マツダ新型CX-3レビュー:2016年モデルコンパクトSUVの試乗・スペック・口コミ

mazda cs-3 2016 model
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2016年モデルのマツダ新型CX-3。
コンパクトSUVとして総合バランスの良さが魅力的な車だ。今回はオーストラリアから試乗レポートをご紹介しよう。

新型CX-3 評価ポイント

  • コンパクトなわりに余裕がある室内とラゲッジスペース
  • ハイウェイでも未舗装路でも乗り心地が良い
  • とても燃費が良い

マイナスポイント

  • 出足の加速感は鋭くない
  • メーター類が小振りでやや見辛いかも知れない

2016年モデルCX-3 総評と、個別性能

cx-3-front

マツダの新型CX-3はスタイルが良くて人気が高い。
駆動方式はFFとAWDがあり、雪道やオフロードを走るドライバーは迷わずAWDを選ぶだろう

価格は、ガソリンエンジン、マニュアルミッション、FF駆動、基本トリム の組み合わせで約150万円から、
ディーゼルターボ、オートマチック、AWD、豪華トリム の組み合わせで約290万円までと、倍近い開きがある。

デザイン

世界中でマツダの「鼓動」デザインは好評で販売の追風になっていて、CX-3にもそれが当てはまっている。
男前なグリル、ほど良い車高、そして引き締まったスタイルだ。
リヤエンドは若干傾斜していて、かさばる大物を積むのは少し難しいかもしれない。

メータークラスタの中央には丸いメーターが居座り、その左右に四角いディスプレイが並ぶのは個性的なデザインだが、視認性にはあまり貢献できていない感じだ。
上級グレードはヘッドアップディスプレイ付きで、視線移動が少なくて済むので快適だ。

インフォテーメント

cx-3-inner

7インチスクリーン、 GPSナビ、 音声操作、 テキスト読み上げ、 ブルートゥース、 インターネット、 スマホ接続アプリなど

パワートレイン

エンジンはガソリンかディーゼル、トランスミッションは6速ATか6速マニュアルから選べる。ただし6速マニュアルを選ぶとガソリンとFF駆動との組み合わせのみになる。

  • 4気筒2Lガソリンエンジン: 出力 109 kW、 トルク 192 Nm
  • 4気筒1.5Lディーゼルターボ: 出力 77 kW、 トルク 270 Nm

安全装備

ABS、 ブレーキアシスト、 自動ブレーキ、 急ブレーキ・ハザード点滅、 トラクション・コントロール、 スタビリティ・コントロール、 車線逸脱警報、 リヤ・クロス・トラフィック警報、 リヤカメラ、 死角モニタ、 駐車センサなど

試乗車スペック

  • サイズ: 全長4275mm、 全幅1765mm、 全高1550mm
  • パワートレイン: 4気筒1.5Lディーゼルターボ(77kW、270Nm)、6速AT、AWD
  • 実用燃費: 19.6 km/L
  • 衝突安全性: ☆☆☆☆☆
  • 乗員: 5名
  • 保証期間: 3年
  • 価格:約260万円

試乗フィーリング

試乗はディーゼルターボ、6速AT、AWDの仕様で実施した。いかにもSUVらしく、一般的なハッチバック車と比べて頭上には余裕があり、乗り降りがしやすかった。
足元の広さはまあまあだが、リヤシートは大柄な人が座るとやや余裕は少ない感じだった。

ラゲッジスペースは容量があり、小物を分類して収納できる仕切り付きの二重底もオプションで用意されていて、これは優れものだった。

舗装路でのドライブは、ハイウェイも含めて静粛で滑らかな乗り心地だった。
そのうえ、並のコンパクトSUVでは手強い田舎道でも快適だった。

ターボ付きだが排気量は小さいので急発進、一瞬の追い越し、側道から本線への合流などはあまり得意ではなかった。
一方、ターボが効き始めるとその大きなトルクと変速が機敏な6速ATの相性は良く、登坂や穏やかな追い越しは楽に行なえた。

燃費はハイウェイで20 km/L以上、市街地でも14~20 km/Lぐらい走れた。

世界中でSUVの販売が目覚ましく伸びているのと歩調を合わせるように、海外でもマツダの新型CX-3は良く見かけるようになったが、ディーゼルターボはその中では5%しか含まれていない。
しかし今回の試乗で、ディーゼルターボも購入候補から外せないと思うようになった。

レビュー動画/海外口コミ

試乗レポートはディーゼル仕様であるが、動画はガソリン仕様をご覧頂こう。

I love the Mazda and their design. I love this car’S design and interior and just overall fun feel.
(マツダのデザインは好きだ。この車はスタイルもインテリアも何もかも気に入った。

The front looks okay but the back looks like a 70 year old grandma would drive it. They’re not really a hatchback but not really an SUV. And it looks very feminine too.
(フロントは若々しいけど、リヤはお婆さん向きの車っぽい。一般的なハッチバック車ではないけど、本格的なSUVでもない。そしてかなり女性的に見える。)

マツダやコンパクトSUVのレビューをさらにチェック!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー