いずれクラッシックカーに?! 2016年に生産終了してしまう名車たち

DB9 GT Bond Edition Side
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

クラッシックカーというと、その名前も手伝って、もう製造されていない伝統あるクルマというイメージが強いが、昔作られたクルマなら何でもクラッシックカーになる訳ではない。今日、クラッシックカーと呼ばれているものは、製造台数が限られており、レーシングカーの流れを汲むものを指す傾向が強い。そこで今回は、2016年に製造中止されるクルマの中でも、特に上記の特徴を備えたモデルをご紹介したい。

 

ダッジ バイパー

dg017_045vp1ogr.8608a150732.h0-1024x344

V10エンジンを備えたバイパーは、他の何をおいても、とにかく速く走ることだけを考えたクルマだった。25年以上の歴史のあるクルマだが、製造された台数は3万台のみと、決して多くはない。そして、今年で販売が最後になるという。

ダッジはバイパーの最後を飾るべく台数限定の特別モデルを販売しているが、それが売り切れるのも時間の問題だろう。アメリカを代表する屈指のマッスルカー、しかも速さと希少性を備えた一台だけに、クラッシックカーとして語られること請け合いだろう。

※アメリカを代表するマッスルカーといえば?詳しく読む

 

ランドローバー ディフェンダー

rp_land_rover_d.0797c105655.h0-1024x683

ディフェンダーは、今日のクルマでは珍しい存在だ。スパナのセットさえあれば、路上で止まっても何とかなってしまうような、シンプルなエンジニアリングが特徴だ。また60年以上も同じスタイルを保っており、一目でディフェンダーだと分かるのも魅力のひとつ。

ランドローバーはヘリテージプログラムの一環として、古いディフェンダーを修復するという活動を行っている。当初は年間25台のみを予定していたが、世界中から熱心な要望が寄せられて年50台にする予定だという。

※ランドローバーで人気の中古SUVランキングを見る

 

アストンマーティン DB9

1062944_db9_gt_.5895a134705.h0-1024x767

2003年にデビューしたDB9は、そのデザイン性の高さで、クルマの世界に新たなスタンダードを築いた。特にそのエクステリアは、世界で最も優れたデザインだと、他業界も含めて高く評価されている。この月を以て、その製造は終了。

8月には後続モデルであるDB11が発売されるが、DB9は今までのアストンマーティン同様、歴史に名を残すことは間違いないだろう。

※アストンマーティンといえば。ボンドカーをまとめてチェック
 

三菱 ランサーエボリューション

2016_lancer_evo.67990153821.h0-1024x682

10代目を以てその最後と迎える、ランサーエボリューション。万が一その名を復活させるとしても、その時には「公道を走るラリーカー」ではなく、SUVとなって帰ってくるだろうと言われており、今の姿のランサーエボリューションはこれが最後になってしまいそうだ。

スバルのインプレッサ同様、ランサーエボリューションはお金で買うことができる「レーシングカー」であり、しかも手が届くクルマだ。クルマを改造してその走りを楽しみたい人に熱烈に支えられてきただけに、販売終了を惜しむ声も強い。
 

ロールスロイス ファントムクーペ

leadimage_rr_33.9d179142817.h0-1024x732

ファントムリムジンの巨大なシャシーをGTクーペに利用する。それは今思うと、何とも大胆で奇抜な選択だったが、その結果として、人目をひく素晴らしいスタイルを生み出した。

当時としては大き目のV12エンジンを搭載していたが、今やそれよりも小さくしかしパワフルなレイスがデビューしたため、ファントムクーペは静かに幕を下ろす。速く、快適で、そして驚くほどレアなモデルとして、いずれはクラッシックカーに名を連ねることだろう。

※ロールスロイスの新車レイスも要チェック
 

ポルシェ 911R

911_r_light_2_.5936e092625.h0-1024x683

ポルシェ911の中でも特にドライバーオリエンテッドなこのモデルは、予定されている製造台数の911台のうち、未だ半分程度しか、実際には世に出ていない。しかし既に、全てが予約済みといわれており、中古車マーケットでも元値の7倍の値がついていることもあるという。
※同じくポルシェの限定モデル「918スパイダー」について読む
 

 

併せて読みたい!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー