車だ。一方で、ラグジュアリー感は少々物足りないところもあり、走りについても落ち着き過ぎていて物足りないという意見もある。
同じような価格帯の車の中にはベンツのAクラスなどラグジュアリーカーの導入となる存在も多くあるが、見た目の華やかさと一転して、落ち着いた、ゆったりとしたカーライフを思い描いている人に向いている車といえるかもしれない。

評価ポイント

  • 燃費が極めて良い
  • カーゴスペースが広い
  • 落ち着きのある走りとハンドリング
  • 静かなキャビン

マイナスポイント

  • 上級トリムグレードのキャビンのインテリアは少々安っぽい

試乗レビュー

総じて、新型プリウスはかなりの実用性を備えた車と言える。ベーシックモデルが40.8km/Lと、燃費が驚くべき数値となっている。上級グレードのモデルでも37.2km/Lであり、十分な燃費の良さである。また、造りの品質も高まっている。丈夫さが増し、素材も意識されており、ソフトタッチで柔らかい。ダッシュボードも無駄がなくなった。しかも、車内の広さが十分で席にゆとりがあるだけでなく、カーゴスペースも極めて広い。ほぼ全てのコンパクトカーやハッチバック車と比べても、その広さは秀でているといえるだろう。信頼性と安全性も高い評価がされている。

パフォーマンスについては、適度にスポーティなハンドリングと快適な走り心地のバランスがよく取れている。エンジンから送り出されるパワーは、日常使いにおいては十分といえる。しかしながら、良くも悪くも「極めて落ち着いた走り」である。急いでいる時には思わずその落ち着きぶりにかえって苛立ってしまう人もいるかもしれない。もしハイブリッドカーに拘らずにコンパクトカーを探しているのであれば、もっとワクワクさせてくれるような、勢いのある走りをする車はたくさんある。ただし、はじめに述べた通り、この燃費はEVでもない限り、どの車も敵わない。

プリウスのエンジンは4気筒のガソリンエンジン二つの電力モーターから成り、合わせて121馬力のパワーを発生する。新型プリウスはモデルチェンジ前に比べて少しばかり速さを増しており、加速力も日常使いやちょっとした高速道路上での走行には問題ない。それでも、パワーにしても加速力にしても、やはり物足りない印象を覚える人も少なからずいるだろう。ホンダのシビックなど、他のコンパクトカー方がエンジンの選択肢も多い。

ここまでくると、新型プリウスは加速力もパワーもない、つまらない車と思ってしまうかもしれないが、かつてのプリウスと比べて新型プリウスのハンドリングはずっと改善されている。落ち着きがありながらも、コーナーにおいて若干のロールを感じるようになり、スポーティさも持っているのだ。ステアリングの反応も良い。ブレーキも前より効きが良くなった。

新型プリウスのインテリアは基本的に一流の素材が使われており、先代モデルに比べるとこちらも改善されている。ダッシュボードも造りが実用的になっていた。ただし、基本的には上等な品質に包まれたキャビンだが、選択肢によっては安っぽく見えてしまうものもあり、やはりもう一つ上を行くラグジュアリーカーブランドに比べると高級感や上品さは劣ってしまう。

フォルクワーゲンのゴルフなどに搭載されているApple CarPlayやAndroid Autoは新型プリウスにないが、代わりにスマートフォンをプリウスのインフォテイメントシステムに接続することができ、この使い勝手が良い。ディスプレイも明るくて見やすさがあり、見た目もモダンな雰囲気である。上級グレードにはヘッドアップディスプレイも存在し、速度や燃費の状態をドライバーに分かりやすく示してくれる。

シートも心地が良い。コンパクトカーの中で、新型プリウスはかなり広さのある車であり、フロントシートもリアシートも、平均的な大人のサイズであれば十分に広い。また、騒音防止機能もしっかりとしており、車内は驚くほど静かな空間となっている。シートだけでなく、カーゴスペースも広いことがまた魅力となっている。

勢いのあるドライビングを求める人には少しばかり物足りなさも感じるプリウスかもしれないが、落ち着いた走り、落ち着いた空間を求める人には買って損をしない一台だろう。

ライバルとなる車は?

  • ホンダのグレイス
    同じハイブリッド車の中で競い合うとすれば、プリウスよりも安価なホンダのグレイスは第一の候補となるだろう。ハイブリッドモデルの場合は燃費が34.4km/Lと、新型プリウスより少しばかり差があるが、それでも他の車に比べればかなり良い数値である。価格も200万円前後から購入できるので、プリウスとは約100万円の差が出ている。
  • 日産のリーフ
    電気自動車(EV)である日産のリーフは、燃費という問題でいえばプリウスとは別次元になる。まだ充電できる場所が少ないという点が大きなデメリット要因になりかねない一方で、一回の充電で日常使いには十分対応できるので、使い方によってはリーフの方がずっと得になり、そして快適になる。価格もプリウスとほぼ同じである。

他にも、200万円台で手に入るドイツ車など、ラグジュアリーカーのエントリーモデルなどがプリウスとほぼ同等の価格で購入できるので、同じお金を出すなら外車に乗りたい!有名ブランドのモデルにしたい!という人にはこちらをチェックすることもおすすめする。

画像で確認

2016_Toyota_Prius_001_2452A99B7A0DE853E9CCBFC12E5E78A937FFFBE2_low

2016_Toyota_Prius_010_0D652DDE973991995F92901FFAB7FB39A848FB05_low

2016_Toyota_Prius_006_7FCFAB1EA0311703BC4C920A18FEBF1E2CFFA386_low

2016_Toyota_Prius_005_DC32963ADC0461FCFF317CC3F8B54C8A06416FE0_low

併せて読みたい記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー