BMW X4(2017)試乗レビュー:大きさ、乗り心地、燃費は?Mパッケージの選択肢も

p90167515_lowres_bmw-x4-with-m-perfor
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

BMWのXシリーズというと、日本ではX1X3が圧倒的に人気であり、X4はあまり見られない。さて、そのX4の実力はどのようなものだろうか。

BMW X4(2017)の総評

2017年モデルのX4はパワーのあるエンジンオプションとスポーティなドライビング・ダイナミクスが魅力であり、ラグジュアリー・コンパクトSUVの中では十分なパフォーマンスを見せてくれる車といえる。しかしながら、同じような価格でインテリアやカーゴスペースがもっと充実している車もあれば、もっとパフォーマンスに優れている車もあり、ダントツに優れている部分がないのも事実だ。また、ほぼ700万円台とラグジュアリーカーの中では決してエントリーレベルの車といえず、やや手が届きにくいというのも数が少ない理由の一つだろう。

評価ポイント

  • パワーのあるエンジン
  • 使いやすいインフォテイメントシステム
  • 正確さのあるステアリング

マイナスポイント

  • 狭いリアシート
  • あまり広くないカーゴスペース

試乗レビュー

ベースエンジンは直列4気筒エンジンを搭載しているX4。X1やX3よりサイズが大きい分だけ期待が高まるあまり、またBMWだからと期待しているあまり、乗ってみるとベースエンジンはどこか物足りない印象を受けてしまうかもしれない。しかしながら、上級のトリムグレードには6気筒エンジンを搭載モデルが存在し、またM Sportパッケージも存在する。こういったモデルを選ぶことで十分なパワー得ることも可能だ。

アジリティに挑戦しているような、ダイナミックなドライビング・ダイナミクスを実現している一方、X4はコーナーでの曲がり具合が落ち着いており、安定した走りを見せてくれる。ベースモデルのxDrive28iは特に快適な乗り心地を実現している。しかしながら、他のモデルも、曲がりくねった道でも十分落ち着きのある走りをする。良く言えば、スポーティな動きも落ち着いた走りもするバランスのとれた車であり、悪く言えば、中途半端な面がある。

多くのSUVと同じように、X4のインテリアはハンサムであり、しっかりとした造りと素材の質が確保されている。標準装備となっているiDriveシステムは使い勝手がよく、反応も良い。

フロントシートは広くて余裕がある。一方で、リアシートはかなり狭い。これはX1やX3と比べて大きくなっているにも関わらず、非常に残念な点だ。クッション性の低い座席は膝を痛めやすく、またあまり高さのないルーフラインにより頭上も制限がある。出入りがしにくいというのも、リアシートにおける大きな欠点である。子どもを連れての利用など、リアシートに余裕がほしいのであれば他の車を選んだ方が良いだろう。

700万円台(実際は、ベースモデルの販売価格が699万円~)と、販売価格がこのセグメントにおいてかなり高い分類に入るX4だが、より低い価格や同価格帯の車には同程度の、あるいはさらにすばらしい長所を持った車も存在している。そういった意味では、X4はあまりおすすめできる車でない。もしもドライビング・ダイナミクスを維持しつつもX4に欠ける実用性を求めたいのであれば、X3にするという手段もある。実は、X3はそこまでサイズも大きく変わらず、それでいてカーゴスペースや座席が広めにとられている。

ライバルとなる車は?

  • ポルシェのマカン
    パワフルなエンジンと素早い加速ぶり、スポーツカーのようなハンドリングと、ラグジュアリー・コンパクトSUVの中ではトップパフォーマンスを見せる、まさに申し分のない車だ。マカンのベースエンジンはX4のベースエンジンより力もあり、アップグレードモデルもX4のそれを上回る。マカンの7速A/Tはギアチェンジも滑らかであり、マカンのドライビング・エクスペリエンスをさらに高めてくれている。
    マカンそのものは快適さよりもスポーティさを追求しているところがあるので、快適さを選ぶのであればX4、よりスポーティな走りを求めるのであればマカンを選ぶと良いだろう。価格は同じ600万円台であり、ほとんど差がない程度である。
  • ボルボのXC60
    インテリアの快適さが優れているボルボのXC60。フロントシートは特に安定感抜群であり、リアシートについてもこのセグメントにおいては最も広い座席を持つ車の一つといえるだろう。長距離運転にも向いている。また、XC60はファミリー層もよく意識しており、2列目に特別なチャイルドシートを設置することができる。カーゴスペースも同セグメントにおいて最大容量といえる、十分な広さを持つ。お洒落なスタイリングと高級感ある素材、それに数あるハイテク装備で、XC60は、快適さにおいてまさに乗って満足できる車だろう。
    エンジンは三段階の選択肢があり、どれも強い加速力を持つ。また、燃費がX4より良い点や価格がX4より安い点も魅力だろう。コーナーでも落ち着いた走りをするので、X4よりももっと快適さや落ち着きを求める人におすすめの一台だ。

画像で確認 M Sportパッケージ

M Sportパッケージはその名の通り、デザインもスポーティに、そしてお洒落に工夫されている。

p90167524_lowres_bmw-x4-with-m-perfor p90167518_lowres_bmw-x4-with-m-perfor p90167521_lowres_bmw-x4-with-m-perfor p90167527_lowres_bmw-x4-with-m-perfor p90167528_lowres_bmw-x4-with-m-perfor

関連エントリー