予算600万円で買いたいオススメSUVランキング(2017):レクサスBMW、ベンツまで

Mercedes-Benz GLC 300 Coupé
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ちょっと良いクルマを買いたい、ワンランク上のSUVが欲しいと、予算は500〜600万円程度を考えている人も多いだろう。お気に入りのブランドもいいが、どうせなら客観的に見て出来のいいクルマも気になる。そこで今回は、600万円前後で買えるSUVの中でも、特にオススメのクルマをランキング形式でご紹介したい。
 

惜しくもランク外 ボルボXC60

Volvo XC60 - model year 2017

  • 新車価格:599万円〜

僅差のところでベスト5入りを逃したのが、ボルボのコンパクトSUVであるXC60。BMWのX3やレクサスのNX、メルセデス・ベンツのGLCクラスなどと同じサイズ感であり、父母+子どもというファミリーが日常生活にレジャーに使うのにピッタリの大きさである。

日本におけるボルボというブランド価値と、その割に高いスタート価格が理由でランク外になってしまったが、分かる人には600万円という価格を支払うに値する仕上がりだ。何よりの魅力は「事故率が69.0%も下がった」という自動ブレーキなど安全性能の高さだろう。また柔らかなタッチの素材に木材やレザーなどを取り入れたインテリアの質感も人気の秘密である。走りはどちらかというとスポーティーさよりも快適さ重視で、毎日の通勤や家族での会話を楽しむためのクルマだと捉えたほうが良いだろう。

2017年にモデルチェンジが予定されているといわれており、新車で購入する際にも値引き交渉がしやすくなる。また中古車も選択肢に入れるなら、現在販売されている初代モデルの相場が下がるため、年式が新しく状態がいい車両がお得に買えるタイミングでもある。

※XC60の試乗レビューをもっと読む
 

第5位 レクサスNX300h(ハイブリッドモデル)

2015_Lexus_NX_Hybrid_3

  • 新車価格:492万円~

第5位は、レクサスのSUVラインナップの中で最も小型であるレクサスNXのハイブリッドモデル。日本どころか海外においても「トヨタ」よりもはるかに格上のブランドに育ったレクサス。それでいてハイブリッドモデルが400万円台から購入できるというのが魅力的。他方で、通常のガソリンモデルと比べると価格が高く、それだけのメリットが薄いため5位に留まってしまっている。

このクラスのSUVながら、車内はかなり広々。特に後部座席は頭上、足元とも充分なスペースを確保しており、質の高いインテリアも手伝って快適そのもの。ハンドリングのキレやステアリングの反応はガソリンも出ると比べるとやや緩慢。しかし。ガソリンモデルのレクサスの燃費性能が概してイマイチなのに対し、ハイブリッドモデルの燃費性能は流石はプリウスを生み出したトヨタと言うべきだろう。

特に日本においてはハイブリッドモデルの人気が根強く、新車の場合は値引きは期待できない。とはいえ、このクルマの仕上がりでこの価格なら仕方ないだろう。もう少し安く、と思う方は中古車での購入をお勧めしたい。レクサスは新車での流通量が多いということもあり、中古車の在庫も多い。自分の要望に合った価格/状態のものを見つけやすいだろう。

※レクサスNXハイブリッドモデルの試乗レビューをもっと読む
 

第4位 メルセデス・ベンツ「GLCクラス」

Mercedes-Benz GLC (X 253) 2015

  • 新車価格:628万円~

メルセデス・ベンツのコンパクトSUVであるGLCクラス。以前はGLKクラスと呼ばれていたものを2016年に改名し、それに合わせてモデルチェンジをして生まれ変わったモデルである。出来栄え、人気ともイマひとつだったGLKクラスに代わり、メルセデス・ベンツのSUVラインナップの主力になっていくことが予想される仕上がりである。

スタート価格が600万円を少しオーバーするということもあり、実際にはオプション諸々を考えるとちょっと価格が高いのが第4位に留まってしまった理由。他方で、それ以外にはほとんどマイナスポイントがない「ほぼパーフェクト」なクルマでもある。快適で静かな乗り心地、広々としたシート、そして高級感を感じさせるインテリアはさすがはメルセデス・ベンツ。最新のテクノロジーを搭載したオーディオナビシステムや充実した安全装備ももちろん搭載している。

新車価格がやや高めなのは前述の通りで、まだデビュー間もないということもあり価格交渉は難しいかもしれない。優れた一台であることは間違いないため、まずは試乗してみて、高めの価格に納得ができるか確認してみるのがいいだろう。まだ在庫が少ないため、中古車での購入はなかなか難しいだろうが、急がない人であれば未公開在庫の連絡などを予め依頼しておくのも一つの手だ。

※GLCクラスの試乗レビューをもっと読む
 

第3位 BMW X1

2016_BMW_X1_29

  • 新車価格:397万円~

これまで紹介したレクサスNXやメルセデス・ベンツGLCクラスよりも一回り小さい、サブコンパクトSUVにあたるBMWのX1。しかしサブコンパクトSUVだからと侮るなかれ。3人が座る後部座席もサイズの割にはかなり広々。荷物スペースもしっかり確保しており、それでいて一回り大きなX3と比べるとはるかにお手頃な価格で手に入れることができる。

BMWのXシリーズの魅力は、SUVながらもセダンやクーペにも負けないスポーティーな走り。車高が高くなっても、ボディが遠心力に振られるような感覚は全くない。ハンドリングの切れ、クイックな加速を備えたX1は、「単なる足」た「家族との空間を楽しむもの」というだけでなく「運転を楽しむもの」として不可欠な要素をしっかりと備えている。この出来栄えの良さこそが、スタート価格が300万円台のX1が、このランキングで第3位にランクインしている理由だ。

コンパクトサイズということもあり、X3と比べると排気量やパワーという点では若干寂しいのは否めない。しかし300万円台からというお手頃価格は新車でも気軽に試乗に行けるのがうれしい。初代は2009年~2015年まで販売されていたため、少し古いスタイルでも構わないから価格重視という方は中古もチェックしてみることをお勧めしたい。

※X1の試乗レビューをもっと読む
 

第2位 レクサスNX200t(ガソリンモデル)

2015_Lexus_NX_200t_003

  • 新車価格:428万円~

5位にも登場したレクサスNXのガソリンモデルが第2位。ボディの広さやインテリアの質感はハイブリッドモデル同様ながら、燃費の良さで、日本ではハイブリッドモデルの方が人気。しかし走りと価格差を考えると通常のガソリンモデルに軍配が上がる。

ハイブリッドカーはバッテリーを搭載している分だけ、どうしてもボディが重たい。そのため走りのスポーティーさ、ことキレのある走りという点ではガソリン車の方が一段も二段も上だ。加えて、いくらハイブリッドモデルのほうが燃費が良いとはいえ、本体価格の差を取り戻すにはかなりの距離を走らないと元が取れない。そのため、走りと実際の経済性という点を重視するならレクサスNXの中でもガソリンモデルをお勧めしたい。

このガソリンモデルも、ハイブリッドモデル同様かなりの人気で、新車の価格交渉はまだ難しいという。値段がちょっと・・・という人は競合の見積もりを持ってお店に行ってみるか、中古車も視野に入れて検討することをお勧めしたい。

※レクサスNXの試乗レビューをもっと読む
 

第1位 BMW X3

2016_BMW_X3_2

  • 新車価格:612万円~

第1位はBMWのSUVラインナップの中でもちょうど中間サイズのX3。ボルボのXC60やレクサスNX、メルセデス・ベンツのGLCクラスなどと同じサイズ感でファミリーにとっては実用性が高く、デザインもかなりスタイリッシュ。それでいて走りも楽しめ、ブランド価値も充分と全てがそろった一台だ。価格は600万円を少し超えるが、それに値するだけの性能を備えている。

中でも魅力なのが、第3のX1でも触れたそのスポーティーな走り。このマシンを思い通りに操っているという操作感、パワフルなエンジン、そして力強い加速は、運転に楽しさを求める人ならば価格には代えられない価値があるだろう。BMWが掲げる「駆け抜ける歓び」をSUVでもきっちりと実現している一台だ。

2004年に初代が発売され、2011年にモデルチェンジをして2代目になったX3。モデルチェンジから一定期間経ったとはいえ評価は高く、SUVブームも手伝って人気もあるため新車の場合は大幅な値引きは期待できない。予算オーバーという方は中古車も視野に入れるといいだろう。モデルチェンジをして5年経ったことで、3年目や5年目の車検で手放す人がいるため、中古車相場はかなり下がってきている。例えばレクサスNXを新車で買うぐらいなら、数年落ちでもBMWのX3を買った方が楽しいドライブライフを過ごせることは間違いないだろう。

※X3の試乗レビューをもっと読む
 

 

併せて読みたい!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー