BMWオススメ中古車ランキング(2016​):性能、価格を考えて「買い」な一台は?

BMW 220i Gran Tourer
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

新車だとちょっと手が届きにくいBMWも、中古車なら結構リーズナブル。とはいえ中古車はタイミングによって相場が動きやすく、買い時が難しいもの。そこで今回は、BMWの中古車を検討している人にオススメな、価格と性能のバランスが良い中古車をご紹介したい。
 

第1位 「BMWの顔」3シリーズ

bmw-3-series-2006-4

大人が5人が乗っても快適な居住性を担保しつつも、日本の交通事情でも使いやすい幅という絶妙やサイズの3シリーズが1位。より手頃な1シリーズや2シリーズも用意されているが、それなりのパワーやBMWならではのスポーティさを求めるなら、3シリーズ以上を買いたいところ。

その一番の魅力は、何といってもスポーティーな走り。ハンドリングはキレがあり、ステアリングも正確。思い描いたようにキュッと止まるブレーキの利き具合も絶妙だ。初めてBMWに乗る人は勿論、コアなBMWファンにも愛されて続けている一台と言って良いだろう。

現行モデルは2012年に発売されたため、これこら3年目の車検を機に手放す人が出てくるタイミング。新車だと400万円以上するモデルの、しかも現行モデルがちょっと良い国産車程度の価格で購入できるのはお得だろう。新車でやや大きめのセダンやワゴンを検討している人は、BMWの3シリーズの中古も併せて見てみては如何だろうか。

※3シリーズについてもっと読む
 

第2位 エントリーモデルの1シリーズ

P90176850_lowRes_the-new-bmw-1-series

「BMWなんて手が届かない。」「新車の軽自動車やコンパクトカーを買おうかな。」そう思っている人にオススメをしたいのが、中古のBMWエントリーモデルである1シリーズ。3ドアおよび5ドアのハッチバックであり、BMWの「駆け抜ける歓び」を手軽に楽しめるようにしたのモデルである。

新車でも300万円を少し超える程度から手に入る手軽さだが、中古車は半額程度の車両も見かける。この価格だと、新車のコンパクトカーやちょっと装備が充実した軽自動車とも大差なくなってくる。直近のモデルチェンジから5年を経て、中古車としての流通量もかなり増えているため、自分の好みやこだわりに合ったカラーやグレードを選べるのも嬉しいポイントだ。

状態の良さや充実した装備を期待するなら2011年に発売された現行モデルをお勧めしたいが、より手ごろな値段で楽しみたいなら2004年から2011年まで販売されていた初代1シリーズでも充分だろう。こちらでも、BMWらしいスポーティーな走りには妥協はない。

※1シリーズについてもっと読む
 

第3位 大型SUVのX5

2016_BMW_X5_131

SUVを検討しているなら、あえて1番大きなサイズのX5をお勧めしたい。コンパクトなX1やX3も悪いクルマではないが、中古で買った時のお得さはグレードが上のクルマの方が大きい。X5の場合も例外ではなく、新車なら800万円台後半からだが、中古車なら3年落ちの車両が半額程度で購入できるので、金額にして400万円程度も安く手に入れることができる。

大型SUVは走りがモタついたり、コーナーを曲がる際に振られる感覚が強くなったりと、走りの面でイマイチなことが多い。しかしX5の場合は、セダンを運転しているのと遜色ないキレを味わうことができる。BMWの走りへのこだわりを痛感できるという点も、あえて1番大きなX5をお勧めしたい理由の1つだ。

現行モデルが2013年発売なので、これから3年目の車検で在庫が増えて相場が下がってくる頃。それに併せて先代の2代目(2007~2013年)も下がってくるので、どちらを買うにしてもこの年末から2017年にかけてが買い時だろう。X5はオプションで3列7人乗りの車両もあるが、この7人乗りはかなり人気なので、7人乗りにこだわる人はこまめに在庫をチェックすることをお勧めしたい。

※X5についてもっと読む
 

 

併せて読みたい!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー