メルセデス・ベンツCクラス(2017)レビュー:安定した人気車にプラグインハイブリッドモデルも導入

16C133_13
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ベンツの総売り上げ台数の1/4を占めるとされているCクラスは、まさに世界的に安定した、そして絶大なる人気を誇る車の一つだ。2017年モデルではプラグインハイブリッドモデルも導入される。

メルセデス・ベンツCクラス(2017)の総評

高級感たっぷりのインテリアにパワフルなエンジンラインナップ、そして滑らかな乗り心地が魅力のベンツCクラス。まさにこのセグメントを代表する、高級感と使い勝手の良さを兼ね備えたラグジュアリーカーである。一方で、インフォテイメントシステムの使いにくさなど課題も残っている。

2017年モデルからはプラグインハイブリッドモデルが販売開始となり、カブリオレにおいても新たなモデルが展開された。まだ課題が残っている一方で、車の形からエンジンのラインナップまで選択肢が広く、多くの人のニーズにも応えられている車でもある。

評価ポイント

  • パワフルなエンジンラインナップ
  • 柔らかさのある、安定した走り
  • 優雅な雰囲気のキャビン

マイナスポイント

  • 少々使いにくさを感じるインフォテイメントシステム
  • あまり広さが確保できていないリアシート

試乗レビュー

まず、そのキャビンを褒めたい。キャビンは実に美しいデザインをしており、一流の素材で造られている。このセグメントにおけるインテリアの品質の高さではアウディA4が最高だともいわれるが、Cクラスも、このセグメント一の品質の高さと言えるかもしれない

フロントシートは広々としていて安定感があり、シートの調整も十分に可能であることから快適なドライビングポジションを見つけることも容易い。ただし、リアシートはそこまで広々としていない。また、クーペやコンバーチブルのモデルについてもこの点は同様であり、大人が乗るには残念ながら少々窮屈に感じてしまう。トランクスペースは、セダンについては平均的な容量を備えている。

ここまでくると、広さの問題が一方的に気になってしまうかもしれないが、それでも長年世界的な人気を誇っているモデルだ。欠点ばかりではない。先に述べた通り、インテリアは実に上質であり、フロントシートは快適であり、そして標準装備も豊富な車だ。ラグジュアリーカーでごく当たり前に装備されているものはもちろん、スマートフォンとの連携機能なども備えている。

Cクラスは標準装備としてタッチパッド式のコントローラーも備えている。手書き認識機能を持っているこのコントローラーは、確かに住所などの入力も簡単だ。使いやすさもある。しかしながら、位置がちょうどアームレストの前にあり、意図しないタッチ操作が生じてしまいやすいという欠点もある。

上質ながらも課題もいくつか見られるCクラスのインテリアだが、パフォーマンスに関しては多くのニーズに応えられる仕組みになっている。まず嬉しいのは豊富なエンジンの選択肢があること。ベースモデルのCクラスに搭載されているのはターボチャージャー付き4気筒エンジンで、このエンジンでも多くのドライバーが望むだけのパワーが発揮できる。しかも、燃費も17.3km/Lと優秀だ。

価格がかなり上がってしまい、燃費も悪くなってしまうものの、AMGモデルはツインターボチャージャー付きV型6気筒エンジンやツインターボチャージャー付きV型8気筒エンジンを搭載しており、パワーとと加速力が一気に増す。C63に関しては450馬力ものパワーを生み出し、0-100km/h加速に要する時間も4秒程度である。一方で、2017年モデルからはプラグインハイブリッドモデルが正式に販売開始となり、燃費を特に重視したい人にとっては嬉しい選択肢が増えた。燃費とパワーのバランスを考えて幅広い選択肢から選べる点が、ベンツCクラスの大きな魅力の一つだ。

Cクラスはスポーツカーとして生み出された車ではないので、キャデラックATSやBMW3シリーズのようなたくましい走りはしないが、コーナーでも安定したステアリングを生かして落ち着きのある走りをしてくれる。また、Cクラスが誇っているのはやわらかい乗り心地であり、どういったコンディションにおいても滑らかな走りをしてくれる。さらにドライバーの求める走りを実現するべく4つの走行モードを選択することもできる。こういった意味で、Cクラスはかなり安定した万能型の車といえる。

ライバルとなる車は?

  • アウディのA4
    ベンツと同じくオールラウンダーといえる万能型の車であるアウディA4。乗り心地は快適で、スポーティなスタイリングの期待通りといえるキレの良いハンドリングも嬉しい。キャビンの質の高さはセグメント一とも言われる。広々としたフロントシートは長距離運転にも向くだろう。そしてA4はリアシートも広く、信頼性が高い点でファミリー層にもおすすめできる車だ。
  • BMWの3シリーズ
    Cクラスよりも安い価格から販売していながら、Cクラスよりもよりたくましい走りをする点が最大の魅力といえるBMW3シリーズ。エンジンはCクラス同様にエンジンオプションが豊富であり、燃費の良い4気筒エンジンからパワフルなターボチャージャー付きV型6気筒エンジンまで存在する。また、ハイパフォーマンスモデルのM3についても忘れてはいけない。どのエンジンが搭載されているモデルを選んでも、3シリーズは適度なオフロード性能も備えており、滑らかな走りをしてくれる。

画像で確認

13C1251_02 13A876 13A877

おすすめの記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー