ポルシェカイエン(2017)試乗レビュー:一流ポルシェのミッドサイズSUV、その価値は?

cayenne1
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

今年の夏に斎藤佑樹投手が出版社社長よりマカンを受け取ったが、本人はずっと前からカイエンが欲しかったとか…?という内容から話題になったカイエン。野球選手が欲しがるその車の実力は?

ポルシェのカイエン(2017)の総評

野球選手に限らず多くの有名人が所有しているカイエン。決して安くはないが、やはりミッドサイズSUVの中でも特に高い評価を与えられる一台だ。素早く俊敏さのあるハンドリングとパワーあるエンジンによる走行能力の高さはもちろん、環境の整えられたキャビンも実に居住性が高い空間となっている。

しかしながら、やはり価格の高い車であることには間違いない。最もベーシックなモデルでも900万円近くする。例えばBMWのX5など、より安いモデルを購入し、そこにオプションで様々な装備を足していくという選択肢もあるだろう。また、実はX5に比べてカイエンのベースモデルは少々遅く感じる部分もあるのだ。それでも、他のモデルで考えてしまえばやはりカイエンはパワーもあり、高級感もある。お金に糸目をつけないつもりで買うのであれば、ぜひにとおすすめしたい一台だ。

評価ポイント

  • 上級トリムグレードのエンジンが有する強い加速力
  • 他と比べても圧倒的に秀でているハンドリング
  • 快適な座席
  • スタイリッシュでよく造りこまれたインテリア

マイナスポイント

  • 価格の高さ
  • 標準を下回るカーゴスペースの容量
  • 車内からの視野はあまり広くない

試乗レビュー

2017年モデルのカイエンはベースモデルで3.6リッターV型6気筒エンジンを搭載しており、トランスミッションは8速A/Tを採用している。ベースモデルでもパワーは十分なものだが、上級トリムグレードのものと比べてしまえばさほど興奮させられるようなものでない。一方で、4.8リッターV型8気筒エンジン搭載モデルは500馬力以上の力を出し切るので、まさに満足感の得られる内容である。なお、燃費を気にする場合は上級モデルの中で比較的落ち着きのあるカイエンSやカイエンGTSなどを選ぶと良いかもしれない。なお、カイエンの燃費は7.4-11.0km/Lである。

燃費はライバルの方が上手になるかもしれないが、ハンドリングをはじめとする走行関連の能力はやはり秀でている。駆動方式は標準装備で四輪駆動方式が採用されており、使い勝手が良い。特に、上級トリムグレードを選ぶとその良さがよく感じられる。ボディロールも小さく、パワーが良い具合に配分されている。上級トリムグレードになるほど、そのハンドリングはSUVというよりスポーツカーのように感じられる印象だ。

カイエンの走りは少々硬さもあるが、路面の荒さをほとんど吸収してくれるという良さもある。ターボモデルを選べば、サスペンションも自分好みに合わせて調整することができる。つまり、滑らかな走りも、スポーティな走りも自在に選べるのだ。

センターコンソールを見ると、無数のボタンが存在する。このボタンの多さに最初は困惑するかもしれないが、しばらく使っていれば様々な機能を使いこなせるようになり、使い勝手の良さを感じられるだろう。高価なだけあって、ワンタッチで多くの操作ができるボタンをはじめ、カイエンは多くの標準装備を備えている。2017年モデルではインフォテイメントシステムのインターフェースをアップデートし、スマートフォンを使うのと同じような感覚で操作できるようになった。

カイエンは本革のシートを備えた5人乗りだが、ベースモデルでもシートを8段階に操作できる他、フロントシートは座席面にヒーターなどが入る。また、どのトリムグレードでも、リアシートはリクライニングすることが可能だ。どの座席に座ろうとも、カイエンはまるでゆりかごのような心地よい環境を与えてくれる。どこも本当に居住性が高く、遠出にはぴったりの一台だ。ただし、カーゴスペースだけは標準に比べて容量が小さいので、その点だけは留意しなければいけないだろう。

ベースモデルで885万円から販売している。

※この夏話題にもなった、マカンとの違いは?:ポルシェ「マカン」vs「カイエン」を比較(2015):SUV対決を制するのは?

ライバルとなる車は?

  • テスラのモデルX
    EVで有名なテスラ。そのテスラのSUVであるモデルXは驚くべき加速力とハンドリングの実力、それに使い勝手の良いハイテク装備が魅力となっている。どのモデルも本当に速い。0-100km/h加速に要する時間はわずか2.9秒程度である。また、性能の良いサスペンションを持ち、滑らかな走りも維持している。
  • BMWのX5
    EVの場合はまだまだ少ない充電場所という課題が残るが、そんな人にはX5が良い候補となるだろう。カイエンよりもずっと安い価格で購入することができ、しかも、ベースモデルに関してはカイエンよりも実力があるといって良い。加速力がありながら燃費も良く、価格もある程度に抑えたいという人にはおすすめする。

画像で確認

特別エディションのカイエンプラチナムエディションもおすすめだ。

cayenne2 cayenne3 cayenne4

おすすめの記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー