女子に「モテる車」おすすめランキング(2016):男性に乗っていてほしいクルマのポイントは?

Jag_FTYPE_16MY_AWD_R_Glacier_White_Image_191114_10_LowRes
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

どうせクルマを買うのなら、女性の評価も高いに越したことはない。たとえ邪な下心がなくても、奥さんや彼女、あるいは知り合いの女性にも良い印象を持ってもらいたいもの。そこで今回は、運転する楽しさをある程度担保しつつも、女性受けがいいクルマをランキング形式でご紹介したい。
 

そもそも女性に「モテる車」の条件は?

クルマ離れが叫ばれる今日この頃。まして女性は、クルマに興味がない人も多い。しかし、じゃあどんなクルマでも良いのかというと、そうでもないので面倒くさい。女性は一般に車種やモデルにはそれほど詳しくないが、ボディタイプやメーカー名には「何となく」のイメージ持っている人が多い。

まずボディタイプに関しては、最近はSUVが圧倒的に人気。アクティブな印象があるため、インドア派の男性にはあまりに合わないが、ドライブデートをするような人なら間違いない。嫌味がないため、高級車でも女性が「引いて」しまうことがないので安心だ。次点はセダンやワゴンだが、この場合、デザインがある程度モダンなものを選びたい。中古で買うなら、2010年式以降のものを購入すると安心だろう。軽自動車は、相変わらず「安い」「田舎っぽい」という印象を持たれているため、大学生ならともかく、ほどほどの所得があるなら避けたい。

ブランドというと、いま人気なのはアウディ。「それなりに高級」なイメージに加えて、シンプルながらも上品なインテリア・エクステリアも女性人気が高い。BMWも、ブランドとしては申し分ない。ただしメルセデス・ベンツは、クルマに詳しくない女性には「実際以上に高級なイメージ」を持たれているため、注意が必要だ。ベンツを選ぶなら、SUVのようなアクティブさやカジュアルさを備えたモデルを選びたい。
 

トヨタのプリウス

2016_Toyota_Prius_009_AF9B2E3388E88DFA80451DD90147DE77C7F41B07_low

「良いパパになりそう」「堅実な男性」-そんな印象を与えたいなら、トヨタのプリウスがおすすめ。ハイブリッド車は他にもあるが、「燃費が良さそう」という印象においてプリウスを超えるものはないだろう。知名度においても、誰もが知っており申し分ない。

2015年にモデルチェンジしたデザインは以前よりもアグレッシブになり、特に若い世代に人気。そのため、セダンでありながら「落ち着きすぎてしまう」ということがなく嬉しい。他方で、最近のプリウスのデザインはちょっと…という人は、中古で先代モデルを選ぶのもいいだろう。

インテリアの質も向上しており、乗り心地も驚くほど静か。パフォーマンス性能がそれほど高いわけではないので、走り回って楽しむというタイプのクルマではない、むしろハイブリッドならではの静かさを活かして、車内で会話を楽しみたい。お買い物に出かけるついでに道中も快適に過ごしたい。そんな人にお勧めしたい。

※プリウスに関する試乗レビューをもっと読む
 

アウディのA3/A4

A4110035_small

セダンながら「古臭い」「ダサい」という印象を与えないクルマなら、アウディのA3やA4を置いてないだろう。そのデザイン性は女性からも人気が高い。女性にモテるという観点では、エクステリアの第一印象と、インテリアをしばらく見つめた後の印象の双方が重要だが、その双方を備えているのがアウディといっていいだろう。

A3もA4はサイズ感や装備など異なるが、女性の印象という点ではそれほど差がない。セダンでもお洒落な印象があるが、ハッチバックの「A3スポーツバック」やワゴンタイプの「A4アバント」だと、よりアクティブな印象。若い人が選べば「レジャーに連れて行ってくれそう」という印象だし、少し年齢を重ねた人だと気取っていない親しみやすさを演出できる。

セダンにせよ、ワゴンやハッチバックにせよ、基本は街乗り中心。アウトドアデートを楽しみたいという人にはあまりお勧めしたい。雨や雪の日に彼女を迎えに行く。そんなシーンがありそうなら、オールタイム四輪駆動システムである「クワトロ」つきにしておけば、濡れた路面でも安定して走れるだろう。

※アウディの試乗レビューをもっと読む
 

メルセデス・ベンツのGLA

mercedes-gla-concept-xl

ともすると「お金持ちのクルマ!」という印象が強く、女性に倦厭されてしまうこともあるメルセデス・ベンツ。しかし、そんな中でも、嫌みな感じがせず、スポーティーさも備えているのがGLAクラスだろう。新車でも価格は300万円台からで、中古車ならさらにリーズナブル。「ブランドにはこだわっていなかったけど、快適さや安全性能を考えたらメルセデス・ベンツだった」とさらりと言いたい。

GLAクラスはメルセデス・ベンツのSUVラインナップで一番小さい。とはいえ国産車と比べれば、それほど狭い印象はないだろう。しかしSUVながらスタイリッシュさを維持するためにかなり車高は低くデザインされており、どこか「2人っきり」という感覚がデートにぴったりの一台だ。振動も少なく、スポーティーさよりも快適さ重視に仕上がっている。

リーズナブルながら意外にパワーがあり、高速のドライブデートなども見劣りしない。またドイツ車ながら大きすぎないため、ショッピングセンターの駐車場などで困ることもないだろう。

※メルセデス・ベンツのGLAクラスの試乗レビューについてもっと読む
 

BMWのX3/X5

982659-bmw-x3

よりアクティブでスポーティーな印象クルマが好きそう印象を与えたいならBMWのXシリーズをお勧めしたい。ちょっとクルマを分かっている女性なら、アウディやメルセデス・ベンツよりも、BMWを選んでいる男性のほうがポイントが高いだろう。実際、パフォーマンスや走りという点で比べると、間違いなくBMWが頭一つ抜けている。それでいて、通常の3シリーズなどだと走り屋の印象を持っている人もいるため、SUVだと「分かっている感じ」と「マニアじゃない度合」のバランスが丁度良い。

BMWのXシリーズの中でも、X1だとかなりコンパクト。走りにこだわる、オフロードでも使えるといった点を考えるならX3かX5をお勧めしたい。(X4やX6はそれぞれX3、X5をベースにデザインが少し変わっている程度なので、デザインの好み次第ではX4、X6でも構わないだろう)

セダンと変わらない、安定感のある走りながら、山の中や濡れた路面にも強いXシリーズ。山道でも身体が振られる感覚はあまりないため、隣に座っている人も快適だろう。インテリアは豪華さはあまりないものの、X3やX5であればそれなりの上品さがあり心配はいらないだろう。X3でも全幅は1800mmを超えており街中の立体駐車場には泊めることができない場合があるため、ショッピングデートの時は注意が必要だ。
 
※BMWの試乗レビューをもっと読む
 

 

併せて読みたい

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー