レクサスLS(2016)試乗レビュー:レクサスが届けるスーパーラグジュアリーカーの実力は?中古車情報も

2013_Lexus_LS_460_F_SPORT_018_45861_2524_low
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

1,000万円前後するスーパーラグジュアリーカーの中でも、日本で人気の高いレクサスLS。2016年モデルについて紹介するとともに、中古車情報も掲載したい。

レクサスLS(2016)の総評

まるで雲に乗っているような心地よい乗り心地と走りと豪華なインテリアが魅力のLSだが、速さではライバルに劣ってしまう。パフォーマンスよりも乗り心地重視の人に向いているという点は多くのレクサス車と共通している。

インフォテイメントシステムがアップデートされているといった若干の変化以外は2015年モデルと変わっていないので、1,000万円前後という比較的高価格な点を考えても中古で購入することを考えても良い車だろう。

評価ポイント

  • 落ち着きのある、穏やかな走り
  • 快適な座り心地の座席

マイナスポイント

  • 加速力がない
  • 活気に欠けるハンドリング

試乗レビューと海外評価

レクサスLS 460に搭載されているエンジンは多くの高価格ラグジュアリーカーと同じようにV型8気筒エンジンであり、十分な力を生み出してくれる。しかしながら、多くのレクサス車にみられるように、LSは加速力という点で多くのライバルに劣ってしまう。順々に加速するという雰囲気があり、とにかく車を走らせることが好きとい人にとっては少々苛立ちを覚えるかもしれない。トランスミッションは8速A/Tが標準装備されており、こちらのギアチェンジについても残念ながらゆっくりとした印象だ。なお、LSにはハイブリッドモデルも存在しており、LS 600h Lではより大型のV型8気筒エンジンと二つの電力モーターが搭載されている。トランスミッションはCVTとなっている。よりパワーが大きくなっている反面、車体重量が増している分だけ加速力はガソリンエンジンのみを搭載しているモデルに比べてさらに遅く感じられる。

燃費は、ガソリンエンジン搭載モデルで7.7-8.4km/Lとなっており、ハイブリッドモデルはすべて11.6km/Lとなっており、実はどのモデルをとってもLSはこのセグメントにおいてあまり燃費が良い方ではない。しかしながら、絹のような滑らかな走りは気持ちがよく、路面が荒い場所でもほぼ同様の走りを維持してくれる。正確なステアリングやキレの良いハンドリングは諦めなければいけないが、乗り心地の快適さは十分である。

キャビンは、クールな印象で、高級素材も使ってよく造り込まれている。フロントシートもリアシートも広さがあり、快適だ。インフォテイメントシステムはリモート式のタッチコントローラーで操作するようになっているが、少々反応が良すぎて使いにくい面があった。カーゴスペースは十分であり、ライバルと比べても広い部類に入るだろう。

居住性良し、高級感あり、落ち着いた走りをする一流の車がほしいという人には魅力的な存在だ。一方で、勢いよく走ることを楽しみたい人にはおすすめできない。また、同価格帯でより燃費が良いものも存在すると考えると、ここも購入において検討しなければいけない。基本的な実用性は十分なので、あとは燃費と走りの勢いのバランスで決めたいところだ。

“The 2016 Lexus LS 460 embodies everything you’d expect in the ultimate Lexus luxury sedan. It is whisper-quiet, well built and properly luxurious. Compared with its European counterparts, though, it’s nowhere near as quick or engaging to drive.”
(2016年モデルのレクサスLS460は、静けさや丈夫な造り、ラグジュアリー感と、レクサスのラグジュアリーセダンに人々が求めるあらゆるものを持っている。ただ、ヨーロッパの自動車メーカーのライバル車と比べると、まだまだスピード感やドライビング・ダイナミクスに欠けるものがあるね。)

中古での購入価格は?

2015年モデルだとさすがに800-1,000万円近くしているが、2014年モデルなどでは走行距離1万km程度で600-700万円程度のものも存在している。台数も十分多く扱われているので、中古での購入を検討する余地もあるだろう。

ライバルとなる車は?

  • BMWの7シリーズ
    7シリーズはキレの良いハンドリングとパワフルなターボチャージドエンジンのオプション、素早いギアチェンジをしてくれるトランスミッションと、パフォーマンス面で充実している。リアシートの広さやインフォテイメントシステムの使いやすさも魅力だ。
  • アウディのA8
    A8のなかでも、オプションや上級トリムグレードなどで選択できるV型8気筒エンジンあるいはV型12気筒エンジンは強力な加速力を実現する。A8は走り心地とスポーティなハンドリングのバランスがよくとれており、インフォテイメントシステムのタッチパッドコントローラーも使いやすい。

画像で確認

今回はLS 460 F SPORTの画像を掲載する。

2013_Lexus_LS_460_F_SPORT_015_45852_2524_low 2013_Lexus_LS_460_F_SPORT_016_45855_2524_low 2013_Lexus_LS_460_F_SPORT_017_45858_2524_low 2013_Lexus_LS_460_F_SPORT_Interior_001_45819_2524_low 2013_Lexus_LS_460_F_SPORT_Interior_003_45825_2524_low 2013_Lexus_LS_460_F_SPORT_Interior_004_45828_2524_low 2013_Lexus_LS_460_F_SPORT_Interior_005_45831_2524_low

併せて読みたい記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー