ボルボXC60(2017)試乗レビュー:ファミリー層にも人気な北欧生まれのコンパクトSUV、その実力は?

Volvo XC60 - model year 2017
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

近年、着々と売り上げを伸ばしていると思われるボルボ。SUV人気の追い風もあってXCシリーズも注目を集めるようになったが、その中でも最もコンパクトなXC60の実力は?

ボルボXC60(2017)の総評

総合していえば、XC60はファミリー層に向いており、快適で、広さがあり、そして燃費も考慮されたコンパクトSUVといえる。キャビンの居住性や高級感もある程度充実しており、同価格帯のライバルと比べても優秀だ。2017年モデルのボルボはエンジンをダウンサイジング(2.5リッター5気筒エンジンを2.0リッター4気筒エンジンに変更)するなどしており、パワーという面で不安に思っている人もいるかもしれないが、適度なパワーは保っている。

評価ポイント

  • 燃費に対する考慮もされた、適度にパワーのあるエンジン
  • 同セグメント内においては最上級の広さを持つカーゴスペース
  • 柔らかく、座り心地の良い座席

マイナスポイント

  • やや使いにくい印象のあるインフォテイメントシステム

試乗レビュー

インテリアは高級感のある、上品なキャビンに仕上がっている。

座席についてはすべてのモデルにおいて本革を使用しており、これはこの価格帯(ベースモデルで新車販売価格599万円)の車において珍しい。フロントシートは8段階での調節が可能であり、長距離運転でも快適な位置を確保できる。リアシートも十分なスペースがあり、大人が乗っても問題ない。また、チャイルドシートの装着のしやすさなど、安全性能も注目したい。チャイルドシートに関しては、現在ボルボ自身が複数種類を展開しており、新たなチャイルドシートの在り方を提案しているほどだ。

広さ以外の居住性も、忘れてはいけない。例えば、全てのモデルインフォテイメントシステムについては、残念ながらエアコンディショナーのようなダイレクトさがなく、若干使いづらい印象があるかもしれない。

インフォテイメントシステムは高評価できないものの、その他の点の実用性も十分だ。XC60は家族での旅行や買い物には良いパートナーとなるだろう。リアシートに人を乗せても、さらに広々としたカーゴスペースが存在する。カーゴスペースの広さは多くのライバルをしのぐものであり、BMWならばX4に匹敵するものだ。アクセサリーではロードキャリアの他、スチールガードネットやドッグゲートもあり、荷物の積み込みだけでなく、ペットに対する配慮もされている。

次に、XC60のパフォーマンスについて紹介する。まず、搭載エンジンは2.0リッタークリーンディーゼルターボエンジン、2.0リッター4気筒ガソリンターボエンジン、そして2.0リッター4気筒スーパーチャージャー付きガソリンターボエンジンが存在する。ベースモデルでも最高出力140kW、最大トルク400Nmと、多くのドライバーにとって満足するパワーを出してくれるので、高速道路の走行も市街地での走行も問題ないだろうが、快適さに加えてパワーも重視したいという人は上級トリムグレードのモデルを選ぶと良いだろう。

ボルボが比較的強みとして持っている燃費については、XC60も優秀といえる。XC60にハイブリッドモデルは存在しない訳だが、ディーゼルエンジンモデルでは18.6km/Lという値である。スーパーチャージャー付きエンジン搭載モデルではそこまでの実力が出せないものの、駆動方式は前輪駆動方式となっている。

程よいパワーを持ちながら、XC60の乗り心地は非常に快適であり、日常使いには十分な車である。また、広いリアシートとカーゴスペースもあるので、家族での遠出も可能だ。多少凹凸のある道でも滑らかに進む推進力を有しているが、オフロード性能が極めて高い車でもないので、多少の荒さが出ることもある。ポルシェのマカンなどのようなスポーティさもないので、カーブは落ち着いて曲がる印象だ。もっとスポーティな走りを期待したい、走りの品質を求めという場合には600万円台のマカンやジャガーのF-PACEを購入した方が良いだろう。

 

ライバルとなる車は?

一番のライバルは、BMWから販売されているSAVのX3

乗り心地に興奮するようなワクワク感を求めるのであれば、XC60よりもX3の方が相応しいかもしれない。燃費に関して有能なディーゼルエンジンモデルからハイパワーなターボ付きV型6気筒エンジン搭載モデルまで、XC60よりもエンジンのラインナップにバリエーションがある。乗り心地も快適であり、とてつもなくスポーティな走りをする訳でもないが、ちょっとしたカーブなどを楽しむ分にはこちらの方が魅力的だ。さらにパフォーマンス面での充実を求めるのであれば、オプション装備でアダプティブ・サスペンションをつけておくと良い。

画像で確認

Volvo XC60 - model year 2017

Volvo XC60 - model year 2017

Volvo XC60 - model year 2017

おすすめの記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー