2016年モデル 新型レクサスRX200t試乗レビュー:評価ポイントは?スペックは?

2016 lexus rx200t front
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ダウンサイジングターボ化は欧州メーカーが先行していたが、レクサスも本格的に取り組むようになってきている。
今回はSUVのRX200tのニューモデルを試乗してみた。

新型レクサスRX 評価ポイント

  • レクサスならではの高品質および洗練された仕上がり
  • 大人5人がゆったり座れる
  • 非常に良い乗り心地

マイナスポイント

  • おとなしい走りには、物足りなさを感じる人もいるかもしれない。

RX200t 総評

以前のレクサスは成功した歴史を刻んできた割には可も不可もない印象であったが、最近は個性が目立ってきた。

rx1

小型SUVの新型NXがスポーティなデザインに振ってきたので、新型RXにも期待していたら、これも思い切ったスタイリングで姿を現した。

エクステリア

砂時計のような形の新型スピンドルグリルは食い付いてきそうな迫力があり、バックミラー越しに見てもレクサスだとすぐに分かる。
若いユーザーには好まれそうだ。

視線をフロントからサイドに移動すると、刀剣を思わせるようなシャープなキャラクターラインが加わった。 フロントグリルにはクロームメッキの縁取りが付き、フェンダーアーチにはグレーの樹脂カバーが付いて、格段にファッショナブルになった。

インテリア

蒸れないベンチレーテッド・シートは快適であり、リヤシートのリクライニングはパワーアジャストが付いているので簡単に調整できる。
本革の表皮は柔らかくて心地良い。

車内は非常に静かで、足元はフラットフロアですっきりしていて、頭上にも余裕がある。
父親一人だけが気に入る車ではなくて、母親や子供も満足する家族思いの車だ。

装備も充実している。 12.3インチスクリーンやヘッドアップディスプレイも用意されている。
インフォテーメントは操作し易いが、ヘッドアップディスプレイは陽射しが入ると見えにくくなることがあるので、輝度はもう少し明るい方が良いと感じた。

レーザーで切断加工している木目パネルは寸分の狂いもなく、パネル以外は隅々までソフトな材質で覆われている。
ドイツ車ではありがちなわずかな建付のずれもレクサスではまず見つからない。

試乗フィーリング

乗り心地はいかにもレクサスらしく最高だった。 市街路、高速路、混雑路と立て続けに3時間以上、休みなく走り続けても快適に過ごせた。
しかし、ほとんど完全無欠と思えるこの車も欠点が全然ないわけではなく、走りはダイナミックさがなかった。

小柄なNX200tを気持ち良く走らせる2リッター・ターボエンジンは、従来の3.5リッター無過給エンジンよりも優れているが、それでもRX200tには少し力不足だった。
組み合わされた6速ATは最適なギヤ段に素早く変速するので好印象だったが、燃費性能が向上する8速ATでなかったのは少し残念だった。

車体が重くて重心が高いので、素早くレーンチェンジしようとするとロールが大きくて持て余す感じで、BMWのような人車一体の「駆け抜ける喜び」とは無縁だった。

そうはいっても、レクサスRX200tのユーザーは BMW 335i のユーザーのように車線変更と追い越しを繰り返すような運転はしないだろう。

RX200tは大人5人がくつろいで座れるうえに品質・信頼性・仕上げが素晴らしいので、普段使いでジェントルに走るユーザーには他のどんなSUVよりもお勧めだ。

レビュー動画/海外口コミ

It looks bloody beautiful!
(すげーかっこいい)

Really don’t understand Toyota’s (which includes Lexus’) design language lately. Toyota and Lexus used to be very cautious when it came to styling, but lately, it’s like a 70-year old trying too hard to look hip but falls apart.
(最近のトヨタやレクサスのデザインは意味不明。 以前は堅実だったのに最近は 1970年代のコンセプトカー のようにやり過ぎて破綻してる。)

Lexusや競合SUVモデルのレビューをさらにチェック!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー