レクサスHS(2016)試乗レビュー:日本だけで販売されているハイブリッド専用車、その実力は?

20150827_01_01_s
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2012年までは海外でも販売されていたレクサスHSだが、2013年からは日本でのみ販売となり、2015年にはマイナーチェンジも行っている。日本人の生活に合わせて進化を続けるハイブリッド専用車、レクサスHSの実力は?

レクサスHS(2016)の総評

「Harmonious Sedan」、つまり、美の調和を意識したレクサスHSはデザインもお洒落であり、そのボディスタイルはもちろん、2015年のマイナーチェンジを受けてボディカラーやインテリアカラーも実に上品なものとなっている。また、レクサス初のハイブリッド専用車として生まれたHSは2016年モデルにおいてもハイブリッドモデルのみの設定となっており、燃費も決して悪くない。一で、現在各メーカーが多くのハイブリッドモデルを生み出しているなかで、HSの燃費はハイブリッドモデルという分類においてあまり評価できない。また、落ち着きのある、快適な走りが魅力的である一方、パワー不足も否定できない。

サイズはレクサスISよりも少し大きい程度であり、日本でも使用しやすい比較的コンパクトなサイズである。思い切り走らせる車でなく、生活を豊かにする、優雅なパートナーとしてこの車を選ぶのであれば、ぜひおすすめしたい

評価ポイント

  • 広さのあるリアシート
  • 上品で造りの良いインテリア
  • 使い勝手の良い装備品

マイナスポイント

  • 多くのハイブリッドモデルと比較してあまり燃費が良い方ではない
  • 高速道路上の走りにおいては少々パワー不足

試乗レビュー

レクサスHSのパワートレインは4気筒ガソリンエンジンと二つの電力モーターからなっており、正確で滑らかさのあるモードの移行ぶりがまず魅力的に感じられた。市街地の走行は問題ない。滑らかで落ち着きのある走りは、インテリアの雰囲気を崩さない印象だった。一方で、HSは最高出力110kW、最大トルク187Nmと他のラグジュアリーセダンよ比べてパワーが少々弱め。高速道路上の走行においてはそのパワー不足が滲み出やすく、スピードを上げれば反応も鈍くなりがちだ。トランスミッションとしてはCVTを搭載している。

燃費はversionC/I/Lのすべてにおいて20.6km/L。残念ながらこの数値は、ハイブリッドモデルのなかでは決して優れた数値でない。レクサス初のハイブリッド専用モデルの肩書を持つレクサスHSの実力としては少々不服が残る。しかしながら、ラグジュアリー・ミッドサイズカー全体で考えれば決して悪い燃費でない。

走りとしては非常に快適であり、砂利道のような多少不安定な場所であっても、コーナーで角度のある場面でも、その快適な走り心地はほとんど変わらない。安定感のある走りである。ただし、ステアリングは少々鈍感さもあり、良くも悪くも安心しきっている車という印象かもしれない。

キャビンは、しっかりとした造りであり、使っている素材も一流のものだ。フロントシートはもちろん快適であり、リアシートについてもレッグルームとヘッドルームのどちらも背の高い人に対応できるような広さだ。トランクについては少々狭いものの、居住性は十分といえる。また、使い勝手の良い、ハイテク技術を存分に生かした多くの装備もHSの居住性を高めている一つの要素といえるだろう。また、ボディカラーやインテリアカラーも昨年のマイナーチェンジでより艶っぽさのある、上品なカラー多く加わり、よりデザインが美しくなっている。ちなみに、昨年の夏は特別仕様車も販売しており、中古でこういったモデルを探すのも一手かもしれない。

ライバルとなる車は?

一番のライバルは、シボレーのボルトだろう。ボルトも電力モーターとガソリンエンジンを兼ね備えたプラグインハイブリッドである。フル充電した場合の航続可能距離は約676km、燃費は45.1km/LなのでレクサスHSよりずっと燃費が良い。また、シボレーが生み出した車なだけあって、走行性能も優れている。ただし、リアシートの広さやカーゴスペースの広さはレクサスHSの方が広く、高級感もHSが上を行くので、燃費と走行性能をとるか、優雅なカーライフをとるかが判断基準となるだろう。

画像で確認

こちらは昨年販売した特別仕様車の画像だが、ぜひお洒落なデザインをこちらで確認していただきたい。

hshj1409_01_S hshj1409_02_S

こちらは現在販売されているアンバークリスタルシャインのモデル。

20150827_01_03_s

ハイブリッドモデル関連の記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー