今こそ買いたい初めてのメルセデス・ベンツ!輸入車販売台数で1位になった4つの理由

maxresdefault
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

輸入車販売台数で、BMWを抜き首位に立ったメルセデス・ベンツ。高級車の代名詞としてその名は長く知られてきたメルセデス・ベンツだが、なぜ今になって、再び人気なのだろうか。多くの人を納得させる魅力とは何なのか。その背景にある、今こそメルセデス・ベンツを買うべき理由をご紹介したい。
 

No.1の安全性能

E-Klasse

今やメルセデス・ベルツを語る上で外せない、安全性能。最近は各社が自動運転の技術を取り入れ始めているが、実際に搭載されている安全装備の充実度、そしてその精度という点ではメルセデス・ベンツが業界でナンバーワンといって差し支えないだろう。例えばレーダーを使った機能1つとっても、メルセデス・ベンツに採用されているレーダーの数はトヨタなどとは比べ物にならない。

しかも、その安全性が意外にリーズナブルな価格で手に入るというのが魅力的。安全性機能の基本パッケージともいえるレーダーセーフティーパッケージは、Aクラスファミリーと呼ばれるAクラス、Bクラス、CLA、GLA以外は全て標準装備。Aクラスファミリーでも199,000円で搭載できる。これは、例えばスバルのアイサイトなどと同じような価格帯である。この価格で以下の4つの機能が付いてくるのだからかなりお買い得だろう。

  • 急な飛び出しや誤発進に対応してくれる自動衝突回避ブレーキ
  • 渋滞時には停止までしてくれるレーダークルーズコントロール“ディストロニックプラス”
  • 死角を補う“アクティブブラインドスポットアシスト”
  • 居眠り運転などで車線から逸脱した時に役立つ“アクティブレーンキーピングアシスト”

最新のEクラスなどはかなり充実した装備が搭載されているので、今後は他のモデルの安全装備も更に充実していくだろう。
 

充実したエントリーモデル

mercedes-gla-concept-xl

クルマが売れないと言われているこのご時世に、販売台数で首位に輝いたメルセデス・ベンツ。その背景には、Aクラスファミリーにより、今までは獲得できていなかった層へのアプローチに成功してことが挙げられるだろう。

「高い」「手が届かない」といったイメージがあるメルセデス・ベンツだが、実は、先述のAクラスファミリーは新車が300万台、グレードによっては200万円台で手に入る。そのため「国産車のちょっと良いクルマ」を買っていた人がメルセデス・ベンツに乗り換えているだ。しかもこのAクラスファミリーはハッチバックスタイルのAクラスやBクラス、SUVのGLA、クーペスタイルのCLAなどボディタイプも充実。そのため「予算が合わないから…」とボディタイプを選べないということもない。

ちなみに、Aクラスファミリーは中古車なら100万円台から手に入るし、300万あればCクラスやEクラスにも手が届く。新車にこだわらないという方なら、より上のモデルにも手が届くので、あわせて検討してみるのも良いだろう。
 

上品さとモダンさを兼ね備えたスタイル

2015_Mercedes-Benz_C-Class_28.jpg

手が届きやすいモデルが増えたというと、「ベンツがベンツらしくなくなるのではないか」「安っぽいイメージになっているのではないか」などと心配する人もいるのではないだろうか。

しかし心配はいらない。Aクラスファミリーのようにリーズナブルなクラスの場合にはシンプルながらも品のあるスタイルに、またSクラスのような上級モデルの場合にはどこを取っても高級感のある作りになっている。かといって「成金感」がないのは、ちゃんと時代に合わせてフェイスを変えているから。最近のモデルは、よりスポーティーで若々しい顔つきに仕上がっている。ボディにもデザインラインを用いるなどして、スタイルに躍動感を持たせている。
 

豊富なSUVラインナップ

Mercedes-AMG GLE 63 S, W 166, face lift 2015

最近人気のSUVが充実しているのも嬉しいポイント。最も小型でAクラス相当GLAに始まり、Cクラス相当のGLC、Eクラス相当のGLEと続く。更にその上には最高峰として双璧をなすGLSクラスとGクラスが用意されている。

基本的にはオンロード重視のモデルが中心で、都市にも馴染むスタイリッシュなスタイル。小回りも効き、走りがもたついたり振動が気になったりといったこともない、日常に使いやすい走りを見せてくれる。例外はGクラスで、そのミリタリー感溢れるスタイル、そして特有の走りは慣れるまでは運転しにくいが、慣れると病みつきになる一台で根強いファンが多い一台だ。

また7人乗りとしては、1,000万円からとなかなか手が出にくいGLSクラスの他に、ミニバンのVクラスも用意されている。こちらは500万円台とリーズナブルで、こういった幅広いラインナップも人気のポイントだ。
 

 

併せて読みたい!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー