プラグインハイブリッド新しいエコカー:BMWi3、シボレーボルト、トヨタプリウスなど比較も

2012_Toyota_Prius_Plugin_001
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

近年すっかりメジャーになったハイブリッドカーに対し、電気自動車は、高い価格や充電ステーションの問題からなかなか広がりきらない。少し前から登場しているのが、プラグインハイブリッドという選択肢。どんな特徴があるのか、現在販売されているモデルやその特徴も含めて紹介したい。

 

そもそもプラグインハイブリッドって?

プラグインハイブリッドとは、従来のハイブリッドカーとしての機能に加え、プラグを挿して充電することで電気自動車(EV)としても使えるというハイブリッドカーと電気自動車を合わせたような車だ。

電気自動車として走行できる距離は限られており、それを超えると、ガソリンを利用しながら走るハイブリッドカーとなるため、電気自動車と違って電池切れを心配しなくていい。

 

プラグインハイブリッドは得なの?

メーカーによって差はあるが、フル充電した上で電気自動車として走行できる距離は25キロ~30キロ前後。市内で止まったり、速度を調整したりするため、実際には20キロ程度だと考えるべきだろう。

たった20キロと思われる方も多いだろう。しかしながら、この20キロという走行距離はそれほど悪いものではないと言われている。

というのも、国土交通省の調査によれば日本人の半数以上は1日の平均走行距離が20キロ以下からだ。そのため、普段の運転は人並み程度、特にちょっとした買い物などが中心の女性には充分な距離だろう。

電気自動車が20キロ走るのに必要な電気代は、ハイブリッドカーがガソリンを使用する場合の約半分。電気だけで走るなら1万キロ走っておよそ3万円程度、電気自動車は得になる。

プラグインハイブリッドであっても、電気を使い尽くした後は通常のハイブリッドカーとなるため、その後の燃費はほかのハイブリッドカーと同じになる。そのため、電気だけで走る時間が長い人はプラグインハイブリッドカーのメリットが大きいが、長距離を走りそれなりにガソリンも使う人は、メリットはそれほど大きくない。

2012_Toyota_Prius_Plugin_019

プリウスのプラグインハイブリッドはどうなの?

プラグインハイブリッドの中で最も有名なのは、トヨタプリウスのプラグインハイブリッド版だろう。価格は290万~400万程度と、手が届かない価格ではない。

これで、電気自動車として走行できる距離は、最高で30キロ程度。これは、他のプラグインハイブリッドや電気自動車と比べると、あまり長いとは言えない。

ただしガソリンを使用した際の燃費は非常に良いので、そこは評価ポイントである。

ハンドリングが退屈であり、インテリアも上質さが欠けるのが残念なポイントである。

 

そのほかの選択肢は?

●シボレー ボルト
電気自動車としての走行距離がプリウスプラグインハイブリッドより長いのがポイント。またハンドリングやエンジンの反応の良さも魅力的だった。インテリアもプリウスより上質な印象を受けた。
しかしながらシートやトランクの広さという点では、プリウスのプラグインハイブリッドのほうが広々としている。

●BMW i3(写真下)
こちらは電気自動車のみで走るモデル。
標準の「コンフォート」モードでも130~160km走るため、日常のすべてを電気自動車で賄いたい人にはこちらがお勧め。シートも広々としていて心地よい。
価格が500万円前後と高いため、そこも検討ポイントの一つである。

P90129191

 

新しいテクノロジーの活用についてもっと読む

プラグインハイブリッド新しいエコカー:BMWi3、シボレーボルト、トヨタプリウスなど比較も
アウディが挑む未来の店舗の姿。「Audi VR experience」の仮想空間で、車を体感!
アウディR8(2016)レビュー:ランボルギーニの兄弟車第2世代にEVモデルも登場
カンタス航空ファーストクラスにVRヘッドガジェット:珍しいファーストクラスのサービス

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー