BMW X5(2017)試乗レビュー:ミッドサイズSUVを買いたいならこの一台!7人乗りも可能

p90207465_lowres_the-bmw-x5-m-12-2015
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

輸入車販売台数でベンツに負けるなど、少々押され気味な部分があるのも否定できないが、それでもBMWは変わらず幅広い年代から高い人気を誇っている。勢いのあるミッドサイズSUVをこれから求めるのであれば、X5はどうだろうか。

BMW X5(2017)の総評

ある程度豪華なコミューターSUVを求める人や、週末のアクティビティのお供となる存在を求める人にとって、X5は良い選択肢といえるだろう。エンジンのオプションが豊富で十分なパワーを求められる点、鋭さのあるハンドリングなど、魅力ある車だ。キャビンも豪華さがあり、座席も快適である。また、カーゴスペースがこのセグメントの中でも十分広い点もありがたい。

一方で、ラグジュアリーミッドサイズSUVを探しているのであればぜひX5を!とおすすめできない部分もある。特別抜きんでている点がない分だけ、あらゆる面で多くのライバルと競合する。購入の際には、はじめからX5のみに絞り込まず、他の車もよく検討したい。

評価ポイント

  • 幅広く存在するパワフルなエンジンラインナップ
  • しなやかさのあるハンドリング
  • 広さ十分のフロントシート
  • 広さのあるカーゴスペース

マイナスポイント

  • オプションで手に入れられる3列目は狭い

試乗レビュー

まず、インテリアの点でいうならば、「豪華すぎなくても、程よい上品さのあるキャビンが欲しい」と考えている人にX5は向くだろう。ハンサムで丈夫に造られているキャビンは十分にラグジュアリーSUVとして価値あるものとなっている。決してパーフェクトなキャビンではないが、静音性もあり、まさに程よい豪華さである。

X5ともなると、最低価格が800万円台後半と決して安くないものの、ベースモデルでもフロントシートは14段階での調整が可能であり、もちろんヒーター機能もついている。快適なポジショニングを容易に見つけることができるだろう。また、オプションでは20段階調整も可能となっている。リアシートも、オプションではあるがリクライニングが可能であり、同乗者の快適なドライビングを約束してくれる。

ベースモデルの乗車定員は5名だが、上級グレードではオプションを使って3列シート7人乗りを可能にする。ただし、3列シートにした場合、その3列目がとてつもなく狭い。これは子どもであっても狭い、という具合の狭さである。3列シートで広さも求めたいのであれば、ボルボのXC90などにした方が良い。

一つ嬉しいのは、すべてのX5モデルにidriveインフォテイメントシステムが付いているということだ。しかも、ナビゲーションが標準装備されている。同じような価格帯であるアウディのQ7にはナビゲーションシステムが標準装備されていないなど、ナビゲーションの標準装備は珍しいことである。しかも、このインフォテイメントシステムは使い勝手も良い。非常にお得感のある存在だ。また、2017年モデルからはWi-Fiホットスポットやワイヤレス・デバイス・チャージングが標準装備された。

3列目は期待できないX5だが、カーゴスペースについては期待できる。X5より大容量のカーゴスペースを持つ車はそうない。そういった意味では、アクティビティにも向くのでありがたい。

走りについても、多くのドライバーはベースモデルのエンジンで十分満足できるだろう。3.0リッターターボチャージャー付き6気筒エンジンは300馬力という、日常使いには十分なパワーを持っており、高速道路での走行も何ら問題ない。お金も気にせず、もっと、とにかく走る車が欲しいという人には、4.4リッターターボチャージャー付きV型8気筒エンジン搭載モデルや、さらには1,600万円を超えてしまうがMモデルも存在する。

ガソリンエンジンでは10.3km/L(X5 xDrive35i)と、燃費は標準的な値と言えるだろう。もし、より燃費の良いものにしたいのであれば、ディーゼルエンジンという選択肢もあるが、こうなると、ベンツのGLEランドローバーのレンジローバー・スポーツなども候補に入れておくべきかもしれない。また、X5はプラグインハイブリッドモデルも存在する。こちらの搭載エンジンは2.0リッター4気筒エンジンとパワー不足であるが、これに電力モーターが付き、電力モーターのみで30km強の走行が可能である。しかし、ここでもカイエンのハイブリッドモデルなど、数多くのライバルが存在する。

ハンドリングについても、多くの人が満足するものだろう。カーブにおいてもしなやかさのあるハンドリングで乗り心地の良さを保ってくれる。また、乗り心地は若干の硬さがあるものの、オプションのダイナミック・ダンパー・コントロールなどでその欠点も除くことができる。それでも、ハンドリング以上によりクッションのような快適な乗り心地を求めるのであれば、例えばレクサスRXなども候補に入るだろう。

800万円以上の買い物なので、ぜひ多くの車と比較して決めたいところだ。

ライバルとなる車は?

  • ポルシェのカイエン
    ミッドサイズSUVの中でもより勢いのあるパフォーマンスを求めるのであれば、カイエンがおすすめだろう。シックなキャビンとポルシェのスポーツカーらしい走りが溶け込んだ一台となっている。どのモデルを選んでも、アクセルを踏めばその加速力に感動すること間違いなしだ。
    ただし、X5にあるようなカーゴスペースの広さが望めないこと、またオプションであっても3列シートにすることができないということは考えておきたい。
  • ボルボのXC90
    キャビンの快適さとパフォーマンスの両立をはかりたい人におすすめするのが、ボルボのXC90だ。エンジンは決して最もパワフルな分類に入らないが、それでも日常使いには問題なく、また高速道路の走行でも十分その役割を果たしてくれる。そしてこのセグメントにおいても最も豪華なインテリアを持つ車の一つといえるだろう。オプションで付けることができる3列目も広さがあり、大人でも乗っていられる。

画像で確認

p90207467_lowres_the-bmw-x5-m-12-2015

p90207468_lowres_the-bmw-x5-m-12-2015

p90207466_lowres_the-bmw-x5-m-12-2015

おすすめの記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー