2017年フォード「マスタング」試乗レビュー:アメリカ車らしさを備えつつも燃費も上々

2017-ford-mustang-1
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

アメリカ車らしさをしっかりと受け継いだ、フォードが誇る名車「マスタング」。個人輸入や並行輸入でも日本に入ってきているが、フォードの日本撤退後は流通量も減り、ファン垂涎の一台となっていくだろう。今回は最新モデルの、2017年モデルの試乗レビューをご紹介したい。
 

総評

アメリカ車の歴史の中にその名をしっかりと刻まれているフォードのマスタング。2017年モデルも、パワーはもちろん、ハンドリング、そしてエキサイティングな乗り心地まで備えた一台に仕上がっている。クーペやコンバーティブルも含めた様々なボディタイプ、幅広いエンジンナインナップを取り揃えており、自分にぴったりの一台を選ぶことができる。

スポーツカーとしてはスタート価格はリーズナブルなマスタング。上位グレードになると価格は跳ね上がるが、概して「高くはない」といって差し障りないだろう。標準装備が充実しているため、予算感にあうグレードが見つけやすいのも嬉しい。安全性評価も高く、信頼性スコアも平均以上のマスタング。自分のライフスタイルや予算にあったスポーツカーを選びたい人にうってつけの一台だ。

ford-mustang-1_678x352_61427891753 mst17_highlight_lg_handling
 

評価ポイント

  • 幅広いエンジンラインナップ
  • スムーズな乗り心地と俊敏なハンドリング
  • 高級感のあるキャビン
  • 高い衝突テストの安全性スコア

マイナスポイント

  • 狭い後部座席

2017-ford-mustang-interior-1 2017-ford-mustang-interior
 

試乗レビュー

様々なエンジンオプションが用意されている2017年のフォードマスタング。スタンダードな3.7リッターのV6エンジンなら300馬力というパワーを備えており、加速もマスタングを運転しているという満足感すら味わわせてくれる。更にパワーを求めるなら、2.3リッターのターボ付き4気筒搭載のマスタングエコブーストも用意されている。310馬力を備えており、しかも燃費性能もこのクラスでは上々だ。それでいて、ターボに遅れる感覚がないのも嬉しい驚きだ。

マッスルカーと呼べるパワーを求めるのなら、V8エンジン搭載のマスタングGTという選択肢もある。5リッターという排気量で435馬力を生み出し、スリリングなエンジン音も楽しめる。価格は跳ね上がるがトラックレーシングを意識したGT350やGT350Rまで用意されており、気軽なスポーツカーからレーシングマシンまで求めるものに合わせて選べるのは嬉しい。

いわゆるマッスルカーのイメージとは異なり、マスタングはストレートもカーブも上手く走りこなす。コーナーも滑らかかつスピード感を持ったまま走り抜け、乗り心地もスムーズ。快適さよりもスポーティさを重視する場合は、サスペンションをアップグレードすることで、ハンドリングのキレがさらに向上する。

車内はモダンなタッチを基本に、ところどころにレトロな要素を取り込み、スポーティな中にも味のあるインテリアに仕上がっている。よくあるアメリカ車のイメージより一歩上の素材を用いており、上質な作りも魅力的。

トラック仕様のGT350Rを除くと4人乗りのマスタング。そのため、後部座席はどうしても狭くなってしまう。子どもが座るには充分なスペースはあるが、大人がチャイルドシートを取り付ける作業にはやや狭いかもしれない。しかしその分、運転席はかなり広々として快適。

ただし前方の見通しは良いが、後方はやや見づらい。リアビューカメラは標準装備なのであまり困ることはないが、心配であればブラインドスポットモニターやパーキングセンサーを付けてもいいだろう。またトランクスペースも広く、後部座席を倒せば更にフレキシブルに使える。

ある程度の実用性を確保しながらも、基本的には運転を楽しみたいの人のために作られているマスタング。ラップタイムなどのパフォーマンスを記録できるような心遣いがあるのも嬉しい。新車はちょっと手が届かないという人は、2015年まで販売されていた先代も併せて検討して見ても良いだろう。

 

併せて読みたい

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー