2017年モデル ベンツ 新型Cクラスにカブリオレを追加!

mercedes-benz-c-class-cabriolet_001
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2017年モデルのメルセデスベンツCクラス新型カブリオレ。
以前のブログで新型クーペを紹介したが、今回はカブリオレに注目して紹介しよう。

ニューCクラス カブリオレ 評価ポイント

mercedez_cab_all

  • スポーティなエクステリア
  • 豪華なインテリア
  • サスペンション性能が高い

マイナスポイント

  • リヤシートは大柄な人が寛げるほどではない

総評

mercedez_cab_interior2

Cクラスは2015年モデルのセダンからアルミニウムを多用するようになり、エンジンフード、フロントフェンダ、トランクリッドなどに利用して軽量化している。

2017年モデルのクーペおよびカブリオレは従来よりもスポーティな印象が増している。
伸びやかなエンジンフード、大きく傾斜したフロントガラス、そしてヘッドライトの後からテールライトの前まで力強く伸びたキャラクターラインが効いている。シートポジションはセダンより15mm低くしている。

センターコンソールは堂々としていて魅力的であるが、車内スペース全体に対してやや大きくて足元を狭くしている印象もあった。
中央のアナログ時計は高級感の演出に役立っていた。

2人掛けのリヤシートは足元も頭上も十分な広さとはいえないが、コンパクトクラスのカブリオレとして割り切れる範囲だろう。

トランクスペースはゴルフバッグが2セット入る実用性を確保していた。

装備仕様

標準装備

  • 18インチホイール
  • スポーツサスペンション
  • ドライバーシートメモリーセッティング
  • LED照明

安全装備

  • 自動ブレーキ
  • ドライバーアテンションアシスト
  • 自動減光ミラー
  • リトラクタブルシートベルトバレット

オプション

  • アダプティブクルーズ
  • リヤカメラ
  • レーンキープアシスト
  • 死角モニタ

エンジン性能/燃費

C300の2リッター4気筒ターボエンジンは出力241馬力でトルク370Nm、トランスミッションは全車パドルシフト付7速AT、0-100km/h発進加速は5.9秒。

その燃費は市街地9.8 km/Lおよび高速12.8 km/Lで、4MATICは高速燃費が少し下がって12.3 km/L。

高出力のAMG C45は362馬力、究極のAMG C63は503馬力に達する。

試乗フィーリング

ステアリング操作量に応じて素直に回頭し、FR方式らしいバランスの良さを感じた。4MATICは必要な瞬間に効くAWDで頼もしく、通常時はFRと同じ走りを楽しめた。

標準のサスペンションも素晴らしかったが、エアサスはオプション価格に見合う価値が十分にあった。
乗心地が向上するだけでなく、硬めにセットすればステアリング応答性を高めることも可能だった。

ダイナミックセレクトと称するモード選択は、エアサス車に限らず標準で付いていて、エコ、コンフォート、スポーツ、スポーツプラスを使い分けることができた。モード選択はサスペンションだけでなくステアリング、スロットル、トランスミッションも各特性を総合的に切り換える。

ステアリングコラムに取り付けられたパドルシフトレバーは、本格的なスポーツカーでなくても自分のタイミングでギヤシフトしたい時にありがたい装備だ。

電動パワーステアリングは2015年モデルのセダン用から再チューニングされた。熟成が進み、スポーティな味付けで、コーナリング時にフロントタイヤから伝わってくるフィードバックが良く感じ取れた。

ベースプライス

  • C300クーペ: 43,575ドル~(約450万円~)
  • 4MATIC: + 2,000ドル(約20万円追加)
  • エアサスペンション: + 1,200ドル(約12万円追加)

Cクラスカブリオレのライバルは?

mercedez_cab_back

以前のCクラスクーペはあまりスポーティではなくてBMW 4シリーズクーペの後塵を拝していたが、今回の新型クーペは対等に渡り合えそうだ。

試乗レビュー動画/海外口コミ 

まずはカブリオレの動画をご覧頂こう。価値観によって賛否両論が寄せられている。

a soft top cabriolet is quieter if you get the insulated version (C400 or A5) plus you get more trunk space with top down.
ソフトトップでもC400やアウディA5のようにしっかり遮音していたら静かだし、ルーフを収納したときトランクの残りスペースが広いのはメリットだ。)

Cloth top forever. Because of lightness. And I know it because I drive an NC MX5, in Italy.
(ソフトトップに限る。軽量で低重心だから。ここイタリアでNC型MX5に乗っていて実感している。)

I would prefer a hard top. Soft top cars rarely seem to look nice with the roof up and the cloth fabric makes it look cheap.
(ハードトップが好きだ。ソフトトップは見栄えがしなくて安っぽく感じてしまう。)

以前のブログで紹介したクーペの動画もご覧頂ける。

関連記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー