キャデラックATS(2017)試乗レビュー:ハンドリングのキレ抜群!アメ車の高級小型セダン

cq5dam-web-1280-1280atsse3
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

スポーティさを兼ね備えた高級セダンを生み出したい。そんな思いから生まれたキャデラックのATS。小型セダンながらも、その威厳ある雰囲気は健在だ。

キャデラックATS(2017)の総評

小型セダンのなかでは少々価格が高い分類に入るかもしれないATS。日本での新車価格はATSセダンで514万円からであり、安くはないものの、最も価格の高い分類に入るものでもない。

海外ではモデル展開が多いものの、日本ではモデル展開がかなり限られており、例えばセダンなら実がほぼ変わらず、パッケージとして変化があるだけのラグジュアリーとプレミアム、それに上級モデルはVシリーズ(ATS-V)しか展開がない。その中でVシリーズは、かなりの実力の持ち主であり、他のモデルと圧倒的な差別化ができているが、価格も圧倒的に高い。基本的な選択肢が狭いのは少々残念な点だ。

価格の割に課題が多いのではと感じる面もあり、何が何でものおすすめはできないが、アメ車独特の重厚感や威厳ある雰囲気、キレの良いハンドリングを求める人、実用性はあまり気にしないで見た目から入りたいという人にはおすすめできる車といえる。

評価ポイント

  • 小型セダンながらもV型6気筒エンジンモデルが存在
  • ハンドリングのキレは抜群に良い
  • ドライバー・アシスタント機能が豊富

マイナスポイント

  • 燃費はあまり良くない
  • トランクが狭い
  • セダンもクーペも後部座席が狭い

試乗レビュー

日本で販売されているキャデラックATSの搭載エンジンは、ベースモデルが直列4気筒ターボチャージャー付きエンジン。多くのライバルに比べると優秀だが、それでも限界に挑もうとすれば、当然物足りなさが出てくる。また、燃費がかなり良くないのもATSの欠点である。キャデラックATSベースモデルの燃費は11.8km/Lであり、これに対して、例えばベンツCクラスのベースモデルであればその燃費は17.3km/Lにもなる。他にも、レクサスRCアウディA3といったライバルを考えた時に、この燃費の悪さは痛手だろう。確かに生み出すパワー、力強さはATSの方が上回るのだが、維持費は高くなりそうだ。

価格がうんと上がってしまうが、上級モデルのATS-Vはツインターボチャージャー付きV型6気筒エンジンを搭載しており、464馬力もの力を生み出す。その心地よい加速力、力強さはシチュエーションに関係なく、ペダルを踏むたびにドライバーを満足させるものだろう。何せ0-100km/h加速に要する時間が4秒を切るようなパワーの持ち主だ。ただし、ここまでくると、本当に車が好きで、維持費問わずパワー重視の人にしか向かないことも確かだ。

維持費がかかり、ベースモデルでは少々パワーの足りなさを感じてしまうこともあるATSだが、スポーティな走りという点ではかなり優秀だ。日本では特に、スポーティな小型セダンといえばBMWに飛びつく人が多いだろう。特に、3シリーズや4シリーズが人気だ。しかし、ATSもパフォーマンスではこれらの車に負けない。キレの良い、鋭いハンドリングはどんな道でも柔軟に対応してくれる。また、正確さのあるステアリングと力強いブレーキも、コーナーでの走行を十分に助けてくれ、自信を持った運転を実現してくれる

駆動方式は、標準装備では後輪駆動方式となっているが、悪天候においても十分なロードグリップを効かせたいなどあれば、四輪駆動方式に変更することも可能である。また、パフォーマンス重視か快適さ重視か選びたい場合にも、マグネティック・ライドコントロールをオプションで選択することができ、乗車中のサスペンションの調整が可能となる。

インテリアは高級素材を使っており、印象の良い空間となっているが、特別な広さはない。フロントシートは十分な広さがある一方で、サンルーフが頭上までかかっているのが少々気になった。リアシートは、残念ながら狭い。クーペモデルならライバルでも当たり前のように起こることだが、ATSの場合はセダンのリアシートまでもが狭い。

リアシートと同様に狭いのがトランク。トランクはこのセグメントの中でも最も狭い分類になってしまうかもしれない。車内にそういった不自由な点があるからこそ、スタイリングが威厳ある雰囲気を保てるのかもしれないが、トランクへの期待は本当にできない。

実用性はかなり低いものの、キャデラックの外観は他の車にない魅力であり、スポーティな走りも印象が良い。これらの条件に魅力を感じる人に、ぜひ購入してもらいたい車だ。

ライバルとなる車は?

  • アウディのA4
    特別な欠点が少ないアウディA4。乗り心地は快適であり、スポーティな走りもすればハンドリングのキレも良い。加速力も良く、ハイパフォーマンスモデルのS4はより機敏な動きをする。定評のあるキャビンは品質が特に高い。リアシートも広く、信頼性もこのセグメントにおいては高い評価を得ている。
  • BMWの3シリーズ
    このセグメントにおいては最もスポーティな走りをする車の一つといえるだろう。海外で販売されているATS同様、エンジンラインナップが豊富である。また、燃費がATSより良く、パワーもある程度出るモデルなどもBMWには存在する。ハイパフォーマンスモデルにはM3も存在する。ディーゼルエンジンで特別燃費の良いものも存在し、キャビンもスマートなデザインとなっている。

画像で確認

cq5dam-web-1280-1280atsse1 cq5dam-web-1280-1280atsse2 cq5dam-web-1280-1280atsv cq5dam-web-1280-1280atsv2

おすすめの記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー