ポルシェ マカンvs.ジャガー F-PACE:ハイパフォーマンスSUV対決を制するのは?

2015_Porsche_Macan_33.jpg
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ポルシェのマカンとジャガーのSUV。どちらも販売開始前から話題となり、実際の販売が始まってからも、ハイパフォーマンスであることから評価が高い車である。さて、そのSUV対決を制するのは、どちら?

概要

<ポルシェのマカン>

2016_Porsche_Macan_640x420

  • 新車価格:685万円~
  • サイズ :全長4,680mm×全幅1,925mm×全高1,625mm
  • 燃  費:13.0km/L(ベースモデルマカンの場合)

2015年に登場したマカンは、都市的でユニークなデザイン、ポルシェにして600万円台という低価格、そしてパフォーマンスについても妥協していない点などが評価され、販売開始直後から大いなる人気を得た。今月発表されたアメリカ国内におけるポルシェの売り上げに関するデータでも、マカンは売上堂々第一位を記録している。

<ジャガーのF-PACE>

JagFPACEDrivesCaesiumBlueFirstEdition28041613-resize-1024x683

  • 新車価格:639万円~
  • サイズ :全長4,740mm×全幅1,935mm×全高1,665mm
  • 燃  費:15.8km/L(ベースモデル、ディーゼルエンジンの場合)

F-PACEの登場も人々を驚愕させるものだった。昨年のフランクフルトモーターショーで初のお披露目となったF-PACEは、ギネス記録となる最大径の360度ループ走行を実現したジャガー初のSUVとしても大きな注目を浴びたが、販売開始から早速世界中のレビューで高評価がつけられており、その実力が証明されてきている。

搭載エンジンとパワー

マカンもF-PACEも、ベースモデルの搭載エンジンは4気筒エンジンとなっている。

マカンのベースモデルの最高出力が185kW、最大トルクが370Nmなのに対して、F-PACEの最高出力は180kW、最大トルクは430Nmとなっている。パワーはかなり近いものがあるが、最高出力においてはわずかにマカンが上回っている。最大トルクはF-PACEが上回るものの、マカンの方がF-PACEよりも小型で車体重量も軽いことを思えば、特別にF-PACEが有利だとは言い難いところがある。

それぞれに上級のトリムグレードの設定も存在する。

マカンはベースモデルのマカンの他にマカンS、マカンGTS、マカンターボ、マカンターボパフォーマンスと5段階でのモデル展開となっている。マカンターボは1,066万円と1,000万円を超える高価格になり、マカンターボパフォーマンスについては価格設定が未定となっているが、0-100km/h加速に要する時間は5秒以下となっており、最高出力は324kWとなっている。

F-PACEは、根本的にディーゼルエンジンを基本的な搭載エンジンとしているが、同じ4気筒ディーゼルエンジン搭載モデルでパッケージの異なるものが3種類、それに上級トリムグレードとして3.0リッターV型6気筒ガソリンエンジン搭載モデルも存在している。こちらの最高出力は340kWとなっており、実はマカンよりもハイパワーなモデルとなっている。価格も849万円~とマカンターボパフォーマンスより低価格だ。

このように考えると、ベースモデルでパワー勝負をしようと思えばマカンの方が優勢であるものの、上級トリムグレードを購入するのであればF-PACEに軍配が上がりそうだ。

スピード

スピードは、全体的にマカンの方が上手となる。何せ、サイズと車体重量が両者では異なる。

サイズが小さい分だけ、マカンの方が車体重量も軽く、加速力がある。ベースモデルのマカンは0-100km/h加速に要する時間が6.7秒であり、最高速度は229km/hである。一方、F-PACEは0-100km/h加速に要する時間が8.7秒と2秒も差が出る。最高速度も208km/hと、マカンとは20km/hの差が存在する。

上級トリムグレードになったところでこの加速力や最高速度における差は存在しており、スピードという点では言い訳のしようもなく、マカンが勝利する。

走りの印象

走りはどちらも本当に高い評価を得ており、SUVとは思えないほどのスポーティさを持っている。

パワーも十分、加速力も多少の差はあるものの、どちらも速い。ハンドリングも俊敏で、それでいてぶれない。数あるSUVのなかでここまでスポーツカーに近い走りをするのは、ポルシェのマカンとカイエン、そしてこのF-PACEぐらいだろう。

小さく、軽い分だけマカンの方がより軽快な走りをする一方、F-PACEは凹凸のある道や泥沼など安定しない環境でも落ち着いた走りをする。

エクステリア

エクステリアの雰囲気は両者でずいぶんと異なる。

マカンはコンパクトで丸みを帯びたスタイリングとなっており、まさに都市型のスタイリングといえる。日本の道路交通状況でも十分に対応しやすい点が長所だろう。

一方、F-PACEは丸みがなく、比較的頑丈そうな印象を受けるスタイリングをしている。実際、オフロード性能も兼ね備えており、都市部での走行はマカンより劣るものの、自然のなかでの走行はこちらの方が向いているだろう。

インテリア

インテリアは、マカンの方が高級感のある雰囲気を持っている。

実際には、マカンは高級感とスポーティさを上手く融合している印象である。これに比べると、ジャガーも決して質素ではないが、簡素に見える部分もあるかもしれない。

しかし、広さは圧倒的にF-PACEの方が上手だ。マカンはリアシート部分が少々狭いが、F-PACEは全体的に広さが十分にとられている。

総評

ハイパフォーマンスである点はどちらも変わらず、より軽快な走りを求めたり、都市部での利用を意識するならばマカン、オフロード性能や丈夫な造りを求めるならばF-PACEといったところだろう。あとは、ガソリンエンジンかディーゼルエンジンのどちらを選ぶか、どれほどの予算で、あるいはどれほどのトリムグレードのものを購入したいかによって選択すべきだろう。

おすすめの記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー