女性にオススメする、周りと差をつけるお洒落な車5選:デザイン+αの魅力!

Der neue smart forfour, 2014The new smart forfour, 2014
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

以前にも「女性にオススメの可愛い車5選」を紹介したが、今回はさらに周りと差をつけたい人におすすめの車を紹介しよう。

ルノーのTWINGO

renault-TwingoIII

  • 新車価格:189万円~
  • サイズ :全長3,620mm×全幅1,650mm×全高1,545mm
  • 燃  費:21.7km/L(ベースモデルINTENSの場合)
  • 乗車定員:4名

まず紹介したいのが200万円以下から購入できるルノーのTWINGO。今月25日から新型モデルの予約注文受付開始となる。フランスの自動車メーカーであるルノーらしい、丸みを帯びつつも強気な雰囲気を持つ、スタイリッシュなデザインをしている。この後に紹介するフィアットと比べても全長が長く、買い物などにも便利だ。また、実はリアシートがかなり広めにとられており、多くのコンパクトカーに存在するリアシートが狭いという課題をクリアしている点でも長く使える車だろう。

ちなみに、もっとアクティブに動きたい、大型犬などを連れて出かけるのに便利な車が欲しいといった人には、同じくルノーから販売されているKANGOOなどもおすすめだ。

スマートのsmart forfour

smart_fortwo_forfour-668

  • 新車価格:213万円~
  • サイズ :全長3,550mm×全幅1,665mm×全高1,545mm
  • 燃  費:22.3km/L(ベースモデルPASSIONの場合)
  • 乗車定員:4名

続いておすすめするのが「メルセデス生まれのシティコンパクト」というキャッチフレーズを持つ、スマートのSmart forfour。2人乗りのスマートはかなり古くから存在するが、現在は4人乗りのスマートが存在している。全長はルノーのTWINGOやこの次に紹介するフィアットの500Cよりも少々短いものの、全幅や全高は負けていない。デザインもちょうどTWINGOとフィアット500シリーズの中間を行く印象だ。ただし、「メルセデス生まれ」という点でスマートはブランド力もあり、知名度も高い。日常使いを強く意識し、走り心地の滑らかさや小回りの効きなども売りにしている。

なお、スマートは昔ながらのsmart fortwoや、オープントップとなったsmart fortwo cabrioも存在しており、こちらもセカンドカーなどにおすすめだ。

フィアットの500C

2012-Fiat-500C-2

  • 新車価格:252万7,200円~
  • サイズ :全長3,570mm×全幅1,625mm×全高1,505mm
  • 燃  費:19.4km/L(ベースモデル500C 1.2POPの場合)
  • 乗車定員:4名

以前にもフィアットシリーズを可愛いクルマ5選で紹介したが、今回はその中でもオープントップにできる500Cを紹介したい。ルノーのTWINGOに比べれば、やはりフィアットシリーズは大きさが一回り小さく、コンパクトな一方で実用性には欠けやすい。しかし、より丸みのある愛らしいデザインに加えて、オープントップはTWINGOにもない魅力。完全なるスポーツカーは少々お高い、あるいは狭いといった欠点がつきやすく、乗るのも少々気が引けるかもしれない。しかし、500Cは日常使いにも便利で価格も300万円弱であり、スポーツカーに乗るよりも控えめに開放感を楽しむことができる

なお、オープントップは必要ないという人であればより安い価格でフィアットの愛らしいデザインを楽しめる他、ベースモデル500C 1.2POPより20万円ほど高くなってしまうが、上級グレードには燃費が24.0km/Lとなる500C TwinAir Loungeも存在する。

MINIのクラブマン

2016_MINI_Cooper_Clubman_9.jpg

  • 新車価格:290万円~
  • サイズ :全長4,270mm×全幅1,800mm×全高1,470mm
  • 燃  費:17.2km/L(ベースモデルONEの場合)
  • 乗車定員:5名

こちらも前回紹介したMINIシリーズの中のモデル、クラブマン。モデルチェンジをしたばかりの新型クラブマンは、以前の3ドアモデルから5ドアモデルとなり、乗車定員も4名から5名となって実用性を大きく増した。また、雰囲気も他のMINIシリーズに比べるとかなり落ち着きがあり、上品である。もう一つ魅力的なのは、クラブマン独特の観音開きになっているカーゴスペース。ボタンの自動開閉も可能となっており、こちらも他の車にはないお洒落さを持っている。車高はあまり高くないものの、全長や全幅は広めとなっており、リアシートを倒すことで荷物もかなりの量が入るようになっている。

サブコンパクトSUVのクロスオーバーやオープントップのコンバーチブルなども多くみられるMINIの3ドアや5ドアと一つ差をつけられるだろう。

ジープのレネゲード

2015_Jeep_Renegade_1

  • 新車価格:297万円~
  • サイズ :全長4,255mm×全幅1,805mm×全高1,695mm
  • 燃  費:15.5km/L(ベースモデルLONGITUDEの場合)
  • 乗車定員:5名

最後は、前回にも紹介したジープのレネゲード。他の車に比べるとかなり大きさは変わるが、愛らしさとたくましさを兼ね備えたサブコンパクトSUVである。最近はBMWのX1をはじめ、SUVに乗る女性も増えてきているが、レネゲードを乗っている人はまだ多くない。インテリアもお洒落さを気遣っているレネゲードは、強い女性の心を掴む一台といえるだろう。カラーバリエーションも、爽やかな色よりでなく暖色と無彩色の選択肢となっている。オフロード性能の高い車を揃えているジープなので、アウトドア好きにもおすすめだ。

どれも愛らしくておすすめ!

今回は各メーカーの中から特におすすめしたいモデルを紹介したが、本当にどれも愛らしく、一方で愛らしいだけでとどまらず、プラスαの魅力がある車たちだ。多くの女性にとってデザインはかなり気になるところで、デザインに対する付加価値も大きいと思うので、今回気になる車があったのであれば、ぜひもっとその車についてチェックしていただきたい。

女性におすすめの車、他にもいろいろあります!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー