2016年アウディRS7パフォーマンス、その驚異的な性能・レビュー動画・口コミ

audi1
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2016年モデルのアウディRS7パフォーマンス。 見た目はやや地味なラグジュアリーカーのようでいて、スーパーカーの実力を隠し持ったモンスターマシンだ。

RS7パフォーマンス 評価ポイント

audi_front

  • いかにも4ドアクーペらしいスタイル
  • すさまじい加速性能およびグリップ性能
  • 素直な挙動のサスペンション

マイナスポイント

  • 2017年モデルと比べてやや旧式のインテリア
  • 非常に高い値段

総評

audi_yoko

主要な高級車メーカーはお互いに熾烈な競争を続けている。
メルセデスベンツ、アウディ、BMW、ポルシェなどは数年ごとにデザイン、エンジン、プラットフォームを刷新して、抜きつ抜かれつを繰り返している。

最初の4ドアクーペとしてメルセデスベンツのCLSクラスが2005年に登場した。 その4年後にポルシェ・パナメーラアウディA7スポーツバック、BMW 6シリーズ・グランクーペが続いて登場した。

現在、様々な2017年モデルが出てきた中で、各社の4ドアクーペのデザインは相対的に古くなりつつあるが、性能アップは続いている。

BMWのMシリーズやメルセデスベンツのAMGは、ブリスターフェンダーなどが目立つ外観にしてあるが、アウディのRSモデルは対照的に控え目だ。
さりげなく高性能を漂わせているアイテムは次のようなものだ。
カーボンファイバー製ミラーカバー、リヤディヒューザー、デュアルオーバルエキゾースト、ブラックメッシュグリル、21インチ5スポークホイール、サイドスカートなど

緩やかに降りてくるルーフラインとLEDテールライト、ボディ各所のキャラクターラインの裏側に、パワフルなターボエンジンが隠れている。

RS7を外から眺めると控え目なエクステリアと迫力に満ちたエキゾーストノートが不思議な違和感を醸し出している。
しかしいざ乗り込んで全力加速すると、背中がスポーツシートに押し付けられる感覚はとても強烈で、そんな違和感は吹き飛ばされてしまった。

スペック&テクノロジー

audi_tech

4リッターツインターボV8エンジンの出力は605馬力でトルクは750Nm、通常のRS7よりも45馬力と50Nmのパワーアップだ。
この値はアウディのスーパーカーであるR8 V10プラス と比べて5馬力少ないだけである。

0-100km/h発進加速タイムはわずか3.6秒、最高速度は305km/hに達する。
トランスミッションは8速ATで、ステアリングホイールのパドルシフトを用いてドライバーの望み通りのタイミングで変速することもできる。

ストレートラインで速いだけでは満足できなくても懸念は無用だ。
コーナーリングでは「クワトロAWDシステム」が性能を発揮する。 官能的な楽しさはRWDの方がやや上回るかもしれないがクワトロのほうが正確無比で限界性能は高い。 コーナリング中にフルスロットルにするとグリップ限界をぎりぎり超えない範囲で力強く加速していく。
ブレーキは高負荷に耐えるセラミックキャリパを採用していて、強力な加速性能と釣り合う抜群の制動性能を備えている。

走りを味付けする「アウディドライブセレクト」の選択モードは、

  • コンフォート
  • オート
  • ダイナミック
  • インディビジュアル(カスタマイズ対応)

を加えた4種類だ。
そのセッティング内容は、スロットルレスポンス、エグゾースノート、ステアリングフィール、サスペンションダンパーなどだ。 他社の同様なシステムには差があまり明瞭でないものもあるが、アウディははっきりしていてダイナミックを選ぶと極めて俊敏だ。

インテリア

audi_interior

RS7のインテリアはアウディの最新仕様にはなっていないが居心地はとても良い。
前席とともに後席もパッセンジャーを包み込むバケットシートにしているので乗車定員は4人、エアコンは4座席独立タイプだ。

ダッシュボード、ドア、センターコラム、グローブボックス周りは、カーボンファイバー・トリムパネルを使っていてスポーティだ。 ダッシュボードがドライバーに向かって少し湾曲しているので、視認性は良かった。

RS7に搭載しているMMIインフォテーメントは最新タイプではないが、直感的に操作できて反応も早くて好印象だ。 インフォテーメントのスクリーン、メーター部のディスプレイ、そしてヘッドアップディスプレイはいずれもステアリングホイールに並ぶスイッチで操作できるので、運転中でも安心して扱えた。

ライバルは?

スーパースポーツ4ドアクーペのカテゴリーで、アウディRS7パフォーマンス と渡り合えるライバルは、

が挙げられる。

試乗レビュー動画/海外口コミ

Such a beautiful car and so fast

(端正で美しいスタイルでしかもとても速い)

This car almost makes me like Audi’s, now I just need $130k to be able to blow on a car.
(こういうクルマもあるからアウディが好きだ、もし買うなら13万ドル要るけど。)

 

おすすめの関連記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー