トヨタランドクルーザー(2016)試乗レビュー:オフロード性能の充実ぶりで海外でも人気!

2016_Toyota_Land_Cruiser_03_C3CAC8BBA5DA600B30D479D79AAD61D4BDE3CDD5_low
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

レクサスのLXなどは高くて手に入らなくても、元のモデルであるトヨタのランドクルーザーであればまだ手に入りやすい。高級感は確かに異なるかもしれないが、ランドクルーザーはオフロード性能十分で海外でもかなり人気の高いモデルであり、おすすめできる車だ。

ランドクルーザー(2016)の総評

レクサスのLXだけでなく、最近はベンツのGLSクラスやアウディのQ7ボルボのXC90など3列シーターの大型ラグジュアリーSUVが数多く存在する。これらの車に比べると、ランドクルーザーはかなり安い分類に入る。それでも、ランドクルーザーは海外で大型ラグジュアリーSUVとしてかなり高い評価を受けている。

パワフルなV型8気筒エンジンを持っているということだけでなく、ランドクルーザーは一部のSUVにしか見られないレベルの、すばらしいオフロード性能を有している。また、キャビンもよく造り込まれており、高い信頼性も評価されている。こういった点でランドクルーザーを気に入っている海外ユーザーはかなり存在するのだ。

しかしながら、ランドクルーザーは大型のラグジュアリーSUVの中ではかなり燃費が悪い分類に入る。多くの車が燃費の良さで競い合っている近年において、この車の燃費の悪さは大きな欠点といえるだろう。また、ライバルと比べてカーゴスペースが広くない点も欠点といえる。

ラグジュアリーSUVに分類されている車だが、実際のラグジュアリー感はさすがに1,000万円前後するライバルたちと違う。あとはオフロード性能やパワフルなエンジン性能にどれだけの価値を生むか、そして燃費や高級感をどれだけ妥協するかといったところだろう。

評価ポイント

  • 多くのライバルと比べても極めて優れたオフロード性能
  • パワーあふれるV型8気筒エンジン(ランドクルーザープラドは4気筒エンジン搭載なので注意)
  • 信頼性の高さ

マイナスポイント

  • 燃費が悪い
  • ライバルに比べてカーゴスペースが狭い

試乗レビュー

日本で販売されているランドクルーザーは5.7リッターV型8気筒エンジンを搭載(ランドクルーザープラドは直列4気筒エンジンを搭載)しており、381馬力という十分なパワーと勢いある加速力を持っている。トランスミッションは現在6速A/Tを採用しているが、海外モデルでは8速A/Tが採用されるようになった。ギアチェンジは滑らかで正確だ。

パワーと加速力はあるものの、走ってみてすぐ気になるのはその燃費の悪さだろう。ガソリンメーターの指標の下がり方が激しく、思わずがっかりしてしまうところはある。燃費は6.7-6.9km/Lである。また、車体重量が重いので、俊敏な動きをする訳でもなく、特にオンロードでは面白みを感じない時もあるかもしれない。

それでもランドクルーザーはその外見に反して固くない、むしろやわらかい乗り心地である。それでもオフロードではそのやわらかい乗り心地に多少影響が出てしまうものの、ステアリングも鋭く、心地が良く、大型車でありながら運転しやすい。

ランドクルーザー最大の魅力は、そのオフロード性能である。四輪駆動方式の採用や調節が可能なサスペンションをはじめとしてオフロード性能を高めるための装備がかなり充実しており、オフロードでの走行はかなり安定している。泥沼での走行や凹凸のある坂道、岩場などでもランドクルーザーを相棒にして走れば安心であり、ランドクルーザーはその要望に応えてくれる。また、ランドクルーザーはドライビングダイナミクスをその状況に応じて当節できるマルチテレインセレクトシステムも搭載しており、ドライバーがハンドル操作に集中できるようブレーキのかかり方などを調整してくれるようになている。

多くの大型ラグジュアリーSUVといわれる車が1,000万円前後なのに対してランドクルーザーは430-700万円近く程度の価格となっており、その価格差は大きい。その1,000万円前後の車に比べれば、ランドクルーザーは確かに安っぽく感じられるかもしれない。しかしながら、ランドクルーザー単体で見るならば、そのキャビンは決してトヨタに乗っているという印象を持たせない。どちらかといえば、レクサスに乗っているのではと思うほどである。レザーシートが標準装備されており、ステアリングヒーターなども装備されている。ステアリングホイールは快適なドライビングポジションを定めるときなどによく役立っている。

2列目もヒーターがしっかり入っており、1列目と同様に寒い日の朝などでもあたたかくしていることができる。また、2列目は十分な広さがあり、シートはスライドもリクライニングも可能である。3列目も頭上の広さは十分だが足元に関してはそこまで広くないので子どもを乗せるのに便利というぐらいだろう。

カーゴスペースは、大型SUVというだけあって、多くの人が求める容量は持っている。3列目をカーゴスペースの一部として用いるならば、そのスペースはさらに広がる。しかしながら、大型ラグジュアリーSUVの中では広い方ではない。

価格とトリムグレードは約473万円で販売されているGX、約514万円で販売されているAX、約585万円で販売されているAX Gセレクション、約683万円で販売されているZXに、先月末からは特別仕様車のZX G-FRONTIERがある。

ライバルとなる車は?

  • ランドローバーのレンジローバー
    大型ラグジュアリーSUVのセグメントにおいては最もオフロード性能の高い車といえるだろう。四輪駆動方式を採用しているレンジローバーはどんな道であってもその走りに迷いがなく、状況に合わせた走行が可能だ。エンジンは比較的燃費の良いV型6気筒エンジンからスーパーチャージドV型8気筒エンジンまでと選択肢も豊富であり、選択肢が広いという点でも選びやすい。
    中に入っても上品なキャビンがお迎えしてくれる。3列でなく2列という点で大人数は乗れないが、少人数で広いスペースを使うので十分くつろぐこともできる。
    価格はランドクルーザーよりずっと高くなるが、維持費なども考えれば決してランドクルーザーより高すぎる買い物ということもない。おすすめの一台といえる。
  • キャデラックのエスカレード
    アメリカ車のキャデラックのエスカレードも価格は高いが、キャビンの高級感がとても優れており、モダンなスタイリングも人々に人気である。フロントシートの快適な乗り心地も良い。2列目が広く、3列目がやや狭いのはランドクルーザーと同じである。ランドクルーザーより燃費も良く、それでいてランドクルーザーよりパワフルな点も魅力的だろう。

画像で確認

2016_Toyota_Land_Cruiser_10_EE1C94E526F9495E7DEBCAE95E9086EB9C9E524A_low

2016_Toyota_Land_Cruiser_11_F4FD74D53D69842A5D1C6165B047D6570325F6C0_low

2016_Toyota_Land_Cruiser_12_49DAADCC76D8EEDFCB789EF70B6326F9FC21AF6C_low

2016_Toyota_Land_Cruiser_01_830113BAA23AC24F3959EB776266687D89C6CA2C_low

2016_Toyota_Land_Cruiser_02_61F2E2588578FEDE9ED03FB038C09D145F4E4BA8_low

2016_Toyota_Land_Cruiser_04_E51079D19C2B1D96F941914931AE82555178A195_low

2016_Toyota_Land_Cruiser_05_0F711D5C2F4F755078EE124964B659FCE923DDBA_low

2016_Toyota_Land_Cruiser_06_6CBEA7F24F4EB1563D574C8B35EE95C697DD164C_low

2016_Toyota_Land_Cruiser_07_5C6AE462426A7A5070DAB28AEB57E0FD8A96DBF4_low

2016_Toyota_Land_Cruiser_08_C34AE8AA11B0D60A76593F0B72684D192F38F7EE_low

2016_Toyota_Land_Cruiser_09_FF065E5B2D80BC77F8667E42638600657ECCB2E9_low

SUV関連の記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー